EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競走登録・遠征情報 > 海外競走出馬登録 > 2017 オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1)、チャンピオンズマイル(G1)およびチェアマンズ・スプリント・プライズ(G1)の要綱
2017 オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1)、チャンピオンズマイル(G1)およびチェアマンズ・スプリント・プライズ(G1)の要綱
2017−02−08更新
 目次

要綱

1. 連絡先
2. 登録
3. 追加登録
4. 出走馬選出
5. 出走権
6. 出馬登録料及び騎手登録料
7. 通則
8. 賞金
9. 費用補助等
10.航空券(馬主・調教師・騎手・調教助手・厩務員)
11.宿泊、香港での移動(馬主・調教師・騎手・調教助手・厩務員)
12.香港での移動(馬主・調教師・騎手・調教助手・厩務員)
13.その他の情報
14.馬の輸送
15.ホースマンガイド
16.獣医関係および諸手続


要綱


この要綱の内容は、HKJCのパターンブック(PDF約8メガ)の内容である。

http://racing.hkjc.com/racing/english/international-racing/index.aspx

http://racing.hkjc.com/racing/english/international-racing/pdf/1617HKPatternBook.pdf

※はガイドには記載のない補足情報である。

2011年12月の香港国際競走から、調教において騎乗者は安全鐙を使用することが義務付けられるようになりましたので、遠征の際には必ず安全鐙をご用意ください。

また、2012年12月の香港国際競走から、調教においてもレースにおいても、騎乗者はゴム製あるいは人工素材で出来た手綱を使用することが義務付けられるようになりましたので(※布製もしくは革製の手綱は使用不可!!!)、遠征の際には必ずこのルールに該当する手綱をご用意ください。

2015年秋から調教においてもレースにおいても、騎乗者は「パッド付きの鞭」を使用することが義務付けられるようになりました。(パッド付きの鞭:Enforcer、International Lite-Touch、McKey Slick Stick、Persuader、Pro Cush、Protekta、Snowbee、Soft Crop)



オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1)2017年4月30日(日)シャティン競馬場

(2000m、芝、3歳以上): 総賞金20,000,000香港ドル (約3億円)

チャンピオンズマイル(G1)2017年5月7日(日)シャティン競馬場

(1600m、芝、3歳以上): 総賞金16,000,000香港ドル (約2億4,000万円)

チェアマンズ・スプリント・プライズ(G1)2017年5月7日(日)シャティン競馬場 

(1200m、芝、3歳以上): 総賞金14,000,000香港ドル (約2億1,000万円)



登録と出馬登録

登録
3月20日(月) 香港時間 午後6時締切 登録料:無料

追加登録
4月10日(月) 香港時間 午後6時締切 登録料:当該競走の総賞金の1%
(予備登録を済ませた場合は必要なし)

出馬登録
オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ:4月27日(木) 現地時間午前8時締切
チャンピオンズマイルおよびチェアマンズ・スプリント・プライズ:5月4日(木) 現地時間午前8時締切
出馬登録料:当該競走の総賞金の1%
騎手登録料:2,200香港ドル(約3万3千円)

枠順抽選会
オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ:4月27日(木)
チャンピオンズマイルおよびチェアマンズ・スプリント・プライズ:5月4日(木)

※香港ジョッキークラブは、選出馬とその関係者に交通・宿泊パッケージを提供する。

1香港ドル=約15円で換算(日本円は参考まで)



● オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1)

4月30日(日)施行、2000m、芝、3歳以上
総賞金:20,000,000香港ドル (約3億円)

負担重量 北半球馬 南半球馬
4歳以上  牡、セン馬 57 kg 57 kg
4歳以上  牝 55.25 kg 55.25 kg
3歳  牡、セン馬 51.25 kg 54 kg
3歳  牝 49.5 kg 52 kg
※フリーランス騎手および見習い騎手に対する減量は無し。

着順 香港ドル 日本円(参考)
1 11,400,000 171,000,000
2 4,400,000 66,000,000
3 2,000,000 30,000,000
4 1,140,000 17,100,000
5 660,000 9,900,000
6 400,000 6,000,000



● チャンピオンズマイル (G1)

5月7日(日)施行、1600m、芝、3歳以上
総賞金:16,000,000香港ドル (約2億4,000万円)

負担重量 北半球馬 南半球馬
4歳以上  牡、セン馬 57 kg 57 kg
4歳以上  牝 55.25 kg 55.25 kg
3歳  牡、セン馬 53 kg 55.75 kg
3歳  牝 51.25 kg 54 kg
※フリーランス騎手および見習い騎手に対する減量は無し。

着順 香港ドル 日本円(参考)
1 9,120,000 136,800,000
2 3,520,000 52,800,000
3 1,600,000 24,000,000
4 912,000 13,680,000
5 528,000 7,920,000
6 320,000 4,800,000


● チェアマンズ・スプリント・プライズ(G1)(香港スピード・シリーズ最終戦)

5月7日(日)施行、1200m、芝、3歳以上
総賞金:14,000,000香港ドル (約2億1,000万円)
(2017年グローバルスプリントチャレンジの第4戦)

負担重量 北半球馬 南半球馬
4歳以上  牡、セン馬 57 kg 57 kg
4歳以上  牝 55.25 kg 55.25 kg
3歳  牡、セン馬 54 kg 55.75 kg
3歳  牝 52 kg 54 kg

※フリーランス騎手および見習い騎手に対する減量は無し。

着順 香港ドル 日本円(参考)
1 7,980,000 119,700,000
2 3,080,000 46,200,000
3 1,400,000 21,000,000
4 798,000 11,970,000
5 462,000 6,930,000
6 280,000 4,200,000

*香港スピード・シリーズの3競走すべてに優勝した馬の馬主には5,000,000香港ドル(約7,500万円)のボーナスが支払われる。

1.連絡先

Mr. Anthony B Kelly (アンソニー・B・ケリー)
Executive Director, Racing Business and Operations (競走担当理事)
The Hong Kong Jockey Club (香港ジョッキークラブ)

Tel: (852) 2966 1190 Fax: (852) 2966 7800
Email: anthony.b.kelly@hkjc.org.hk

Mr. Mark Player (マーク・プレイヤー)
International Thoroughbred Solutions Pty Ltd

Tel: (61) 3 9857 7482 Mobile: (61) 415 497 787
E-mail: mark@markplayerits.com

ウェブサイト:
http://www.hkjc.com/english/ (香港ジョッキークラブ)
http://racing.hkjc.com/racing/english/international-racing/index.aspx (香港国際競走)


国内での登録申込みおよび照会先:

(公財)ジャパン・スタッドブック・インターナショナル 国際業務部 (担当:白戸)
〒105-0004 東京都港区新橋4-5-4 JRA新橋分館6 F
Tel: 03 (3434) 5003 Fax: 03 (3432) 4668
Eメール: http://www.jairs.jp/inquiry/index.php ウェブサイト: http://www.jairs.jp/

2.登録

(1) 登録締切日前での香港国際競走への登録は、無料である。
※登録締切日は2017年3月20日(月)(香港時間午後6時)で、2競走に登録する馬は第1希望、第2希望を明記すること。
(2) 海外からの登録は、登録用紙に記入の上ファックスもしくは郵便で送付されたもの、またはe-form (インターネット上での登録用紙 www.hkjc.com/english/hkir ) により送信されたもののみ受理される。

3.追加登録

(1) 追加登録
[1] 香港国際競走において、登録が済んでいない馬は、追加登録ができる。
※追加登録締切日は、2017年4月10日(月) (香港時間 午後6時締切)
[2] 同じ開催日で、1頭が2競走以上に追加登録することはできない。
[3]当該競走の総賞金の1%にあたる額(香港ドル)の追加登録料を下記のHKJCの銀行口座に、出馬登録日の1週間前オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップでは2017年4月20日(木)、チャンピオンズマイルおよびチェアマンズ・スプリント・プライズでは2017年4月27日(木))までの銀行営業時間(香港時間)内に振り込まなければならない。

受取先:THE HONG KONG JOCKEY CLUB
銀行名:HONG KONG & SHANGHAI BANKING CORP. LTD
1 QUEEN'S ROAD CENTRAL, HONG KONG
口座番号:002-241354-001
Swift code:HSBCHKHH

振込み額:
オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ:200,000香港ドル(約300万円)
チャンピオンズマイル:160,000香港ドル(約240万円)
チェアマンズ・スプリント・プライズ: 140,000香港ドル(約210万円)

※追加登録をする時点では追加登録料を支払う必要がないが、招待馬に選出された場合は招待受諾有無にかかわらず、追加登録料を支払う必要がある。

4.出走馬選出

(1) 香港国際競走において、選考委員会は、競走担当理事とハンデキャッピング・競走企画・国際競走担当部長からなる。
(2) 香港国際競走の選出・発表馬は、公式発表後は、同じ開催日の他の競走に変えることはできない。
(3) 外国馬は出馬登録前まで出走を取り消すことができる。

5.出走権

(1) 各レースの出走可能頭数は14頭である。
(2) HKJCは、各競走の出走馬全体の質を確保するために選出権を持ち、登録馬が登録競走で十分能力を発揮する水準と可能性を慎重に考慮した後、各競走の出走頭数を決定する唯一の権限を有する。しかし、各競走で出走頭数が14頭に達していないからといって、香港馬、外国馬、それぞれの登録馬が選出される保証はない。
(3) HKJCの選考委員会は、各競走の出走馬を決める唯一の権限(決定権)を有し、選考委員会の決定が最終決定となる。

6.出馬登録料および騎手登録料

(1) 外国の馬主は、当該競走の出馬登録料(香港国際競走は総賞金の1%)と騎手登録料2,200香港ドル(約3万3千円)を、出馬登録日の3日前(オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップについては2017年4月24日(月)、チャンピオンズマイルおよびチェアマンズ・スプリント・プライズについては2017年5月1日(月))までの銀行営業時間(香港時間)内にHKJCの指定口座(下記参照)に香港ドルにて振込まなければならない。

受取先:THE HONG KONG JOCKEY CLUB
銀行名:HONG KONG & SHANGHAI BANKING CORP.LTD
1 QUEEN'S ROAD CENTRAL, HONG KONG
口座番号:002-241354-001
Swift code:HSBCHKHH

振込み額:
オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ:202,200香港ドル(約303万3千円)
チャンピオンズマイル:162,200香港ドル(約243万3千円)
チェアマンズ・スプリント・プライズ:142,200香港ドル(約213万3千円)

振込み用紙控えのコピーをHKJC・国際競走部(Hong Kong Jockey Club, International Racing Department: fax- (+852)2966-7000 又は (+852)2966-7022 )へファックスすること。振込み用紙控えや小切手には、1) 登録競走名・2) 馬名・3) 送金者名を(英語で)明記のこと。

(2) 香港の馬主は、当該競走の出馬登録料と騎手登録料2,200香港ドルが、月極メンバー口座から徴収される。

(3) 出馬登録料は、HKJCの獣医委員によって当該競走に出走が不適当であると証明された場合に限り返還される。また騎手登録料については、騎手による当該競走の検量前に出走馬が取り消しとなった場合に限り返還される。

7.通則

(1) 登録および出走は、HKJCの競馬施行規程および規則および理事会の指示に則って行われる。

(2) HKJCは、理由を明らかにすることなく、馬の登録を受理または拒否する最終的権限を有し、出馬登録を受理していたとしても、いかなるときも登録を拒否する権限を有する。

(3) 全競走、HKJCは次のことについて権限を与えられ、保有する。

a) 競走名
b) 競走および競走名に関連したスポンサー関連の全権利
c) 競走および競走名の著作権期間中の放送、放映、複製、映像送信は手段を問わず、また映像のみ、音声のみを問わず全ての権利はHKJCが保有する。さらに/もしくは世界の各国(地域)の法律に規定される著作権ないし(および)類似の権利についてはHKJCが保有する。

(4) 馬主、調教師、騎手は、香港滞在中下記のことを遵守すること。

a) HKJCが招待する公式行事に出席すること。
b) HKJCが求める際、マスコミとマスコミ代表者からのインタビューに、(レース直後を含む)合理的な時間であれば随時対応できるようにすること。
c) HKJCの要請あるいは許可した場合を除き、広報・宣伝活動をしないこと。

(5) HKJCの理事会は、その裁量において競走を延期または中止、又はその絶対的な裁量において規約と条件を変更する権限を有する。

8.賞金

賞金配分率(外国馬)
・馬主 70〜80%(1着)、75〜85%(2〜6着)
・調教師 10%(1〜6着)
・騎手 10%(1着)、5%(2〜6着)
・厩舎 10%(1〜6着)

※賞金は、各馬主、調教師、騎手の銀行口座に、香港ドルまたは希望に応じて他の通貨(振込時のHKJCの一般為替レート)にて支払う。香港では馬主の収入については非課税だが、海外からの調教師および騎手の収入は課税(現行10%)の対象となる。

※厩舎への賞金は遠征馬自国の配分基準に基づき、調教師の銀行口座に支払われる(日本の場合は5%)。

9.費用補助等

香港競馬2016-17年シーズンに行われる国際G1の11競走のうち7競走において、選出馬とその関係者に遠征費用補助を提供する。下記競走の選出馬のみ、遠征費用補助を得る資格を有する。

・ロンジン香港カップ(G1)

・ロンジン香港マイル(G1)

・ロンジン香港スプリント(G1)

・ロンジン香港ヴァーズ(G1)

・オーデマ・ピゲ・クイーン・エリザベスII世カップ(G1)

・チャンピオンズマイル(G1)

・チェアマンズ・スプリント・プライズ(G1)

下記の航空券、宿泊、香港での移動、馬の輸送の欄で、詳細を参照されたい。香港ジョッキークラブ(HKJC)により提供される費用補助は譲渡不可で、現金に換えることはできない。

その他の国際重賞競走への遠征馬の馬主は、馬主自身・調教師・騎手・厩舎スタッフの渡航費用・宿泊費用、そして馬の輸送費(国内輸送を含む)・検疫費・獣医サービス料・飼料・敷料(1日約400香港ドル)、および厩舎使用料(1日430香港ドル)などの全額を支払う責任がある。

10.航空券(馬主・調教師・騎手・調教助手・厩務員)

(1)馬主、調教師、騎手

① 香港ジョッキークラブ(HKJC)は、次に掲げる海外招待馬の関係者に、HKJCが指定する航空会社のビジネスクラス 往復航空券を提供する。

・馬主(最大2名分の航空券)

・調教師(最大2名分の航空券)

・騎手(1名分の航空券)

② 上記の者のみが支給の対象である。例えば、騎手が既に香港にいる場合、関係者が出走馬2頭以上の所有権を持つ、または2つ以上の立場(例えば馬主兼調教師)がある場合であっても、他者にその権利を振り分けることはできない。

③ 1頭に複数の馬主がいる場合には、HKJCは航空券および宿泊の支給を受ける代表の1名を指名するように要求する。

④ 航空便の座席を確保するために、馬主、調教師、騎手は可能な限り早く、できれば競走2週間前には旅程についてHKJCに伝える必要がある。

⑤ 招待者自身で航空券を購入する場合は、事前にHKJCから許可を得なければならない。必要に応じて、HKJCの公式旅行会社のレートと同等のビジネスクラス航空券代分もしくは実際の航空券代のどちらか安い方を支給する。

(2) 調教助手、厩務員

1頭につき最大2名分の航空券をHKJCは提供する。2名のいずれかが、貨物機の座席を確保できず馬に帯同できない場合、HKJCはHKJCの裁量でエコノミークラスの航空券を提供する。

11.宿泊、香港での移動(馬主・調教師・騎手・調教助手・厩務員)

(1)馬主、調教師、騎手

①ホテル宿泊(部屋のみ)が下記関係者について最大2名まで、HKJCの指定ホテル(グランドハイアットホテル)での宿泊が提供される。

・馬主 -4泊(1部屋)

・調教師-4泊(1部屋)

・騎手 -4泊(1部屋)

②上記のみが宿泊支給の対象であるが、自己負担において宿泊延長が可能である。HKJCが選んだホテル以外のホテルに宿泊する場合も、自己負担となる。

③1頭に複数の馬主がいる場合には、HKJC指定の航空会社とホテルにおいて、自己負担で航空券および宿泊を追加手配することができる。

(2) 調教助手、厩務員

①1頭につき最大2名に、通常の遠征期間、HKJCの選んだシャティンのホテル(ロイヤルパークホテル)での宿泊(1人1部屋)が提供される。飲食代、ミニバー利用代、交通費、通信費(電話・ファックス・インターネット)、クリーニング等の滞在費に対する補助がある(※参考:2015年度は1名1日当たり350香港ドル。ただし、換金は出ない)。

②宿泊の延長分については、HKJCは負担しない。HKJCが選んだホテル以外のホテルに宿泊する場合は、自己負担となる。

12.香港での移動(馬主・調教師・騎手・調教助手・厩務員)

以下の移動についてはHKJCが手配する。

(1)馬主、調教師、騎手

① 空港-指定ホテル間の移動

② 朝の調教のための指定ホテル-シャティン競馬場間の移動

③ 指定ホテル-公式行事会場間の移動

※ 指定ホテル以外で宿泊する場合は、そのホテルから(まで)の移動手段は手配されない

(2) 調教助手、厩務員

① 馬に帯同する場合、空港-ホテル間の移動を提供する。馬に帯同しない場合、エアポートバス料金として空港-ホテル往復分(※片道22.30香港ドル)を(※HKJC国際厩舎マネージャーから)支給する(※空港での、ロイヤルパークホテル行きは、バスルート番号A41)。

② ロイヤルパークホテル-検疫厩舎(シャティン競馬場)間のシャトルバス

③ ロイヤルパークホテル-公式行事会場間の移動

13.その他の情報

(1) 競馬施行日の規則

① (※事前に登録が必要だが)HKJCは海外および香港の馬主・調教師(※および騎手)の子供(18歳未満)を喜んで香港国際競走へ招待する(※ハッピーヴァレー競馬場で施行される国際騎手チャンピオンシップ開催日に子供は参加が認められていない)。あらゆる年齢の全ゲストに対して可能な限り最高のホリディ体験を提供することは、HKJCの使命である。事前に割振られた食事・娯楽エリアにおいて、特別に訓練されたHKJCスタッフが全ての子供たちのニーズに応えることを保証する。子供たちはスタッフの付き添いで、賭事エリアを迂回しながらパドックやウィナーズサークルへ行くことができ、また表彰式にも参加することができる。

18歳未満の来場者に対する政府の規則

① 18歳未満の来場者は指定された食事・娯楽エリアに滞在しなければならない。

② 18歳未満の来場者は賭事装置や情報を利用できる賭事エリアへ行くことを認められていない。

③ 馬券を購入することは認められていない。

② 競馬場での携帯電話の使用は、指定の場所において認められているが、マナーモード(消音・バイブレーション)で使うことが条件である。(※レストランおよびゲスト席での使用は禁止されているので、バルコニーで使用すること。また、競馬場屋内は全て禁煙で、喫煙は屋外バルコニーのみにおいて可能)。

(2) バッジ

公式な訪問者(HKJCが認める競馬関係者)全員に、バッジが発行される。競馬開催時や調教時には常に見えるところにバッジを付けていること。

(3) 厩舎パス

海外からの出走馬は認可を受けた検疫施設に滞在する。バイオセキュリティーの規則により、調教師、騎手および厩舎スタッフのみに、厩舎パスが発行される(※馬主には厩舎パスは発行されない)。パス発行の承認は香港に到着する前に得ておかなければならない。パスは、厩舎に入場する際には必ず提示し、厩舎内では常に見えるところに着用していなければならない。紛失した場合は速やかに警備部代表者に報告すること。

(4) 検量室

検量室とその周囲への立ち入りは、調教師、調教助手、厩務員、騎手、HKJC職員だけに制限される。

(5) 税金

馬主の収入については非課税で、海外からの調教師および騎手の収入は課税(現行は総収入の10%)の対象となる。しかしながら海外出走馬の関係者は、税の専門家や税理士に自国での租税義務について相談することを強く奨める。

(6) 電圧

香港での電圧:220ボルト

(7) 銀行

・銀行の営業時間:

* 月~金曜日:午前9時~午後5時(通常)、 * 土曜日:午前9時~12時(正午)

* 全ての銀行支店が土曜日に営業している訳ではないので、利用する銀行支店が土曜日に営業しているかどうかを銀行に問い合わせること。

・現金自動預け払い機(ATM)は、ハッピーヴァレーおよびシャティン両競馬場にあり、香港各地にも多数ある。

(8) チップ

ほとんどのレストランでは、勘定書にサービス料10%が加えられている。サービス料が含まれていない場合は、チップを支払うことが一般的である。

(9) 空港旅客出国税

HKJCは1名につき空港旅客出国税120香港ドルを支払う。その税は航空券代に含まれている。

14.馬の輸送

(1) 各招待馬の自厩舎-出発空港間の往復陸上移動、および既存の貨物航空路による輸送を基本とした各招待馬の往復航空輸送を、HKJCは手配し、その通常の費用を負担する。馬主や調教師がHKJCが提案する輸送経路や陸路・航空会社を変更して発生する追加費用は、その馬主の負担となる可能性がある。全馬の輸送手配はHKJCが準備をし、指定馬輸送会社が調整をする。HKJCおよび馬輸送会社は、往路、復路、香港滞在中の招待馬の死亡や傷害について一切責任を負わない。

(2) 同地域からの輸送馬の扱い;

a) 可能な限り同じ貨物機で輸送する。

b) 各パレット(ストール)に2頭ずつを原則とし輸送される。HKJCの手配に関し変更依頼があった場合の追加料金は、当該馬の馬主が負担することとなる。

(3) HKJCは、必要な馬装具、備品および飼料を運ぶために、同じ貨物機で2頭ごとにLD3/AKEコンテナを1台ずつ提供し、その費用を負担する。これを超える荷物の追加運搬費用については当該馬の馬主が負担することとなる。

(4) 検疫協定により香港までの直行便が無く、チャーター便が最善である国々からの出走馬の馬主に対しては、当該馬の輸送費を援助するための輸送補助金が提供される。詳細については、競走業務・サービス長のK Lチェン氏に連絡されたい。

(5) 日本の指定馬輸送会社

( 株)野澤組 (畜産部;小倉氏) 住所:東京都千代田区丸の内3丁目4-1

電話: 03 (3216) 3476 Fax: 03(3201)3039 携帯: 090-4720-6272

Eメール: mark.ogura@nosawa.co.jp

URL: http://www.nosawa.co.jp/horse/index.html

(6) 輸送に関連する疾病からの回復や適切な治療のために、競走の8日前までには招待馬が香港に到着することをHKJCは強く勧める。治療で投与された薬物は、1週間以上たっても馬の検体から検出される場合があることを留意されたい。検疫厩舎の空き状況によるが、HKJCは遠征馬が競走の14日より前に香港へ到着することも許可する。ただし、早めの香港到着によって発生する全ての追加費用を馬主は支払わなければいけない場合があることを留意されたい。

(7) 輸出前検疫の要件を満たす必要のある馬を除く全馬はレース終了後遅くとも7日以内に香港を発たなければならない。香港での滞在期間を延長することによって発生する全ての追加費用を馬主が支払わなければいけない場合があることを留意されたい。

(8) 馬のパスポートおよびその他公式個体確認書類は、招待馬とともに運搬され、香港の検疫厩舎到着時に、獣医局により検査・回収されなくてはいけない。これらの書類は、裏書きされ、香港出国前に返却される。

(9) HKJCは招待馬の保険は負担しないので、各自で保険手続きをしなければならない。

(10) もし招待馬が獣医的理由以外で出走を取消された場合、その馬の関係者は、馬の輸送費などを含む全ての費用を支払わなければならない。

(11) 香港以外における検疫費用は馬主の負担である。

(12) 帯同馬に係る追加費用については馬主負担とする。

15.ホースマンズ・ガイド

(1) 保険

① 遠征馬関係者全員(馬主、調教師、調教助手、厩務員)へは、旅行、調教/競走中および調教/競走外に発生する怪我や疾病に対する保険に、自ら加入することを強く勧める。

② 海外からの騎手は全員、免許交付以降、HKJCのエリア内で業務上発生した事故について、HKJCの保険制度で医療、個人傷害および損害賠償が補償される。

(2) 免許

海外からの調教師および騎手の免許は、香港到着後に発行される。免許を与えられた調教師および騎手全員は、HKJCの競馬施行規程および規則に従うことに同意すること。

HKJCの競馬施行規程はhttp://www.hkjc.com/english/racinginfo/racing_rules_instr.asp で閲覧できる。

海外からの騎手は、事前にHKJCの裁決委員から代替案の許可を得ていない限り、騎乗予定日の前日までには、香港に到着することが求められる。この騎手免許により、競走当日には、シャティン競馬場での全競走で騎乗依頼を受けることができる。

また、ハッピーヴァレー競馬場でロンジン香港国際競走前の水曜日に施行されるロンジン国際騎手チャンピオンシップ(IJC)参加のために招待される騎手は、同チャンピオンシップ競走施行日のどの競走でも騎乗依頼を受けることができ、また、日曜日のロンジン香港国際競走施行日には、招待外国馬への騎乗契約の有無に関わらず、騎乗依頼を受けることが可能である。

(3) 広告およびスポンサー関連物について

HKJCの理事会の承認がなければ、競走当日に厩舎関係のいかなる者も広告の入った衣服を着用してはならず、馬にも広告が入った馬具を着けてはならない。文字、カラーシーム、スポンサーロゴなどが無い、HKJCに承認された乗馬ズボンのみ、騎手は競走および調教の際着用することができる。HKJCは騎手および厩舎関係者に指定したメーカーの馬具の使用を求めることがある。

(4) 競走前面接

ロンジン国際騎手チャンピオンシップ(IJC)およびロンジン香港国際競走に参加する海外からの騎手全員、競走施行日の第1競走前に、開催競馬場の審議室で裁決委員との面接に参加する必要がある。ロンジン国際騎手チャンピオンシップ(IJC)参加のために招待される騎手は、同チャンピオンシップ競走開始前に裁決委員との面接に出席する必要がある。

(5) 無制裁証明書 (クリアランス)

全ての騎手は、彼らが直前に騎乗した競馬管轄区域(統轄団体)から発行された、彼らが香港で騎乗依頼を受けたり騎乗したりすることを妨げるようないかなる制裁も受けていないことを通知する無制裁証明書(クリアランス)を、HKJCの裁決委員に提出する必要がある。

(6) 保護ベスト・ヘルメット

以下の安全基準に適合する保護ベストとヘルメットのみが、香港での調教および競走において騎乗する際、着用を認められる(※通常JRAで使用している保護ベストおよびヘルメットは香港では使用できない。香港で保護ベストとヘルメットの購入を希望する場合は、現地到着後にHKJCから購入することも可能である。ただし、ヘルメットについては西洋人向けの形になっているため、サイズが日本人の頭にぴったりと合わないこともあることに留意されたい)。

ヘルメットが使用承認されるためには、下記の安全基準のいずれかに合致していることを示す製造メーカーのラベルがヘルメットに貼り付けられている必要がある。承認された安全基準に合致していないヘルメット、および製造メーカーのラベルが貼り付けられていないヘルメットは、HKJCの裁決委員により押収される。もしヘルメットが大きな衝撃を受けた場合、またはヘルメットを着用した者が落馬によって脳震盪をおこした場合、そのヘルメットは着用を禁止され、ただちに他のヘルメットと交換されなければならない。

保護ベストが使用承認されるためには、下記の安全基準のいずれかに合致していることを示す製造メーカーのラベルが保護ベストに貼り付けられている必要がある。承認された安全基準に合致していない保護ベスト、および製造メーカーのラベルが貼り付けられていない保護ベストは、HKJCの裁決委員により押収される。さらにいかなる方法であれ、保護ベストを改造することは違反である。所有する保護ベストを改造した者は罰則を受ける対象となり、その保護ベストは押収される。

ヘルメット 保護ベスト

BS EN 1384:1996年製以降 ARB Standard 1. 1998年製

PAS 015:1994年製,1999年製,2011年製標準 (BS) EN 13158: 2000年製,2009年製標準/レベル1

AS/NZS 3838 2003年製

ASTM F11 63-01

ASTM F11 63-04 (A)(11)

UTAC/CRITT 04/2015

CE VG1 01.04 2014-12

※注意: ヘルメット「(BS) EN 14572: 2005年製」、保護ベスト「SATRA Jockey Vest Document M6 Issue 3」は、2015年秋から使用できなくなりました。

騎手は、保護ベスト着用のため、検量の際に2ポンド減量の措置を受ける。

(7) 騎手乗馬ズボン

「ロンジン国際騎手チャンピオンシップ(IJC)」に参加する騎手は、自分の乗馬ズボンのサイズをHKJC国際競走部に連絡する必要がある。HKJCは騎手名(英語と中国語)が刺繍された乗馬ズボン1着を無料で支給する。

また、国際競走に騎乗する騎手は、HKJCが乗馬ズボンに騎手名(英語と中国語)を刺繍する手配が出来るよう、乗馬ズボン1着をHKJCに送る必要がある。

(8) 騎乗で使用する道具

長靴、鞭、ヘルメット、保護ベスト等の騎乗で使用する騎手個人の道具は、香港馬に使用する前に、洗浄および消毒のため、必ずHKJC国際厩舎マネージャーあるいはHKJC獣医委員(ピーター・カール)に提出しなければならない。

(9) 騎手に対する検査

① HKJCは、競走当日に無作為に騎手を選び、アルコール検出器による検査、および尿の採取による禁止薬物検査を行う。従って、最初に騎乗予定の競走の発走時刻に関わらず、第1競走の1時間前には、騎手は全員シャティン競馬場のジョッキールームに到着していなければならない。ハッピーヴァレー競馬場でのIJCに参加する招待騎手に対してもこれと同じ措置が取られる。

② HKJC競馬施行規程における騎手に対する禁止薬物

・アルコール - 100 mlの息に対し22マイクログラム以上のエタノール、又は血液100 mlに対し50 mg以上のエタノール

・アンフェタミン及びアンフェタミン様物質 -'エクスタシー'系を含む。偽(性)エフェドリン、フェニルプロパノールアミンを除く

・バルビツール酸誘導体

・ベンゾジアゼピンおよびベンゾジアゼピン様物質(注意:睡眠薬の錠剤には、それらの禁止薬物が含まれることが知られている)

・ベンジルピペラジン(BZP)、3-トリフルオロメチルフェニルピペラジン(TFMPP)、その他の類似するピペラジンをベースにした物質

・大麻類 - 尿1ミリリットルに対し15ng/ml以上のデルタ-9-テトラヒドロ-11-ノル-カナビノール-9-カルボン酸

・コカイン

・エフェドリン - 尿1ミリリットルに対し10マイクログラム以上のエフェドリン。

・メチルエフェドリン - 尿1ミリリットルに対し10マイクログラム以上のメチルエフェドリン。

・4-ロド-2,5-ジメトキシ-N-(2-メトキシベンジル)フェネチルアミン(25I-NBOMe)、4-ブロモ-2,5-ジメトキシ-N-(2-メトキシベンジル)フェネチルアミン(25B-NBOMe)、その他幻覚作用のある置換フェネチルアミン

・ケタミンおよびティレタミン

・ラシックス(フロセミド)、その他の利尿薬

・リセルグ酸ジエチルアミド(LSD)

・オピオイド - コデイン、デキストロメトルファン、ジヒドロコデイン、エチルモルヒネ、フォルコジン、プロポキシフェン、トラマドールの正常使用を除く

・フェンシクリジン

・合成カンナビノイド

・隠蔽剤

・トリプタミン誘導体

特に騎手は、以下の点に留意されたい:

・ ラシックスとその他の利尿薬は禁止薬物とみなされること。

・ 睡眠薬の錠剤にはHKJCの競馬施行規程で禁止される薬物が含まれている可能性があること。

・ エフェドリンとメチルエフェドリンは、尿1ミリリットルに対し10マイクログラム以上が検出された場合禁止薬物とされます。これらは咳止め薬や風邪薬に含まれており、病院で処方されたり、薬局で買うことができる、入手しやすいものです。現在もしくは関連する時期に薬の処方を受ける場合には、薬にエフェドリンとメチルエフェドリンが含まれていないことを確認されたい。

・ 香港において調教や競走で騎乗する際に、常に禁止薬物の影響下にない状態であることは、各騎手の責任である。

(10) 騎手の負担重量超過許容範囲

もし騎手が負担重量超過で騎乗を望む場合は、出馬投票の際に申告しなくてはいけない。

以下の負担重量超過は許容される:

馬の負担重量が113~118ポンド内

(約51.25-約53.5キロ)

2ポンド(約0.9キロ)の負担重量超過が出馬投票の際に許容される

馬の負担重量119ポンド

(約54キロ)

1ポンド(約0.45キロ)の負担重量超過が出馬投票の際に許容される

馬の負担重量120ポンド以上

(約54.5キロ以上)

負担重量超過は許容されない

 ※キロ表示はあくまでも参考

(11) 薬物・アルコール検査(調教騎乗者)

① HKJCの方針として、労働安全、馬の福祉、および薬物ゼロを確実にするために調教で騎乗する者に対して無作為の呼気検査および尿検査を実施する。

② 検査は裁決委員によって調教中のいかなる時点において実施される可能性がある。

③ 規定水準値またはそれ以上のアルコールもしくは体内に禁止薬物が発見された者は誰でも、直ちに業務から離れ厩舎施設から退くよう指示される。以後調教で騎乗するための許可を取り消すことができる。

④ HKJCの薬物防止&アルコール指針に基づく禁止薬物は以下のとおり。

・アルコール - 100 mlの息に対し22マイクログラム以上のエタノール、又は血液100 mlに対し50 mg以上のエタノール

・アンフェタミン及びアンフェタミン様物質 -'エクスタシー'系を含む。偽(性)エフェドリン、フェニルプロパノールアミンを除く

・バルビツール酸誘導体

・ベンゾジアゼピンおよびベンゾジアゼピン様物質

・ベンジルピペラジン(BZP)、3-トリフルオロメチルフェニルピペラジン(TFMPP)、その他の類似するピペラジンをベースにした物質

・大麻類 - 尿1ミリリットルに対し15ng/ml以上のデルタ-9-テトラヒドロ-11-ノル-カナビノール-9-カルボン酸

・コカイン

・ケタミンおよびティレタミン

・リセルグ酸ジエチルアミド(LSD)

・オピオイド - コデイン、デキストロメトルファン、ジヒドロコデイン、エチルモルヒネ、フォルコジン、プロポキシフェン、トラマドールの正常使用を除く

・フェンシクリジン

・トリプタミン誘導体

・HKJCが適宜通達するその他の薬物や禁止物質

⑤ 疑いを避けるために、閾値が明確に定められている薬物および物質を除いて、禁止物質(あるいはその異性体、代謝物、マーカー)がいかなる量であっても存在すること、もしくはサンプルから規定水準以上のアルコール量が存在することは、このHKJCの方針違反とする。

(12) 電子追跡装置

① 競走中全ての馬はHKJCにより定められた電子追跡装置を携帯する。

② 装置は割り当てられたゼッケンに入れられる。

(13) 飼料、敷料、水(厩舎)

① 検疫厩舎は、香港国際空港から車で約45分のシャティン競馬場内にある。

② 厩舎内は温度管理され、床にはゴムが敷かれている。

③ 検疫厩舎には、ウォーキングマシーン(ゴム床)、砂浴び場、馬衡器(体重計)、角馬場(オールウェザー)がある。

④ 敷料は、新聞紙(切刻んだもの)、ウッドシェービングの2種類がある。

⑤ 厩舎の水は、通常の家庭用飲料水(自動給水器設置)である。また、希望によりボトル入り蒸留水を提供する。

⑥ HKJCは、飼料をオーストラリア、中国、ニュージーランド、 南アフリカ、イギリス、アメリカから輸入している。飼料添加物等についても、幅広い選択が可能である。

⑦ 飼料と水の持ち込みは、検査をすることを条件に、飛行機のスペースに応じて可能である。

干し草や切りわらなどの植物性素材の輸入は、輸出国から発行される有効な植物検疫証明書が条件とされる。しかしながら、HKJCにはティモシーヘイ、ルーサンヘイ、切りわらの十分な在庫がある。

⑧ 栄養補助食品については未知の禁止物質がふくまれている場合があり、調教師自らの責任において使用されるべきである。競馬規程に関する忠告を得るために、ビタミン剤および栄養補助食品はHKJCの獣医に提出されることが強く勧められる。現在HKJC所属の調教師が使用している栄養補助食品は、遠征調教師が希望すれば利用することができる。

⑨ 全ての調教師、調教助手、騎手、厩務員はHKJCの調教スケジュールを遵守しなければならない。

(14) 馬装具について

① 鞭と拍車

競走および調教で使用するパッド付き鞭は全て、HKJCの裁決委員の認める規格でなければならない。

※2015年秋から調教においてもレースにおいても、騎乗者は「パッド付きの鞭」を使用することが義務付けられるようになりました。(パッド付きの鞭:Enforcer、International Lite-Touch、McKey Slick Stick、Persuader、Pro Cush、Protekta、Snowbee、Soft Crop)

競走および調教においては拍車の装着は認められない。

② ネイザルディレイター(ネイザルストラップ鼻腔広げ)・ドロップトノーズバンド(ドイツ鼻革)、その他明示してない馬装具について

ネイザルディレイター・ドロップトノーズバンドは香港において馬への使用を許可されない。その他明示してない馬装具は、HKJC獣医委員および/または裁決委員の事前の許可がなければ、出走馬に装着できない場合がある。

③ バンデージ

 調教師は競走及び調教において、バンテージ(肢巻)を馬の肢に確実に装着しなければならない。原綿(脱脂綿)の使用は許可されない。

④ 馬装具

ブリンカー、めんこ、パシファイアー(ホライゾネット)、ヴァイザー、シャドーロール(シープスキンノーズバンド) 、チークピーシーズ、クロスノーズバンド、舌縛り等を使用する場合は、これらの馬装具は全てHKJCの裁決委員が認める規格でなければならず、競走当該週の木曜日午前8時の出馬投票締切り前までに、出馬投票用紙に記入し、提出しなければならない。 

パドック周回時や発走地点までの移動中は使用するがレースでは装着しないことが認定された馬装具についても、競走当該週の木曜日午前8時の出馬投票締め切り前までにHKJCの裁決委員に通知しなければならない。また、このような場合に使用される馬装具は出走馬の所属する統轄団体によって認められたものでなければならない(※馬場入り後や発走地点でのメンコはずし等も可能)。

革製の手綱は調教においても競走においても使用を認められないゴム製あるいは人工素材で出来た手綱を使用することが義務付けられる)。

⑥ 調教においては裁決委員により承認された規格の安全鐙しか使用することができない。

⑦ 裁決委員は獣医部と協力して、国際競走開催日までに、海外出走馬が競走および/あるいはパドックで装着する予定の馬装具検査を行う。

(15) 馬場

① シャティン競馬場概要:右回り、平坦芝コース、幅員30.5m、ホームストレッチ430m

② ハッピーヴァレー競馬場概要:右回り、若干の傾斜のある芝コース、幅員30.5m、ホームストレッチ430m

③ 香港の天候:

11・12・1月の天候は通常乾燥しており平均気温は14℃~19℃である。

3・4・5月の天候は適度に湿度があり平均気温は17℃~25℃である。

④ 馬場状態

2013年

2014年

2015年

11月 JCカップ、JCマイル、JCスプリント

良(Good to Firm)

良(Good to Firm)

-

12月 ロンジンHKカップ、HKマイル、

HKスプリント、HKヴァーズ

良(Good to Firm)

良(Good to Firm)

-

1月 スチュワーズカップ

良(Good)

良(Good)

良(Good to Firm)

3月 シティバンクHKゴールドカップ

良(Good)

良(Good)

良(Good to Firm)

3月 クイーンズシルバージュビリーカップ

良(Good to Firm)

良(Good)

良(Good)

4月 APクイーン・エリザベスII世カップ

良(Good)

良(Good to Firm)

良(Good to Firm)

5月 チャンピオンズマイル

良(Good)

良(Good)

良(Good to Firm)

5月 スタンダートチャータードチャンピオン&チャーターカップ

良(Good)

良(Good)

良(Good to Firm)


sha tin course.jpg



16.獣医関係および諸手続

※以下の内容(衛生条件等)は、変更される可能性があります。JRA馬事部、JRA栗東・美浦トレーニングセンターの 競走馬診療所等に、衛生条件・検疫等の現状をご確認ください。

(1) 重要な日程

① 香港への輸出90日~15日前までに、4~6週間隔で少なくとも2回(あるいは関連政府当局が承認したワクチン接種プログラムに従って)馬インフルエンザワクチンの基礎免疫を終了しているか、基礎免疫後12ヵ月以内に1回の補強接種を行なってことが必要である

② 香港への輸出までの14日間に指定された疾病の検査を行うこと。

③ 香港への輸出10日前(※少なくとも7日以上前)までに、その時点でその馬がいる国に関わらず、調教師はHKJCの指定の様式による第1回の薬物投与申請用紙(MDF1)をHKJCに提出すること。

④ 香港への輸出前の3日(最短)から6日(最長)の間に、その時点でその馬がいる国に関わらず、HKJCが指定する獣医師により輸出前獣医検査を実施すること。この検査の際に、検査獣医師は、第1回の薬物投与申請用紙(MDF1)提出以降に追加投与された薬物が記載された、薬物投与申請用紙2(MDF2)(調教師による記入・サイン済み)写しを調教師より受けとること。

⑤ 獣医検査の後、香港到着までに投与された全薬物リストを、薬物投与申請用紙3(MDF3)により書面でHKJCへ提出しなければならない。

注意:多国間移動を伴うワクチンおよび疾病検査に関する条件のため、以下の文章および香港特別自治区政府発行の「香港に一時的に滞在する馬への輸入許可書(Export Certificate for Horses Temporarily Imported into Hong Kong・2011年9月改正版)」を参照されたい。

「香港国際競走出走馬薬物(投与)申請用紙(Medication Declaration Form for Racehorses Travelling to Hong Kong to Compete in International Races)(MDF1)」、「香港国際競走出走馬最新薬物(投与)申請用紙(Medication Declaration Update Form for Racehorses Travelling to Hong Kong to Compete in International Races)(MDF2)」、「香港国際競走出走馬香港入国前薬物申請用紙(Post -Arrival Medication Declaration Form for Racehorses Travelling to Hong Kong to Compete in International Races)(MDF3)」、「香港国際競走出走馬輸出前獣医検査用紙(Pre-Travel Veterinary Inspection Form for Racehorses Travelling to Hong Kong to Compete in International Races)」は、HKJCのウェブサイト http://www.hkjc.com/english/racinginfo/horsemen/handbook_medication.asp で入手できる。

(2)重要な事項

次の事項については、注意深く読み、よく理解すること

① 輸出前の扱い

a) 出走する全ての馬は、競走当日、全ての禁止薬物の影響下にない状態でなければならない。

b) 調教師は、香港で適用されている「競走前に薬物が体内から消えるのに必要な期間」が、他の競馬統轄機関によって用いられ/勧告されている期間と異なり、より厳しい可能性があることを理解すること。

c) 薬物を投与する前に、特定の薬物に対して香港で適用されている「競走前に薬物が体内から消えるのに必要な期間」について、HKJC獣医委員(Fax: 852-2602-3305 またはEmail peter.curl@hkjc.org.hk )に書面にて説明を求めることは、調教師の責任である。

d) 調教師は、一部のコルチコステロイド、ホルモン、プロカイン・ペニシリン、その他の排泄期間が長い薬物は、投与後数ヶ月の間検出されるかもしれないことを再度認識するとともに、これらの物質全てが馬体内に存在しないことを保証する責任を負う。

e)「競馬、生産および賭事に関する国際協約」の第6E条に従って、現役競走馬に投与すべきでない(特にアナボリック物質を含む)いかなる薬物を投与された馬は、出走が認められない。しかしながらそのような薬物は例外的な状況において、IFHAの治療用施設における例外的使用に従い投与された場合、投与された際に滞在していた国がどこであれ、分析検査結果に関係なく、投与日から6か月の間、競走に出走することが許可されない。

( http://www.horseracingintfed.com/default.asp?section=IABRW&area=2#a6e )

② 薬物投与リスト

a) 調教師は、薬物投与リストについて、所定の用紙に記入のうえHKJC獣医委員に、(その時点でその馬がいる国に関わらず)香港への輸出10日前(※少なくとも7日以上前)までに提出なければならない。その受理をHKJCで確認する。

b) そのリストには、香港への輸出前1ヶ月以内に投与された全ての薬物が記載されていなければならない。また、全てのアナボリック製剤、長時間作用性のコルチコステロイド、ホルモン、プロカイン・ペニシリン、インプラントを含む排泄期間が長い薬物の最終投与日が、記載されていなければならない。このことは、香港への輸出前に、その馬がいる国に関わらず適用される。

c) HKJCが指定する検査獣医師は、その検査の際に、最初の薬物申告以降に投与された薬物を所定の用紙に記入の上HKJC獣医委員あてに提出しなければならない

d) 輸出前獣医検査から香港に到着するまでに投与された全ての薬物は、所定の用紙にて速やかにHKJC獣医委員に申告しなければならない。

e) 重要:投与薬物については、仮にHKJC以外の競馬統轄機関の競馬施行規程において、それらが禁止物質に(が)含まれようと含まれまいと、投与された全ての薬物を申告しなければならない

③ 輸出前獣医検査

a) この検査は輸送と出走の適性を獣医学的に評価するための強制的な検査であり、その時点でその馬がいる国に関わらず、香港への輸出前3日(最短)から6日(最長)の間に検査を実施し、その結果を所定の用紙に記入の上、報告しなければならない。

b) HKJCが指定する検査獣医師が、香港への輸出3日前までにHKJC獣医委員に、検査報告書および最新の薬物投与リストを送付しなければならない。検査報告書の受理をHKJCで確認する。締め切り日までに提出がない場合、輸送申請の承認を妨げることとなる。

④ 馬インフルエンザワクチン

a) 各国の獣医衛生当局は、帰国時に、異なるプログラムに基づく接種または追加接種を求める可能性があるので、あらかじめこれらを想定した接種計画を立てる必要がある。

b) いかなる馬も、登録された獣医師により、以下に定めた方法で、正しく馬インフルエンザワクチン接種が行われたことが証明されないかぎり、香港へ輸送することはできない。

当該馬の出国90日~15日前までに、4~6週間隔で少なくとも2回の、あるいは関連政府当局が承認したワクチン接種プログラムに従って馬インフルエンザワクチンの基礎免疫を終了していることが必要である。

または

基礎免疫後(4~6週間隔ですくなくとも2回、または関連政府当局が承認したワクチン接種プログラムに従って馬インフルエンザワクチンの基礎免疫を終了していること)12ヵ月以内に1回の馬インフルエンザワクチンの補強接種を行なっているか、定められた補強接種後、12ヵ月以内に1回の馬インフルエンザワクチンの補強接種を行なっているか、あるいは、基礎免疫後、毎年、12ヵ月以内に定期的に馬インフルエンザワクチンの補強接種を受けていることが必要である。

c) 詳細については後述する「香港へ一時的に滞在する馬についての獣医規定」を参照されたい。

⑤ 輸送前検査

a) 次の伝染病の検査(馬伝染性貧血、馬ピロプラズマ症)が、通常滞在している国から出国前の14日以内に行われなければならない

b) 馬インフルエンザの検査は輸出前の48時間以内に輸出国にて行わなければならない

c) 詳細については後述する「香港へ一時的に滞在する馬についての獣医規定」を参照されたい。

(3) 出発前・到着後検査、検疫手続、治療処置、薬物検査

① 国際競走に登録した馬の香港への一時的輸入についての馬衛生条件は、香港政府のウェブサイト:

http://www.afcd.gov.hk/english/quarantine/qua_ie/qua_ie_ipab/qua_ie_ipab_ihea/qua_ie_ipab_ihea.html を参照されたい。

詳しくは、以下の連絡先または各国の馬輸送会社(HKJC指定)に問い合わされたい。

Dr Kenneth Lam

Consultant, International Veterinary Liaison

The Hong Kong Jockey Club

Sha Tin Racecourse, New Territories

Hong Kong SAR, China

Tel: (+852) 2966 6617 Fax: (+852) 2602 3305 

E-mail: kenneth.hk.lam @hkjc.org.hk

出走馬関係者は、遠征に出発する前に、最終目的地を含む全ての滞在国の獣医機関に問合せ、全ての国の馬輸入衛生条件を満たしていることを確認する必要がある。

② 全ての招待馬は、香港へ出発する前に、馬が長距離の陸・空輸送に耐えられかつ輸送による各種疾病を発症する危険性を減じるため、かかりつけの獣医師による血液検査および内視鏡検査を含む獣医検査を受けることを強く勧める。軽度または潜在的呼吸器感染でも間違いなく輸送により悪化し、出走の可能性を危うくし、さらにその後の健康に悪影響を与える可能性があるためである。

全ての招待馬は、香港への輸出前に、(その時点で、その馬がいる国に関わらず)HKJCが承認する獣医師の厳密な輸出前検査を受けなければならない。この検査の目的は次に掲げる事項を引き起こす可能性がある明確な疾患がないことを証明するためである。

・ 出走の可能性を危うくすること

・ 競走能力を減退させること

・ 競走中に跛行または故障を引き起こすこと

・ 輸送中に健康に悪影響を与えること

この検査における歩様検査は、最低限、硬く平坦な地面で曳き馬による速歩で実施しなければならない。また運動器官については触診しなければならない。

④ 出発前に投与された治療薬に対して、馬体内に禁止薬物が残存しているかどうかを判断する自主的検査を受けることができる。ただしこれはあくまで助言を与えるだけであり、公式な検査は香港で検体を採取して行われる。これについての詳細はHKJC獣医委員から入手できる。

⑤ 調教師が1名以上の厩務員を馬に同行させる場合、調教師がHKJCに反対の書面を提出しない限りは、全厩務員は検査の一連の手続きについて調教師を代表できるものと判断される。

⑥ 香港の検疫厩舎に到着した全ての馬は、禁止薬物検査のため血液および尿検体を提出しなければならない。調教師は、馬の検疫厩舎到着の際、サンプル採取を手伝い、それに立ち会うために代理人が現場にいるようにしなければならない。契約しているフライング・グルームや他の馬の厩務員はこの過程において手伝うことを許可されない。

⑦ サンプルがこの検査での禁止薬物への陽性反応があった場合、また輸送前薬物リストまたは輸送中に投与された(香港到着後速やかに書面にて申告された)治療の記録が検査結果と一致しない場合には、出走前のいかなるときにも裁決委員の完全な裁量において馬の出走が禁止される場合がある。もしその馬がそれらの事情により出走取消しになった場合、遠征補助金(馬の輸送費・関係者への補助金など)および出馬登録料が、HKJCの理事会の裁量で没収される場合がある。

⑧ 施行規定に従って、競走能力に影響する、または影響を与えた可能性がある、状況、異常、怪我、病気について、調教師はできるだけ早く獣医師に報告する必要がある。

⑨ 香港で出走する全ての馬は、競走の前日に行われる獣医師検査に合格しなければならない。 競走馬の薬物の詳細情報は、HKJCウェブサイト

http://www.hkjc.com/english/racinginfo/horsemen/handbook_medication.asp 

または、希望によりHKJC獣医規則担当委員から入手できる。

(4)予防接種と検疫

① 馬に接種された全ワクチンについてのワクチン証明書を、HKJCおよび香港政府の検査官の求めにより提示しなければならない。

② 招待馬は指定された検疫厩舎に入厩し、調教時間・場所、HKJCと香港政府による書面および口頭による諸注意事項・指示事項を厳守しなければならない。香港に一時滞在している全外国遠征馬については同じ衛生条件を満たしているので、別段の指示がなければ、お互い同じ時間帯に調教馬場を使用することができる。しかし、香港馬については、異なった時間帯に調教を行う。検疫区域への立寄りはHKJC警備部に登録され、認定された者だけに制限される。

(5) 治療及び禁止薬物

① HKJCの競馬施行規程は、出走馬が禁止薬物の影響下にないこと原則としており、出走する全ての馬についてレース前に禁止薬物検査が行われる。また指定された馬についてはレース後も禁止薬物検査が行われる。

② 施行規程により、出馬投票した馬のレース前の検査で、首席分析担当者または彼に権限を与えられた他の分析担当者が、禁止薬物の陽性または陽性の可能性があると報告した場合、裁決委員は彼らの裁量で当該馬の出走を取消す権限を有する。

③ 出馬投票した馬に禁止薬物が投与もしくはさらされていたことが判明した場合においては、その調教師は施行規程違反により処罰されることがある。

⑤ 香港滞在中、HKJCの獣医委員による事前の許可なしに、競走馬に対していかなる治療も行ってはならない。何らかの治療が行われた疑いが生じた場合、当該馬の調教師または彼に認可された代表者は、HKJCの獣医師に連絡をとらなければならない。香港での競走馬治療に関する多くの特別規程や指示があり、レース当日はいかなる薬物の注射、胃管、口内に塗ること、注射器使用、局所適用、吸入の治療を競走馬に行ってはならない。さらに、手技治療は競走当日の出走予定競走前におこなってはならない。競走当日はいかなる馬もレースを完了するまでHKJC獣医委員からの明確な承認なしに、内視鏡検査を受けることはできない。予定されている発走時間の2時間以内に、アイス(氷)、アイスパックおよび冷水を用いた治療を馬の肢に施すことは禁止されている。

⑤ 香港滞在中に治療行為をする獣医師は、獣医登録法令により、香港獣医委員会に登録されなければならない。この登録には数週間を要する。自ら手配する獣医師が診療したり、特定の獣医師の診療を受ける場合には、少なくとも治療行為の行われる4週間前までにあらかじめ香港獣医委員会に申請すること。

⑥ 香港で適切に登録された外来の獣医師により馬に行なわれる全ての診療治療・処置は、HKJCの獣医師によって監督される。

⑦ HKJCの競馬施行規程に記載されている禁止薬物は以下のとおり

(a) 次の体内組織の1つ以上に作用/効果をもたらしうるもの:

-神経系 -生殖器系

-心(臓)血管系 -筋・骨格系

-呼吸器系 -血液

-消化器系 -免疫系(病原体に対抗する認可されたワクチン以外)

-泌尿器系 -内分泌系

(b) 内分泌物および類似合成物

(c) 隠蔽剤

(d) 酸素キャリア

(e) 遺伝子発現に直接的にもしくは間接的に影響、あるいはその発現を操作する物質

下記の閾値までは影響しないものとする

物質

閾値

ヒ素

・尿1 ml中0.3 マイクログラムのヒ素

ボルデノン

・牡馬(セン馬を除く)の尿1 ml中0.015マイクログラムの遊離・抱合ボルデノン

二酸化炭素

・血漿1リットル中36ミリモルの二酸化炭素

コバルト

・尿1 ml中0.1 マイクログラムのコバルト

・血漿1 ml中(遊離および蛋白結合)計0.025マイクログラムのコバルト

ジメチルスルホキシド

・尿1 ml中15マイクログラムのジメチルスルホキシドまたは、

・血漿1 mlに対し1マイクログラムのジメチルスルホキシド

牡馬のエストラジオール(セン馬を除く)

・尿1 ml中0.045マイクログラムの遊離・グルクロン酸抱合5α-エストラン-3β、17α-ジオール

※スクリーニング段階で、尿中の遊離・グルクロン酸抱合5α-エストラン-3β、17α-ジオールの量が、遊離・グルクロン酸抱合5、10-エストラン-3β、17α-ジオールの量を超える場合。

ヒドロコルチゾン

・尿1 ml中1マイクログラムのヒドロコルチゾン

メトキシチラミン

・尿1 ml中4マイクログラムの遊離・抱合3-メトキシチラミン

サリチル酸

・尿1 ml中750マイクログラムのサリチル酸または、

・血漿1 mlに対し6.5マイクログラムのサリチル酸

テストステロン

・セン馬-尿1 ml中0.02マイクログラムの遊離・抱合テストステロンまたは、

・セン馬-血漿1 ml中100ピコグラムの遊離テストステロンまたは、

・牝馬(受胎馬を除く)-尿1 ml中0.055マイクログラムの遊離・抱合テストステロン

抱合型物質とは、抱合体から遊離することができる物質をいう。

(6) 装蹄

① 全ての出走馬は四肢にアルミ蹄鉄を装着しなければならない。蹄鉄なしでの出走は認められない。

② 要望すれば、HKJC装蹄師による装蹄を受けることができる。

③ 釘で打ち付ける蹄鉄以外の蹄鉄を競走で使用する場合は、調教師は事前にHKJC獣医委員の承認を得なければならない。また、ウェッジや皮革等を蹄鉄と蹄の間に挟ませる場合も、HKJC獣医委員の検査を受け、その承認を得なければならない。

④ 必要要性があれば接着アルミ蹄鉄の使用も許可されるが、その場合はHKJC獣医委員の承認を得なければならない。接着蹄鉄の装着または再装着は、発走時刻の2時間前からはできないことに注意されたい。

※発送時刻から2時間以内ではあるが、パドック出発前の緩鉄/落鉄の場合は、裁決+調教師(助手)+獣医師+装蹄師による協議のもと、 通常の蹄鉄を釘打ち出来るかが検討される。もし、通常の蹄鉄が適さないと判断されれば、競走除外となる。

⑤ スパイクや歯鉄等の他馬に危害を与える可能性のあるものの使用は、HKJC競馬施行規程において禁止されている。

⑥ 馬の関係者は自ら手配した装蹄師の装蹄を受けることができるが、その場合はHKJC検疫厩舎に装蹄師が到着する予定の3日前までに、HKJC獣医委員まで書面により連絡しなければならない。

※ 日本で主に使用されている蹄鉄のなかには香港で使用できないものもありますので、トレセン診療所にご確認下さい。

(7) 競走馬の診療

① HKJC競走馬診療部(DVCS)の獣医師は、香港滞在中の全ての競走馬に対して定期的に診療を行う。

② 管理馬の診療について質問があれば、DVCS部長へ問い合わされたい。

Dr Christopher M Riggs BVSc, PhD, DEO, DipECVS, MRCVS

Head of Veterinary Clinical Services

Department of Veterinary Clinical Services

The Hong Kong Jockey Club

Sha Tin Racecourse, New Territories

Hong Kong SAR, China

Tel: (+852) 2966 6891 Fax: (+852) 2602 6622 

E-mail: christopher.m.riggs@hkjc.org.hk

③ 管理馬が特定の診療を必要とすることが予想される場合は、香港への移動前にDVCS部長へ連絡されたい。

(8) 発走練習

芝馬場や全天候型馬場において管理馬に発走練習をさせたいと希望する海外の調教師は、以下のHKJC職員のいずれかの許可を得なければならない。

・ 発走委員:Tony Speechley Tel:(+852) 2966 5024 携帯:(+852) 6431-8424

・ 裁決委員:Kim Kelly Tel:(+852) 2966 8761 携帯:(+852) 6792-6181

(9) 競走前のパドックでのスクーリング

HKJCは海外の調教師に国際競走前に先立ち、馬がパドックでスクーリングを行なう機会を提供する。外国調教馬は国際競走前の決められた日にスクーリングを行なうことができる。スクーリングは国際厩舎マネージャーを通して手配することができる。

(10) 香港に一時的に滞在する馬に関する獣医規定

・出国前隔離の必要性: 無し

・出国前検査

- 以下の検査のサンプルは出国前の14日以内に採取されなければならない。

-馬伝染性貧血(EIA)検査(寒天ゲル内沈降反応による)

-馬ピロプラズマ症検査(馬ピロプラズマ病(Babesia equi およびB.caballi)に対するIFAT(間接蛍光抗体試験))

- 馬インフルエンザ検査として、輸出国・地域において出発前48時間以内に鼻腔から採取したサンプルを採取し、以下の検査のうちの1つにおいて陰性となる必要がある。

-ポリメラ-ゼ連鎖反応試験(A型)

-米国Becton Dickinson社製造の迅速診断キット(A型もしくはA・B型)

-富士レビオ社製造のエスプライン インフルエンザA&B-Nキット

・予防接種

- 馬インフルエンザ

当該馬の出国90日~15日前までに、4~6週間隔で少なくとも2回、あるいは関連政府当局が承認したワクチン接種プログラムに従って馬インフルエンザワクチンの基礎免疫を終了していることが必要である。もしくは、基礎免疫後(4~6週間隔ですくなくとも2回、または関連政府当局が承認したワクチン接種プログラムに従って馬インフルエンザワクチンの基礎免疫を終了していること)、12ヵ月以内に1回の馬インフルエンザワクチンの補強接種を行なっているか、定められた補強接種後、12ヵ月以内に1回の馬インフルエンザワクチンの補強接種を行なっているか、あるいは、基礎免疫後、毎年、12ヵ月以内に定期的に馬インフルエンザワクチンの補強接種を受けていることが必要である。

*帰国および更なる輸送に関する要件:自国への帰国および他国への更なる輸送に当たっては、追加の輸出検疫期間、予防接種、治療(駆虫や殺虫剤スプレー等)および臨床検査の要件が課される可能性がある。詳細については、輸送日程を計画する前に、指定馬輸送会社にお問い合わせ下さい。

  1. 以上の規程は、当該馬の関係者が輸送日程を計画する一助となるもので、条件は変更されることがある。詳細は香港のAFCDのウェブサイト(http://www.afcd.gov.hk/english/quarantine/qua_ie/qua_ie_ipab/qua_ie_ipab_ihea/qua_ie_ipab_ihea.html)を参照されたい。

香港への一時的輸入馬には、出発地での公認獣医師が作成され正しく記入された一時的輸入のための書類(Export Certificate for Horses Temporarily Imported into Hong Kong (version: September 2011))が添付されなければならない。

  1. 検査を求められている疾病が相当の期間発生していないことを証明できる各国の能力により、検査要件は随時変更されることがある。
  2. 馬輸送会社や各国の動物衛生当局は、規程に関する最新の情報を有している。
  3. 国際競走への招待を受諾した関係者に対して、HKJCの規制上の要件を全て述べたより包括的な書類が送付される。
  4. 当該馬が香港へ入国する際、自国へ再入国する際、もしくは次の目的地である他国へ入国する際には、政府による公式な健康証明書が必要である。またその健康証明書は当該馬の輸送日程によって異なる。
  5. 香港への輸入に必要な全ての検査を自国で終了していれば、多国間の輸送日程の場合でも更なる検査が行われることはない。ただし、当該馬は競走中を除いて香港馬や当該馬と異なる衛生条件にある馬から隔離されていなければならない。
  6. 香港への輸入後14日間はいかなるワクチンも投与できないことに留意されたい。
  7. 受胎馬の香港への一時的輸入はできないことに留意されたい。





上に戻る