EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ラテンアメリカ大賞優勝馬ジャプリモ、米国に移籍(チリ・アメリカ)【その他】
海外競馬情報
2019年03月22日  - No.3 - 4

ラテンアメリカ大賞優勝馬ジャプリモ、米国に移籍(チリ・アメリカ)【その他】


 南米競馬界は、3月10日にチリのサンティアゴ競馬場(サンティアゴホースクラブ)で開催されたラテンアメリカ大賞(G1 芝2000m)の優勝馬ジャプリモ(Ya Primo 牡3)の話題でもちきりである。ジャプリモはこのレースで古馬を蹴散らし、1分56秒68のコースレコードを叩きだした。

 この魅力的な芦毛馬の牝系は6代母まで遡ってもすべてチリ産馬である。一方、同馬の父は欧州からのシャトル種牡馬マスタークラフツマン(父デインヒルダンサー)である。ジャプリモは3月中旬に米国に向かい、11月のブリーダーズカップ開催(サンタアニタパーク競馬場)を目指すだろう。

 ソル・クミン(Sol Kumin)氏のマダケットステーブル(Madaket Stable)はパートナーのマーク&ジョセ・ロア(Mark and Jose Lore)両氏とともに、ラテンアメリカ大賞の数日前にジャプリモの所有権の50%を購買した。

 クミン氏はレース翌日に「ジャプリモはほれぼれするような馬でした。レースの1週間前に馬を買うときは、正しい選択をしたことを願いながらも半信半疑です。そしてどれほど良い買い物をしたかはすぐにはっきりします。私たちはこの結果に大変喜んでいます」と興奮して話した。

 ジャプリモは、ソラリ家が所有するドンアルベルト牧場(Haras Don Alberto)で生産され、同牧場とハビエル・カルバロ(Javier Carvallo)氏に共同所有されていた。2月3日にはチリの3歳王者決定戦であるエルダービー(G1 芝2400m バルパライソ競馬場)を4½馬身差で制していた。ジャプリモはこのレースでも、2分24秒13の驚異的なタイムを出していた。チリのリーディングトレーナーであるギジェルモ・アギーレ(Guillermo Aguirre)調教師に管理された同馬の通算成績は9戦5勝である。

 カルロス・エレル(Carlos Heller)氏とその母リリアナ・ソラリ(Liliana Solari)氏が経営するドンアルベルト牧場は、チリのリーディングブリーダーである。同牧場はケンタッキー州中部の大きな牧場や質の高いサラブレッドを購買し、ここ数年米国において成功を収めている。2017年最優秀短距離牝馬であり2018年最優秀ダート牝馬でもあるユニークベラ(Unique Bella)を所有し、2017年にケンタッキーダービー(G1)で3着となりBCダートマイル(G1)で優勝したバトルオブミッドウェイ(Battle of Midway 2019年2月に調教中の怪我で死亡)を共同所有して成功を収めている。

 ソラリ家はサンティアゴホースクラブの最大の出資者であり、エレル氏は同クラブの会長を務めている。

 クミン氏は、エージェント(馬売買仲介人)のフェルナンド・ディアス-バルデス(Fernando Dias-Valdez)氏を通じて南米で他にも馬を購買している。ジャプリモの購買を勧めたのも同氏である。

 クミン氏はこう語った。「フェルナンドは南米に本当に優秀な馬がいると言い、私たちはその馬に注目していました。すると、馬主たちは半分売却すると言うではありませんか。ラテンアメリカ大賞の最初の予想オッズでは、ジャプリモは単勝12倍でした。パートナーが電話してきて、『ジャプリモは1~3番人気になると思ったのに、いったい何が起きたのか?』と言ってきました。そうしたらフェルナンドは私に、『心配しないでください。レースまでには1番人気か2番人気になります』と言ったのです。そしてフェルナンドがレース5分前にオッズ掲示板の写真を送ってきたときには、少し余裕が出てきました」。

 「優勝馬関係者へのトロフィーはとてもまばゆいものでした。私はもし優勝できずにもらえなかったとしても、フェルナンドに1つほしいとテキストメッセージを送りました」。

 クミン氏はこれまでにも、パートナーのジェイ・ハンリー(Jay Hanley)氏とともにエージェントのピート・ブラッドレー(Pete Bradley)氏を通じてチリ産馬を購買して成功を収めていた。彼らは米国に来ていたダシタ(Dacita)を購買し、同馬はベヴァリーDS(G1 アーリントン競馬場)で優勝するなどG1・2勝を果たした。その後2017年ファシグティプトン社ケンタッキー11月セールに上場されたダシタは185万ドル(約2億350万円)で購買された。

 ジャプリモは2018年エクリプス賞最優秀トレーナーのチャド・ブラウン(Chad Brown)調教師に預けられ、次の出走まで必要なだけ時間を与えられる。

 クミン氏はこう語った。「チャドはジャプリモを新しい環境に慣れされてから夏の終わりごろにレースに使うでしょう。そしてブリーダーズカップにピークを迎えられるか様子を見ることになります。時間を掛ければ掛けるほど、ジャプリモは成長するでしょう。南米の馬はこちらで1年過ごせば、一層強くなるようです」。

 カルバロ氏はジャプリモが米国で活躍することを信じている。「ジャプリモは米国で健闘すると考えています。500キロの馬体を持っており、とても頑丈です。それに順調に調教されてきました。1つ問題があるとすれば検疫でしょう。しかしジャプリモはよく食べ、よく動きますので、可能性は無限です」。

 カルバロ氏は、ジャプリモを見ていると米国に移籍してブラウン調教師に管理され、2018年アーリントンミリオン(芝G1)を制したチリ産馬ロバートブルース(Robert Bruce コンベントビエホ社所有)を思い出すと述べた。

 馬を外国で購買して米国で走らせる風潮は高まりつつある。

 クミン氏はこう付言した。「初めは欧州から多くの馬を購買していましたが、競争が激しくなりました。優秀な馬がレースで勝つたびにその馬の関係者に電話をかけ、早く行動して高い金額を提示しなければなりません。多くの人がそうしています。私たちは馬を獲得して米国に連れてくるために、他の人々と少し異なる方法を模索しています。現在、少しばかり南米に重点を置いていますが、中でも最高の馬を購買しなければなりません。今のところそれはうまくいっています」。

By Evan Hammonds

(1ドル=約110円)

(関連記事)海外競馬情報 2017年No.3「南米競馬を発展させるための取組み(南アメリカ)」

[bloodhorse.com 2019年3月11日「South American Star Ya Primo U.S. Bound」]


上に戻る