EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競走登録・遠征情報 > 海外競走遠征情報 > アジアチャレンジカップの結果(8/31 ソウル) 
アジアチャレンジカップの結果(8/31 ソウル) 
2014−09−01更新
地方競馬全国協会(NAR) の広報発表より)


8月31日(日)に韓国ソウル競馬場で『アジアチャレンジカップ2014(SBSスポーツ杯)』が、日本馬(大井競馬所属馬)3頭、シンガポール馬3頭、韓国馬8頭の14頭立てで行われた。(ダート左回り1400m)

レースは直線で抜け出したシンガポールのエルパドリーノ号が優勝(勝ちタイム1分23秒8)。大井競馬所属馬の最先着はトシギャングスター(矢野貴之騎手・松浦裕之厩舎)の4着で、ピエールタイガー(的場文男騎手・荒山勝徳厩舎)は5着、ショコラヴェリーヌ(真島大輔騎手・荒山勝徳厩舎)が7着だった。
また、高知競馬からの期間限定騎乗で、当地で活躍中の倉兼育康騎手が騎乗した韓国馬、インディアンブルーは6着だった。


なお、11月11日(火)には韓国の競走馬を招待して、大井競馬場で日韓国際交流競走「インタラクションカップ」が実施される予定。

TCKサイト(記事はこちら 写真、レース映像など)
韓国馬事会(KRA)サイト(英語サイト)

>> TOPに戻る


 

上に戻る