EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 軽種馬登録ニュース > 2014年の血統登録頭数について(血統登録された馬の父及び母の年齢別傾向について)
軽種馬登録ニュース
2015年02月24日

2014年の血統登録頭数について(血統登録された馬の父及び母の年齢別傾向について)


 

血統登録馬の父の種付時年齢別頭数

血統登録馬の母の出産時年齢別頭数

 

上記の2表を掲載しました。

統計データベースのサラブレッドの生産頭数等各種統計からご覧ください。

 

最高齢で種付けした種雄馬は、28歳時のブライアンズタイムです。次いで26歳時のアジュディケーティング、25歳時のスキャン及びトウカイテイオーでした。

最高齢で出産した種雌馬は、25歳時のクリアーチャンスです。同馬は2014年に登録された馬を含め、現在までに15頭の産駒が登録されており、この中にマッキーマックスがおります。

 

種付時年齢で種付頭数が多いのは12歳時と15歳時で頭数は21頭、全体のそれぞれ約8%になります。15歳までの種付けで全体の約74%になります。

出産時年齢では、8歳時に出産した頭数が一番多く頭数は706頭、全体の約11%になります。13歳までの出産で全体の約75%になります。

 

2014年に血統登録された父の種付時年齢別頭数

 

2014年に血統登録された馬の母の出産時年齢別頭数


上に戻る