EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > G1・4勝のイリデッサが引退、日本で繁殖入り(アイルランド)[生産]
海外競馬ニュース
2020年02月13日  - No.6 - 3

G1・4勝のイリデッサが引退、日本で繁殖入り(アイルランド)[生産]


 G1・4勝馬イリデッサ(Iridessa)は故障を発症したことで引退し、日本で繁殖入りするために売却された。

 シャンタル・レガラド-ゴンザレス(Chantal Regalado-Gonzalez)氏が所有し、ジョセフ・オブライエン調教師が手がけたイリデッサ(牝4歳)は、父ルーラーオブザワールド(Ruler Of The World)の代表産駒としていくつかの大レースで番狂わせを演じた。

 オブライエン家が経営するウィスパービュートレーディング社(Whisperview Trading)の生産馬であるイリデッサは、2歳時にフィリーズマイル(G1)を制覇。3歳時にはプリティーポリーS(G1) でマジックワンド(Magic Wand)を退け勝利すると、メイトロンS(G1)でもハモーサ(Hermosa)を抑えて優勝した。加えてBCフィリー&メアターフ(G1)も制覇し、目まぐるしい3歳シーズンを締めくくった。

 同馬の引退を受け、馬主のスポークスマンは次のようにコメントしている。

 「2月6日に、アイルランドからとても残念な知らせを受けました。イリデッサは馬房内で何かに脚をぶつけ、腱を損傷してしまいました。最悪の事態は免れましたが、おそらく1年間は休養が必要です。オブライエン調教師によれば、たとえ回復しても、本来の走りを取り戻せるかは分からないとのことでした」。

 「そのため、彼女を引退させ日本に売却することが決まりました。あらゆることが1日の間に目まぐるしく起きて落胆していますが、彼女が日本のトップブリーダーのもとに行くのは喜ばしいことです」。

 「イリデッサは昨年大きく成長し、最後はブリーダーズカップ開催でも勝ってくれました。今年は牝馬だけでなく牡馬も相手に、素晴らしい勝負をしてくれるだろうと期待していました」。

By Bloodstock World Staff

[Racing Post 2020年2月8日「Gallant Group 1 star Iridessa sold on for breeding career in Japan」]


上に戻る