EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2020年はG1・4レースが降格(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2020年01月09日  - No.1 - 4

2020年はG1・4レースが降格(アメリカ)[開催・運営]


 アメリカグレード競走委員会(American Graded Stakes Committee)は12月20日、2020年重賞競走リストを公開し、G1に昇格するレースはないが、G1・4レース(カリフォルニア州3レース/ニューヨーク州1レース)がG1格付を失うと発表した。

 カリフォルニア州では、サンタアニタパーク競馬場で施行されるシャンデリアS、サンタアニタオークス、サンタアニタスプリントチャンピオンシップSがG2に降格する。

 2019年シャンデリアSを制したのは、デルマーデビュタントS(G1 デルマー)やスターレットS(G1 ロスアラミトス)も優勝したバスト(Bast)である。

 2019年サンタアニタスプリントチャンピオンシップSでは、オマハビーチ(Omaha Beach)とシャンスロット(Shancelot)が1~2着となった。2018年と2017年は、後に最優秀スプリンターに選ばれるロイエイチ(Roy H)が優勝した。

 ニューヨーク州では、ヴォスバーグSが唯一G2に降格となった。この2年間はインペリアルヒント(Imperial Hint)がこのレースを制している。

 これにより、BCスプリント(G1)の2つの主要ステップレース(サンタアニタスプリントチャンピオンシップSとヴォスバーグS)が降格することになる。

 アメリカグレード競走委員会は12月中旬、ケンタッキー州レキシントンで米国のステークス競走844レース[総賞金7万5,000ドル(約825万円)以上]のレビューを行い、そのうち448レースに重賞格付を与えた(2019年より2レース減少)。その内訳は、G1・99レース、G2・135レース、G3・214レースである。

2020年にG2に昇格するG3競走は以下のとおり。

フォートマーシーS(ベルモントパーク)
ペナインリッジS(ベルモントパーク)
ピルグリムS(ベルモントパーク)
エッジウッドS(チャーチルダウンズ)
パットデイマイルS(チャーチルダウンズ)
バーボンS(キーンランド)
ジョーヘルナンデスS(サンタアニタ)

2020年にG3に降格するG2競走は以下のとおり。

ガゼルS(アケダクト)
ポカホンタスS(チャーチルダウンズ)
ホーリーブルS(ガルフストリーム)
モンマスS(モンマスパーク)、
コナゴールドS(サンタアニタ)
サンルイスレイS(サンタアニタ)

2020年にG3に昇格するステークス競走は以下のとおり。

ベルモントターフスプリント招待S(ベルモント)
ランハッピーS(ベルモント)
ドッグウッドS(チャーチルダウンズ)
ルイジアナS(フェアグラウンズ)
キトゥンズジョイS(ガルフストリーム)
チャレンジャーS(タンパベイダウンズ)

2020年にリステッド競走に降格するG3競走は以下のとおり。

アメリカンダービー(アーリントンパーク)
アーリントンメイトロンS(アーリントンパーク)
ハンシンカップ(アーリントンパーク)
オールアメリカンS(ゴールデンゲート)
ハッチソンS(ガルフストリーム)
オーシャンポートS(モンマスパーク)

2020年に重賞格付けの資格を得られなかったレースは以下のとおり。

アメリカンセントレジャーS(アーリントンパーク)
マイアミマイルS(ガルフストリーム)
オールドハットS(ガルフストリーム)
サーシャックルトンS(ガルフストリーム)
ドナルドルヴィンメモリアルS(パークスレーシング)
マウンテンビューS(ペンナショナル)
アルカディアS(サンタアニタ)
クロッカーズコーナーS(サンタアニタ)
ランダルースS(サンタアニタ)
ロサンジェルスS(サンタアニタ)
サンペドロS(サンタアニタ)
サンタアニタジュベナイルS(サンタアニタ)
サザントゥルースS(サンタアニタ)

By Jay Privman

[drf.com 2019年12月20日「Four stakes in California, New York lose Grade 1 status for 2020」]


上に戻る