EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ウィアー調教師、電気ショック発生装置所持で4年間の調教停止処分(オーストラリア)[その他]
海外競馬ニュース
2019年02月07日  - No.5 - 4

ウィアー調教師、電気ショック発生装置所持で4年間の調教停止処分(オーストラリア)[その他]


 豪州でリーディングランキング首位のダレン・ウィアー(Darren Weir)調教師(48歳)に、使用禁止の電気ショック発生装置"ジガー(jigger)"を所持していたかどで、4年間の調教停止処分が科されようとしている。裁決委員と警察が1月30日に同調教師の厩舎を強制捜査したところ、"ジガー"が見つかっていた。

 これまで614頭を手掛けたウィアー調教師はその華々しいキャリアにおいて、メルボルンカップ(G1)優勝をはじめ多くのG1優勝を果たしてきた。同調教師は2月4日、レーシングヴィクトリア(Racing Victoria)の裁決委員が実施した11時間にわたる予審を受けた。

 レーシングヴィクトリアは早朝、予審結果を受けて次のような声明を出した。「ウィアー調教師は、自らに掛けられた嫌疑に対して異議を申し立てないでしょう。裁決委員は、上訴・懲罰委員会(Racing Appeals and Disciplinary Board:RAD)に対し、同調教師への4年間の調教停止処分を求める予定です」。

 通常鞭と一緒に用いられる豪州で"ジガー"と呼ばれる電気装置は、レースでより良いパフォーマンスをさせるために馬に電気ショックを与えるように設計されている。また、同調教師の厩舎敷地内からは、未登録の銃器とコカインも見つかったと報告されている。

 ウィアー調教師が受けたこの予審には、ジャロッド・マクリーン(Jarrod McLean)調教師と厩務員のタイソン・カーモンド(Tyson Kermond)氏(26歳)も同席した。レーシングヴィクトリアによれば、1月30日にウィアー調教師とともに逮捕されたマクリーン調教師は、"ジガー"を所持していた嫌疑に対して異議を申し立てており、自身の審問までは調教活動を続けられる。

 カーモンド氏は1月30日に裁決委員に協力しなかった嫌疑が掛けられたが、レーシングヴィクトリアは同氏に関しては処分を求めないことを決定している。

 レーシングヴィクトリアの公正担当理事であるジェイミー・スティア(Jamie Stier)氏は、こう語った。「これは複雑な案件です。裁決委員は徹底して取り組み、提出された文書・法的助言・進行中の捜査を十分に考慮するつもりです」。

 「ウィアー氏は、電気装置3つを所持するという競馬の利益・イメージを害する行為のために、深刻な嫌疑が掛けられています。同氏は裁決委員に対し、競馬にかなりネガティブな印象を与えるこれらの嫌疑に異議を申し立てるつもりはないと述べています」。

 「そのため裁決委員は、これらの嫌疑について4年間の調教停止処分を求めることを予定していた上訴・懲罰委員会(RAD)に対し、ウィアー調教師の審問を早めるように要求しました。ウィアー氏への処分を決定するためにRADが招集されるまで、裁決委員は同氏の調教師資格に厳しい条件を付けています。それにより、同氏は調教師あるいは馬主として、馬を出走登録することも出走させることもできません」。

 「一方マクリーン氏は、嫌疑に対して異議を申し立てると裁決委員に述べました。RADがその嫌疑について同氏の審問を実施して処分を決定するまでに、同氏の調教活動にも多くの条件が付けられています」。

 「彼らへの処分が予告されるまで、裁決委員は捜査が進行中で、その捜査で入手する新しい証拠に従って行動する権利を保持していることを通知します」。

 1月30日朝にウィアー厩舎への強制捜査が行われたことで、同厩舎の馬の多くは転厩することになった。ヴィクトリアダービー(G1)優勝馬エクストラブルート(Extra Brut)はキアロン・マハー&デヴィッド・ユスタス(Ciaron Maher and David Eustace)厩舎に移り、短距離馬ネイチャーストリップ(Nature Strip)とサンダウンギニー(G2)優勝馬リンガーディンディン(Ringerdingding)はクリス・ウォラー(Chris Waller)厩舎に移った。

 ウィアー調教師は、ミシェル・ペイン(Michelle Payne)騎手が女性初の優勝騎手となった2015年メルボルンカップの勝馬プリンスオブペンザンス(Prince Of Penzance)を管理したことで最もよく知られている。

 ウィアー調教師はその勝利を含めG1・36勝を果たしており、それにはヴィクトリアダービー、マニカトS(G1)、エミレーツS(G1)、オーストラリアンカップ(G1)の優勝も含まれている。

By Lydia Symonds

[Racing Post 2019年2月4日「Champion trainer Darren Weir facing four-year ban for possessing 'jiggers'」]


上に戻る