EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 2019-20年ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーが発表される(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2019年08月29日  - No.33 - 3

2019-20年ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーが発表される(アメリカ)[開催・運営]


 ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーは9月14日(土)にチャーチルダウンズ競馬場(ケンタッキー州ルイビル)で始まる。総賞金20万ドルのイロコイS(G3 2歳限定)は、9月開催の開幕週のレースであるだけでなく、幸運な数頭が2020年5月2日(土)の第146回ケンタッキーダービー(G1)への切符を手に入れるシリーズの最初の舞台ともなる。

 ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーは、対象レースの1着~4着馬にポイントを付与し、その獲得ポイントによりケンタッキーダービー(フルゲート20頭)の出走馬が決定される2013年から始まったシリーズである。歴史あるチャーチルダウンズ競馬場で施行されるケンタッキーダービー(約2000m 3歳限定)の総賞金は、300万ドル(約3億1,500万円)である。

 ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーは、昨年と変わらず35レースを対象とする。期間により"プレップシーズン(9月中旬~2月中旬)"と"チャンピオンシップシリーズ(2月中旬~4月中旬)"に分けられており、イロコイSはプレップシーズン(全19レース)の最初のレースとなる。プレップシーズン対象レースの1着~4着馬には通常、それぞれ10-4-2-1ポイントが付与される。ただし、BCジュベナイル(G1)の1着~4着馬には倍の20-8-4-2ポイントが付与される。

 イロコイSとBCジュベナイル以外のプレップシーズン対象レースは、アメリカンファラオS(G1)、ブリーダーズフューチュリティ(G1)、シャンペインS(G1)、ケンタッキージョッキークラブS(G2)、レムゼンS(G2)、ロスアラミトスフューチュリティ(G1)、スプリングボードマイル(G1)、ジェロームS、シャムS(G3)、ルコントS(G3)、スマーティージョーンズS、ウィザーズS(G3)、ホーリーブルS(G2)、ロバートBルイスS(G3)、サム・F・デイビスS(G3)、エルカミノリアルダービー、サウスウエストS(G3)である。

 チャンピオンシップシリーズ(全16レース)には、3歳の有力馬をさらに絞るようなステップレースが含まれている。初期に施行される次のレースの1着~4着馬には50-20-10-5ポイントが付与される[リズンスターS(G2)、ファウンテンオブユースS(G2)、ゴーサムS(G3)、タンパベイダービー(G2)、サンフェリペS(G2)、レベルS(G2)、サンランドダービー(G3)]。

 また、一層注目を集める次のレースの1着~4着馬には100-40-20-10ポイントが付与される[ルイジアナダービー(G2)、UAEダービー(G2)、フロリダダービー(G1)、ウッドメモリアルS(G2)、ブルーグラスS(G2)、サンタアニタダービー(G1)、アーカンソーダービー(G1)]。

 さらに、ジェフルビーステークス(G3)とレキシントンS(G3)の1着~4着馬には20-8-4-2ポイントが付与される。

 米国のロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーに加えて、欧州と日本でも同様のシリーズが行われ、出走の可能性のある馬に対して1ゲートずつが割り当てられる。

 日本のジャパン・ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーは4年目を迎える。昨年と同じカトレア賞(10-4-2-1ポイント)、全日本2歳優駿(20-8-4-2ポイント)、ヒヤシンスS(30-12-6-3ポイント)、伏竜S(40-16-8-4ポイント)を対象とする。

 欧州のヨーロピアン・ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーダービーは3年目を迎え、昨年と同じ次の7レースを対象とする。ロイヤルロッジS(G2)(10-4-2-1ポイント)、ベレスフォードS(G3)(10-4-2-1ポイント)、ジャンリュックラガルデール賞(G1)(10-4-2-1ポイント)、フューチュリティトロフィー(G1)(10-4-2-1ポイント)、ロードトゥザケンタッキーダービーコンディションS(20-8-4-2ポイント)、パトンS(20-8-4-2ポイント)、カーディナルコンディションS(30-12-6-3ポイント)。

 チャーチルダウンズ社は8年連続でケンタッキーダービーの出走馬を決定するのにポイント制を用いることになる。2014年以降は毎年20頭以上が出走しており、過去21年間のうち19年がフルゲートとなっている。

 2020年5月1日(金)にチャーチルダウンズ競馬場で開催される総賞金125万ドル(約1億3,125万円)のケンタッキーオークス(G1 約1800m 3歳牝馬限定)の出走馬を決定する同様のシリーズも引き続き施行される。ロード・トゥ・ザ・ケンタッキーオークスは昨年と同じ30レースを対象とする(プレップシーズン15レース、チャンピオンシップシリーズ15レース)。プレップシーズンの最初の対象レースは、9月14日(土)にチャーチルダウンズ競馬場で施行される総賞金20万ドル(約2,100万円)のポカホンタス(G2)である。

news_2019_33_03_01.png

news_2019_33_03_02.png

news_2019_33_03_03.png

news_2019_33_03_04.png

news_2019_33_03_05.png

news_2019_33_03_06.png

By Blood-Horse Staff

(1ドル=約105円)

 (関連記事)海外競馬情報 2019年No.1「ケンタッキーダービーの総賞金が300万ドルに増額(アメリカ)

[bloodhorse.com 2019年8月22日「Road to Kentucky Derby and Oaks Schedule

上に戻る