EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ウェザビーズ社、英国のEU離脱に伴う懸念に取り組む(イギリス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2019年01月24日  - No.3 - 4

ウェザビーズ社、英国のEU離脱に伴う懸念に取り組む(イギリス)[開催・運営]


 競馬界で数々の役割を担うウェザビーズ社(Weatherbys)は117日、英国のEU離脱(ブレキジット)の結果に苦心させられるだろうと述べた。なぜなら、ブレキジットが最終的にどのような形になろうとも、同社の業務のいくつかが影響を受けることになるからだ。

 競馬界がブレキジットに関して抱く大きな懸念の1つは、英国・アイルランド・フランス間での馬の自由移動である。また競馬界の重要人物たちは、「合意なき離脱」は予想される中で最悪の結果だと考えている。

 ウェザビーズ社のコミュニケーション担当理事であるニック・クレイヴン(Nick Craven)氏はこう語った。「ウェザビーズ社の競馬界におけるさまざまな役割の中には、ブレキジットが大きな影響を及ぼしうるものがあります。ジェネラルスタッドブック(General Stud Book: GSB)の業務においては、その影響が最も大きく感じられるかもしれません」。

 「GSBの業務には、パスポートや輸出証明書の発行が含まれます。それゆえ、競馬産業やとりわけバイオセキュリティ措置・健康・福祉に関するEU離脱による新たなコンプライアンスのために、輸入馬を管理したり、国境を越える移動を監視しなければなりません」。

 「英国・アイルランド・フランス間における年間26,000頭に上るサラブレッドの輸送もこれに含まれます。これらの移動の多くは生産に関係しています」。

 ウェザビーズ社はブレキジット後に向けてすでに準備を開始しており、クレイヴン氏はこう付言した。

 「ブレキジットが及ぼしうる影響を考慮して、ブレキジット後のサラブレッドの追跡・移動の管理を何とか可能にするために、ITシステムやプロセスの開発にかなりの時間を費やしてきました」。

 「ウェザビーズ社は、サラブレッド・ブレキジット運営グループ(Thoroughbred Brexit Steering Group)に参加しています。そして英国のEU離脱に備えるために、BHA(英国競馬統轄機構)やサラブレッド生産者協会(Thoroughbred Breeders' Association)と緊密に取り組んでいます」。

By David Baxter


Racing Post 2019117Weatherbys preparing for Brexit fallout amid stud book concerns」]


上に戻る