EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 独ダービー馬ラッカリオの血統に詰まる沢山のエピソード(ドイツ)[生産]
海外競馬ニュース
2019年07月18日  - No.27 - 2

独ダービー馬ラッカリオの血統に詰まる沢山のエピソード(ドイツ)[生産]


 ウニオンレネン(G2 6月10日 ケルン競馬場)で圧勝したラッカリオ(Laccario)は7月7日(日)、独ダービー(G1 ハンブルク競馬場)で1¼馬身差のスムーズな勝利を収めた。上位人気のジャンゴフリーマン(Django Freeman 父カンパノロジスト)は2着、アコン(Accon 父キャメロット)はその1¼馬身差の3着となった。

 ラッカリオ(アンドレアス・ヴェーラー厩舎)は、オーナーブリーダーでイットリンゲン牧場(Gestut Hof Ittlingen)のオーナーであるマンフレート・オステルマン(Manfred Ostermann)氏により所有されている。同馬の血統にはエピソードがぎっしり詰まっている。

 何よりもまず、ラッカリオはスカーロ(Scalo)が送り出した数少ない優良産駒の1頭である。父スカーロもイットリンゲン牧場が自家生産したG1馬で、2010年オイロパ賞(G1 ケルン競馬場)を制している。スカーロは最初にロジスサンジェルマン牧場(Haras du Logis Saint-Germain フランス・ノルマンディ地方)で種牡馬入りしたが、この2年間はジュロ牧場(Haras de Gelos フランス南西部のポー市の近く)で供用されている。

 競走年齢に達した4世代からは、欧州平地競走において出走馬28頭、勝馬14頭が出ている。その中でラッカリオが唯一のブラックタイプ勝馬である。

 スカーロの父は偉大なランド(同じくイットリンゲン牧場の自家生産馬)である。ランドは、最高の名勝負が繰り広げられた1993年独ダービーでモンズーンとシュテルンケーニッヒ(Sternkonig)を下して優勝し、その後もG1・6勝を達成した。その中には1995年ジャパンカップ優勝が含まれる。

 ランドが独ダービーを制した1年後、同馬の半弟ラロッシュ(Laroche)が続けてこの快挙を達成した。2頭はいくつかのレースで対戦し、最も忘れがたいのは1995年メリクフィンク銀行賞(デュッセルドルフ競馬場)でのワンツーフィニッシュだろう。優勝したのはランドだった。

 ランドとラロッシュの母は、3着内馬ローレア(Laurea 父シャープマン 父父シャープンアップ)である。ローレアが優秀な繁殖牝馬だったので、オステルマン氏がイットリンゲン牧場の生産馬数頭に彼女の強い影響をもたらそうと考えたのは当然である。実際、ラッカリオにはこの牝馬の3×3のインブリードがある。

 ラッカリオの母は勝馬ラッカタ(Laccata 父ロミタス)であり、その母はラドンナ(La Donna)である。独オークス(G1)3着のラドンナの父はシャーリーハイツ(Shirley Heights)、そして母がローレアである。

news_2019_27_02_01.PNG

 ラドンナは次のような牝馬を送り出している。

・ ラヴォルナ(Lavorna 父アカテナンゴ)... 独リステッド勝馬のラヴィヴァ(Laviva)とルカレリ(Lucarelli)の母。

・ レオニア(Leonia 父サドラーズウェルズ)... エイダン&アンヌマリー・オブライエン夫妻のウィスパービュートレイディング社(Whisperview Trading)の生産馬。繁殖牝馬として、アイルランドでビーチオブファレサ(Beach Of Falesa)や イネファブル(Ineffable)など複数の勝馬を送り出している。

 また、ローレアは2代母として以下の優良馬を出している。

・ ラヴリン(Lovelyn 父タイガーヒル) ... イタリアの最優秀3歳牝馬。

・ ローロ(Lauro 父モンズーン)... カナダのG2勝馬。米国でG1・2着。過去2シーズン、産駒ドローロ(Dlauro)の活躍のおかげで障害の種牡馬としてヘイズスタッド(Hayes Stud アイルランド・ミース州)で供用され、多頭数に種付けを行っている。

 ベルハーバーのポイント・トゥ・ポイント競走で圧勝したドローロは、昨年のタタソールズ社チェルトナムフェスティバルセールにおいて、ジョセフ・オブライエン調教師により41万ポンド(約5,535万円)で落札された。そして、今年5月に障害競走馬としてパンチェスタウン競馬場のバンパー競走でデビューし、いきなり11馬身差の大勝利を収めた。

 ラッカリオはファミリー(牝系)を辿れば1956年の独1000ギニーと独オークスの優勝馬リープスリード(Liebeslied)に行き着く5頭目の独ダービー馬である。このファミリーからは、1971年と1987年の独ダービー馬であるラウシャー(Lauscher)とリーボス(Lebos)も出ている。

By Martin Stevens

(1ポンド=約135円)

[Racing Post 2019年7月7日「Plenty of talking points in pedigree of Deutsches Derby hero Laccario」]


上に戻る