EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > アナプルナがフランケル産駒として英クラシック競走を初制覇(イギリス)[生産]
海外競馬ニュース
2019年06月06日  - No.21 - 3

アナプルナがフランケル産駒として英クラシック競走を初制覇(イギリス)[生産]


 アナプルナ(Anapurna)は英オークス(G1 芝約2400m)において、粘り強いパフォーマンスでピンクドッグウッド(Pink Dogwood エイダン・オブライエン厩舎)を下した。フランキー・デットーリ騎手にとっては英オークス5勝目となり、フランケルは種牡馬として初めて英クラシック勝馬を送り出した。

 このレースはゆったりとしたペースで始まり、早い段階でシルベストル・デ・ソウサ騎手が騎乗するラベンダーズブルー(Lavender's Blue)が先頭に立った。坂を下りたときに先頭を奪ったピンクドッグウッドはライアン・ムーア騎手を背に馬群を引き離そうとしたが、アナプルナが迫ってきた。

 単勝9倍のアナプルナは内側を力強くじわじわと追い上げ、ゴール直前でピンクドッグウッドに首差をつけて優勝した。同馬は、英ダービーに出走するテレキャスター(Telecaster)と同じメオンバレースタッド(Meon Valley Stud)の生産である。

 ソウルスターリングが2017年優駿牝馬(G1 オークス)を制したことで、フランケルは日本でクラシック勝馬を出していたが、アナプルナが初めての英クラシック勝馬となった。

 G1を制したフランケル産駒には、ドリームキャッスル(Dream Castle)、ウィズアウトパロール(Without Parole)、G1・4勝馬クラックスマン(Cracksman)などがいる。

 デットーリ騎手はこう語った。「アナプルナはとても勇敢でした。坂をうまく走ることができました。素晴らしかったです。初めて英オークスを制したのは25年前であり、まだ現役を続けているのは信じられません!」

 ゴスデン調教師はこう語った。「アナプルナとフランキーによる見事なパフォーマンスでした。彼女は先頭との差を縮めるために内側を走りましたが、あそこから抜け出すのは至難の業でした」。

 「残り1ハロンでムーア騎手に交わされたと思いましたが、アナプルナはピンクドッグウッドを抜き返しました。両馬とも、また両騎手とも満点の競馬をしました」。

 マーク・ウェインフェルド(Mark Weinfeld)氏はメオンバレースタッドの共同経営者であり、多くの優良牝馬を送り出してきた。その中にはG1馬のジージートップ(Zee Zee Top)、イジートップ(Izzi Top)、スピーディボーディング(Speedy Boarding)などがいる。今回のアナプルナ(母 ダッシュトゥザトップ)の勝利は彼らにとってエプソム競馬場でのG1・20勝目となった。

 ウェインフェルド氏はこう語った。「アナプルナはとてもたくましく素晴らしい走りぶりを見せました。私たちはクラシック競走を勝つことを夢見てきたので、この牝馬がその夢を叶えてくれてとても喜んでいます。テレキャスターでダービーを勝ちたいと思うのは望み過ぎかもしれません」。

 パディパワー社は凱旋門賞(G1)でのアナプルナの単勝オッズを、これまでの67倍から21倍に大きく引き下げた。

By Tom Collins

[Racing Post 2019年5月31日「Anapurna a first British Classic winner for Frankel after thrilling Oaks」]


上に戻る