EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > キーンランド1月混合セール、数々の記録を更新して閉幕(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2019年01月17日  - No.2 - 2

キーンランド1月混合セール、数々の記録を更新して閉幕(アメリカ)[生産]


 キーンランド1月混合セール(Keeneland January Horses of All Ages Sale 17日~10)は、過去最高の平均価格、レコードタイの中間価格、そして2008年以来の最高売上げを達成して閉幕した。

 キーンランド協会は、1月混合セールにおいて916頭が合計4,6759,600ドル(約514,356万円)で購買されたと報告した。これは2018年の同セールの売上げ3,4996,000ドル(約384,956万円 売却頭数909)を33.6%上回る。

 平均価格は1988年に樹立された最高記録5182ドル(約552万円)を更新する51,048ドル(約562万円)。2018年の38,499ドル(約423万円)から32.6%上昇した。

 中間価格は2014年に樹立された最高記録2万ドル(約220万円)とタイ。2018年の12,000ドル(約132万円)から66.7%上昇した。主取となったのは265頭で、主取率は22.4%(2018年は25.9%)。

 最高価格馬は、クールモアのMV・マグニア(M.V. Magnier)氏が500万ドル(約55,000万円)で購買した2017年最優秀3歳牝馬アベルタスマン(Abel Tasman)である。将来有望な繁殖牝馬として購買された馬としては過去最高価格であり、キーンランド協会のセリの購買価格としてはレコードタイである。

 キーンランド協会の理事長兼CEOのビル・トマソン(Bill Thomason)氏はこう語った。「今回のセリは、私たちの期待を超えました。購買者の最高レベルで競り合いたいという意欲と、繁殖馬・競走馬に投資することへの高い関心がセリを勢いづかせました。業界全体がワクワクさせられました」。

 このセリは、現役を引退した優良牝馬、実績のある種牡馬または人気のある若年種牡馬の仔を受胎した牝馬、1歳馬を巡る激しい競り合いで活気づいた。

 20万ドル(約2,200万円)以上で購買された馬は47頭に上った(2018年は28頭)。

 キーンランド協会の競走・セリ担当副理事長のボブ・エリストン(Bob Elliston)氏はこう語った。「現在のところ活況です。セリ名簿に優良馬が掲載されたことで、最終日まで活発な取引がなされました。とりわけ、非凡な1歳馬群、アベルタスマンをはじめとする優秀な引退牝馬群が上場されました。これらの馬はセリに早くから熱気をもたらしていました。これらの傑出した馬を上場したコンサイナーを称賛したいと思います。彼らは現実的なリザーブ価格(販売希望価格)を設定しました」。

 トップコンサイナーは、テイラーメイドセールズエージェンシー(Taylor Made Sales Agency)のマーク・テイラー(Mark Taylor)氏である。同氏は116頭を合計1,0832,400ドル(約119,156万円)で売却した。「今回のセリは、現在の市況を反映していました。購買者たちは"優良馬になら高い価格を支払ってもいい"と考えています」と同氏は述べた。

 そしてこう続けた。「最高レベルの馬の取引は堅調に行われているという傾向が続いています。牝馬あるいは牝馬が受胎している仔でさえも、100万ドル(約11,000万円)以上で購買される可能性があります。そのような水平線上の青い空のような清々しい市況なら、誰もが進んで参加したくなります。一方、全体の下から1/4あるいは1/3のレベルの馬を売却しようとするときは、リザーブ価格についてとても保守的にならなければならず、上場馬の価値を認識しなければなりません。その点、私たちは現実的です」。

 キーンランド協会のセリ運営担当理事であるジェフリー・ラッセル(Geoffrey Russell)氏はこう語った。「この1月セールではピンフッカーたちが特に活発な取引をしていました。彼らはキーンランド11月繁殖セールで購買した当歳馬を、購買したときよりも高い値で売却していました」。

 活況は最終日まで続いた。キーンランド協会は、セリ最終日に213頭が合計3828,000(約42,108万円)で購買され、平均価格は17,972ドル(約198万円)、中間価格は8,000ドル(約88万円)だったと発表した。2018 年の同セールの最終日は、258頭が3251,300ドル(約35,764万円)で購買され、平均価格は12,602ドル(約139万円)、中間価格は6,000ドル(約66万円)だった。

 最終日の最高価格馬は5歳の優勝牝馬クラッシーチューン(Classy Tune 父マクリーンズミュージック)。イートンセールズ社(Eaton Sales)が上場した同馬は、ダグラス・シャーバウアー(Douglas Scharbauer)氏により23万ドル(約2,530万円)で落札された。クラッシーチューンの母はサザンスウィング(Southern Swing 父ディキシーランドバンド)。半兄にはステークス勝馬ミスターピーヴィー(Mr. Pee Vee)とG13着内馬エリンサザンマン(Erinsouthernman)がいる。

By Ron Mitchell

1ドル=約110円)


bloodhorse.com 2019110日「Keeneland January Sale Ends on Record Note」]


上に戻る