EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ランドウィック競馬場、"ウィンクス・スタンド"を建設(オーストラリア)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2019年05月23日  - No.19 - 2

ランドウィック競馬場、"ウィンクス・スタンド"を建設(オーストラリア)[開催・運営]


 名牝ウィンクスに敬意を表してランドウィック競馬場に新たなスタンドが建設されることが発表された。これにより、後世の人々は同馬の偉業を知ることになるだろう。

 "ウィンクス・スタンド"は、ランドウィック競馬場のレジャーローン(芝地エリア)に建てられる。大規模な競馬開催日には、このスタンドに約5,000人の観客を収容できる。また、オーストラリアンターフクラブ(Australian Turf Club:ATC)は年間を通じて競馬開催外のイベント、すなわち会議・見本市・展覧会・大学の活動などに、このスタンドを利用する。

 現在、この計画の最終承認が待たれている。ATCは2020年のジ・エベレスト(芝1200m)の施行日に、一般に向けてこのスタンドをオープンすることを目指している。

 このスタンド建設は、ATCとレーシングNSW(Racing New South Wales)の共同計画であり、ランドウィック基金(Randwick Capital Fund)から資金提供される。

 ウィンクスは現役時代、ランドウィック競馬場で20勝を挙げた。その中にはクイーンエリザベスS(G1)3連勝、チッピングノートンS(G1)4連勝、ジョージメインS(G1)3勝、2016年ドンカスターマイル(G1)優勝、2015年エプソムH(G1)優勝が含まれる。

 ウィンクスの現役最後のレースとなったクイーンエリザベスS(4月13日)では、ランドウィック競馬場の入場券は完売となり、現代において最多の4万3,833人の入場者が集まった。

 ATCは、ウィンクスが拠点としていたローズヒル競馬場にその銅像を建てることも計画している。

 ATC のマシュー・マクグラス(Matthew McGrath)会長はこう語った。「ウィンクスは私たちに、一生記憶に残る思い出をもたらしました。今や、彼女の名前とキャリアは、最も有名な勝利を挙げた舞台であるランドウィック競馬場と結び付けられます。ウィンクスは豪州のスポーツの象徴であり、スタンドに永久にその名前が刻まれるのにふさわしい傑出馬です」。

 「この新しいスタンドは、豪州最高賞金レースのジ・エベレストの施行日やシドニーの秋のレーシングカーニバルのような大きな祭典において、競馬ファンがさらにくつろげる環境を提供します」。

 レーシングNSWのCEOピーター・ヴランディーズ(Peter V'landys)氏はこう語った。「レーシングNSWとATCはある時期、新たなスタンド建設を検討していました。そして大変喜ばしいことに、今やランドウィック基金にはこれらの施設建設を実現させるのに十分な資金があります。この資金は、当初は出走登録料から得た収入、そしてレーシングNSWが国際賭事プールから受け取った収入によるものです」。

 「人々に愛された馬ウィンクスの名前が付けられたスタンドが建設されることに、とてもワクワクしており、満足感を抱いています。傑出した、カリスマ性のあるチャンピオンだったウィンクスは、多くの新しいファンを競馬にもたらしました。そのために、新たなスタンドの建設が必要となったのです」。

By Racing.com / Andrew Eddy

(関連記事)海外競馬ニュース No.15「名牝ウィンクスが33連勝を達成して華やかに現役引退(オーストラリア)

[Racing Post 2019年5月14日「Legendary mare Winx to be honoured at Randwick with new stand」]


上に戻る