EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ジョン・メッサーラ氏、2019年ロンジン&IFHA国際功労賞を受賞(オーストラリア)[その他]
海外競馬ニュース
2019年04月18日  - No.15 - 2

ジョン・メッサーラ氏、2019年ロンジン&IFHA国際功労賞を受賞(オーストラリア)[その他]


 4月11日(木)にシドニーで開催された式典において、ジョン・メッサーラ(John Messara)氏は2019年ロンジン&国際競馬統括機関連盟(IFHA)国際功労賞を受賞した。この賞は、生涯にわたりサラブレッド競馬に貢献したことで有名なホースマン・ホースウーマンに贈られる。

 メッサーラ氏はこう語った。「ロンジン&IFHA国際功労賞は世界中の同業者が贈ってくれる賞なので、今回の受賞に心から感謝しています。過去40年間、豪州の競馬界・生産界の地位を引き上げること、そして世界中で私たちの功績を伝えることに、重点的に取り組んできました。とりわけ献身的なサポートをしてくれた妻クリスティーンと4人の子供たち、アローフィールドスタッド(Arrowfield Stud)のスタッフ、レーシングNSW(Racing New South Wales)とレーシングオーストラリア(Racing Australia)の理事会メンバーたち、そして2人の素晴らしい競馬担当大臣、ジョージ・スリス(George Souris)氏とトロイ・グラント(Troy Grant)氏に感謝します」。

 「私たちは数々のリーディングサイアーを供用する幸運に恵まれました。それは過去30年間、私のキャリアと豪州サラブレッド産業全体を築き上げてきました。デインヒル、リダウツチョイス、そして現在のリーディングサイアーであるスニッツェルに感謝したいと思います」。

 ロンジンおよびIFHAの代表は、シドニーにおいてメッサーラ氏の功績を称えた。

 ロンジンのウォルター・フォン・カネル(Walter von Känel)社長はこう語った。「今夜、ジョン・メッサーラ氏にロンジン&IFHA国際功労賞を授与できることは、光栄の至りです。同氏は当ブランドにとって大切なスポーツである競馬に、多大な貢献をしてきました」。

 IFHAのルイ・ロマネ会長は、「私はジョン・メッサーラ氏を心から尊敬しており、第7回ロンジン&IFHA国際功労賞を同氏に授与するためにここにいることを大変光栄に思います。これまでの6回の受賞者たちは、21世紀の生産界および競馬界がダイナミックでグローバルであることを裏付けています。メッサーラ氏はこの権威ある賞に極めてふさわしい受賞者です」と語った。


2019年ロンジン&IFHA国際功労賞を受賞したジョン・メッサーラ氏について

 アローフィールドスタッド(NSW州)のオーナー兼会長であるメッサーラ氏は30年以上にわたり、豪州競馬界の重鎮であり続けている。1985年に創設され、大成功を収めている名高い同スタッドは、デインヒルの能力を見出して購買し、同馬の豪州における種牡馬生活を開始させた。デインヒルは後に豪州において血統を形成するリーディングサイアーとなる。現在では同馬の孫であるスニッツェル(父リダウツチョイス)がリーディングサイアーとして同スタッドに供用されている。


 メッサーラ氏が務めてきた主な役職は以下のとおりである。

 ・ レーシングNSW会長(2011年12月~2016年12月)

 ・ レーシングオーストラリア初代会長(2014年1月~2016年12月)

 ・ アジア競馬連盟 副会長(2014年~2016年)

 ・ オーストラリア・サラブレッド生産者協会(Thoroughbred Breeders Australia)理事長(2007年~2008年)

 ・ オズホース(Aushorse) 初代会長(2001年~2008年)


 メッサーラ氏がこれまで受賞した賞は以下のとおり。

 ・ オーストラリアンターフクラブ(Australian Turf Club)の終身会員(2016年)

 ・ NSW州サラブレッド生産者協会(Thoroughbred Breeders NSW)の第1回ヒーロー賞(2011年)

 ・ 豪州政府から授与されたオーストラリア勲章"メンバー(AM)"(2008年)


 メッサーラ氏は1947年生まれ。ニューサウスウェールズ大学を1968年に卒業後、エドウィン・V・ニクソン&パートナーズ(アーサー・ヤング& Co.)に公認会計士として勤務した。その後、オーストラリア証券取引所のメンバーであるラルフ・キング&ユイル社に入り、スイスのジュネーブに同社の欧州支社を開設した。豪州に帰国後、1973年にオーストラリア証券取引所のメンバーに選出された。

 同年に妻クリスティーンと結婚し、その後4人の子供に恵まれる。その4人は、ルイーズ・メッサーラ博士、ポール・メッサーラ氏(G 1優勝トレーナー、アローフィールドスタッドのマネージャー)、マイケル・メッサーラ氏(アローフィールドグループの役員)、スザンヌ・グレイ氏(メディア司会者&製作者)である。

Longines Public Relations Press Release

[bloodhorse.com 2019年4月11日「Messara Receives 2019 International Award of Merit」]


上に戻る