EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 香港ジョッキークラブ、中国本土の従化競馬場で正式なレースを開催(香港)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2019年03月28日  - No.12 - 1

香港ジョッキークラブ、中国本土の従化競馬場で正式なレースを開催(香港)[開催・運営]


 香港ジョッキークラブ(Hong Kong Jockey Club:HKJC)は3月23日、中国本土で正式にレースを施行した。観客の中には地元政府の高官の姿も見られた。

 背景の山腹には霞がかかっていたが、HKJCの従化競馬場の芝コースにおいて、5つのエキシビジョンレースは滞りなく施行され、同競馬場が広州市の魅力的な観光地となる潜在性が大いに示された。午後の豪雨以外は何の支障もなかった。

 HKJCのCEOウィンフリード・エンゲルブレヒト-ブレスケス(Winfried Engelbrecht-Bresges)氏は、「これは歴史的瞬間で、大成功を収めました。長い道のりでしたが、この結果に満足しています」と述べた。

 従化競馬場は2018年8月に調教施設としてオープンしたときにトライアルレースを施行したが、"エキシビジョンレースデー"は最初の公式レース開催日である。広州周辺から約3,500人の観客が足を運んだ。

 広東省長、従化市長、北京から来た中央政府の役人が、香港の行政長官であるキャリー・ラム(Carrie Lam)氏と一緒にこの記念すべき日を祝った。

 ラム氏は、「本日の競馬開催は、中国本土に世界レベルの馬スポーツをもたらす新しい時代の幕開けです」と述べた。そして、中国本土で世界クラスの馬の専門家を育て上げ、中国の馬スポーツの継続的な成長を確かにするために香港政府と協調することを誓った。

 ラム氏は、「本日の競馬開催は目覚ましいものでした。HKJCと従化区の自治体が共同で組織しただけでなく、香港政府と広東省の高いレベルの協力体制の称賛すべき見本にもなりました」と語った。

 HKJCは、従化競馬場をグレーターベイエリアの最先端の馬疾病清浄地域(Equine Disease Free Zone)とするために取り組んできた。

 ブレスケス氏は、エキシビジョンレースデーの成功は、従化競馬場(香港から車で4時間)でのレース開催の拡大に向けての再調査を促すだろうと述べた。そして、「私たちのいくつかの夢は実現しました。このようなことを達成できる競馬統轄機関はそれほど多くはないでしょう」と語った。

 レース自体は、香港競馬の高い水準を下回るものだった。リチャード・ギブソン(Richard Gibson)調教師とマシュー・チャドウィック(Matthew Chadwick)騎手が、従化競馬場で最初に行われた公式レースで優勝する栄誉に恵まれた。ノーディックウォリアー(Nordic Warrior せん4歳 父ダッチアート)が最後の直線で他馬の間に割って入り1¼馬身差の勝利を決めたのだ。

 5レースは5人の異なる調教師が優勝し、チャド・スコフィールド(Chad Schofield)騎手は2勝を果たした。

 これらのレースは、中国本土の法律を順守して馬券発売なしで施行された。また、HKJCは違法賭事を防ぐためにどんな苦労もいとわなかった。レース映像は15分遅れで香港で放映され、ストリーミングや結果発表に対しても厳しい制限が課された。

 ブレスケス氏は、中国本土でレースを施行する目的は競馬というスポーツの魅力を見せるためであり、賭事の合法化を後押しするものではないと述べ、こう語った。「これは中国本土で競馬を開催する取組みであり、馬券発売を目標としていません。ひとまず、競馬開催が許可されるようになったのは素晴らしいことです。あとのことは、予言できません」。

 HKJCは従化競馬場を、多頭数の香港調教馬を収容できる"調教・リハビリ施設"と公式に発表していた。2018年8月に同競馬場がオープンする前には、香港調教馬はすべてシャティン競馬場に在厩していた。

 しかし築40年のシャティン競馬場の厩舎地区はフル稼働しており、改装が必要とされていた。そこで従化競馬場の664馬房が受け皿となることで、シャティン競馬場の改装工事を実施に移すことができ、また現役馬頭数の増大も可能にする。

 従化競馬場の設立計画と建設には10年以上の歳月が費やされ、総工費は37億香港ドル(約518億円)に上った。同競馬場は山岳地帯の森林に囲まれた温泉地にあり、3つのコースと芝の調教用坂路、充実した調教施設、リハビリ&診療施設、調教スタッフや競馬場職員の住宅がある。

 馬は、特別に設計された馬運車に乗せられ、厳重に管理されたバイオセキュリティゾーンを経由して従化と香港の間を移動する。調教師たちは"今シーズン、従化で調教されている馬の香港への輸送はうまくいっている"と報告した。従化で調教された馬69頭は、香港のレースで計93勝を挙げている。

By Bob Kieckhefer

(1香港ドル=約14円)


[bloodhorse.com 2019年3月23日「Hong Kong Jockey Club Stages First Mainland Races」]


上に戻る