EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
ウルグアイの競馬場



【ウルグアイの競馬】

スペイン植民地時代のウルグアイにおいては直線のセパレートコースで馬の速さを競うペンカスと呼ばれる競馬などが行われていましたが、現在のようないわゆる英国式の競馬が始められたのは「大戦争(1839年~1851年に起きた内戦)」の後、場所は首都モンテビデオのピエドラスプランカ地区でした。
その後、1877年には競馬施行規程の制定、1888年にはモンテビデオジョッキークラブの創設とウルグアイ競馬の礎が築かれていきました。
名馬ロマンティコの活躍などにより1930~40年代に隆盛を極めたウルグアイは、いわゆる競馬先進国として1985年にはインターナショナルカタロギングスタンダードのパート1国として認められましたが、1992年にはパート2に降格の憂き目に会い、その後ジョッキークラブの破産により1997年から2003年の間は最大の競馬場であるマローニャス競馬場が閉鎖という苦境に立たされることもありました。
しかしながら、2016年のIFHAの統計によれば賞金額やサラブレッド生産頭数に関してはパート1国であるブラジルやチリと遜色ない水準にあるほか、重賞競走の一部はパート1に記載されており、国際格付けを得ています。ことに、毎年1月に行われるホセ・ペドロ・ラミレス大賞は南米を代表する国際競走の1つとして、今も南米各国からの遠征馬を迎えています。
また、アルゼンチン産ながら2005年にウルグアイで三冠馬となったのち米国に移籍したインヴァソールはBCクラシック・ドバイワールドCを含むGⅠ競走を6連勝してエクリプス賞年度代表馬となるなど、大活躍を見せました。
競馬場は11ありますが、主要な競馬場はマローニャスとラスピエドラスの二つで、大きなレースは全てマローニャス競馬場で行われています。


マローニャス競馬場の紹介

●競馬場の概要
マローニャスの地に競馬場ができたのは1874年のこと。当時の観客席は以前競馬場があったピエドラスブランカから移築されたものでした。1888年にはモンテビデオジョッキークラブが創設され、翌年にはジョッキークラブ主催の競馬が初めて実施されました。
1910年には会員用の新スタンドが完成、その後1938年にはフォジェイジャスタンド、1945年にはローカルスタンドが建設されました。
モンテビデオジョッキークラブが破産したため、1997年に一度閉鎖されましたが、2003年6月にイピカリオプラテンセにより、再び競馬開催が行われるようになり、今日に至っています。




●競馬場への行き方
モンテビデオ中心の独立広場からバス102系統、330系統で45分程度。

●コース
メインとなるコースは左回りで、一周2,065メートル・幅24メートルのダートコースです。内回りコースは一周1,906メートル・幅、2018年3月からウルグアイで初めての芝コースとして使用されています。

●競馬の運営
開催は通常、金曜日と土日どちらかの週二回実施されます。
金曜日は午後6時に第1レースが発走し、概ね8レースが行われます。
一方、土日は午後3時(冬季は午後2時)が第1レースで14競走程度が行われます。
どちらも最終レースは8時半から9時ごろです。
ただし、例年1月6日に行われる最大の競走、ホセ・ペドロ・ラミレス大賞当日には午後1時ごろから夜の10時半ごろまで、約20レースが実施されます。

●主要競走
1月:ホセ・ペドロ・ラミレス大賞 2000m ダート 三歳上
1月:モンテビデオ市大賞 2000m ダート 三歳牡

●馬券

馬券一覧はこちら

maronas.jpg

●問い合わせ先

Dirección: Jose Maria Guerra 3540, Montevideo Uruguay
Teléfono: (598) 2511 7777
URL:http://www.www.maronas.com.uy/portada

●馬券

Ganador 単勝
Segundo 複勝(二着払い)
Tercero 複勝(三着払い)
Exacta 連勝単式
Trifecta 三連勝単式
Cuatrifecta 四連勝単式
Doble 二重勝
Pick 3 三重勝
Pick 6 六重勝


上に戻る