EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
フィリピンの競馬場


  1. 【A】 サンラザロ競馬場 <日程>
  2. 【B】 サンタアナパーク競馬場 <日程>
  3. 【C】 メトロターフ競馬場 <日程>

【フィリピンの競馬】

フィリピンの競馬は1867年、マニラ・ジョッキークラブの設立とともに始まりました。
1974年に競馬監督機能が政府からフィリピン・レーシング・コミッションに移管されてから血統書の発行(1982年)や競走馬の輸入解禁(1987年)などがおこなわれ、体制が整備されています。
国内には競馬場が3ヶ所あり、場外の発売もおこなわれています。
競馬開催は一部の月曜日を除く毎日、マニラ・ジョッキークラブ、フィリピン・レーシングクラブ、そして2013年に競馬開催を開始したメトロマニラ・タ-フクラブによって、1年を通 じて交替で開催されています。



サンラザロ競馬場の紹介

 
写真協力:Manila Jockey Club, Inc.

●競馬場の概要
マニラ・ジョッキー・クラブ(MJC)はアジア太平洋地域で在続するレーシングクラブの中でも、最も長い歴史を有するクラブの1つで、1867年にフィリピンに初めて競馬を紹介しました。
当時は聖セバスチャン通りと呼ばれた現在のR・ヒダルゴ通りが直線コースとして使われ、聖セバスチャン教会からキアポ教会までの1/4マイルを競いました。1880年頃にはパシッグ川沿いのサンタメサに拠点を移して競馬を施行していましたが、1897年のマニラ湾海戦のためレースが中止となり、その後一時的に競馬場は閉鎖されました。
その後、アメリカ軍にマニラが占領されてから数ヵ月後の1899年に、メサ・ヒポドローム駅で競馬が再開され、翌年の1900年にMJCはマニラ市北部のサンタクルス市にサンラザロ競馬場を建設しました。第二次世界大戦においては日本軍の占領により再び競馬場は閉鎖されますが、1946年にレースを再開します。
現在のサンラザロ競馬場は、マニラ市の南36kmにあるカルモナ市のカヴィテに2003年に建設されたサンラザロレジャーパークの敷地の中にあり、MJCの運営の下競馬を施行しています。

●競馬場への行き方
競馬場までは、マニラ市のニノイ・アキノ国際空港(Ninoy Aquino International Airport, NAIA)からタクシーやジープニーで45分程度、マカティ市からは30分程度です。

●コース
左回りのダート(海砂)コースが2つあります。内側のコースは1周1,250m、幅員25m、最後の直線は230mで、外側のコースは1周1500m、幅員25m、最後の直線は250mです。

●主要競走
5月:1867ファウンダーズ・カップ (1750m)
5月:トリプル・クラウン・ステークス第一戦 (1600m)
12月:プレジデンシャル・ゴールド・カップ (2000m)

●馬券
馬券一覧はこちら

san_lazaro.jpg

●問い合わせ先

競馬場
住所:San Lazaro Leisure Park, Governor's Drive, Brgy. Lantic, Carmona, Cavite, 4116 Philippines
電話:+632 9175822608

MJC事務所
住所:Manila Jockey Club, Inc., 14th floor, Strata 100 Building, Emerald Avenue, Ortigas Center, Pasig City, 1605 Philippines
電話:+ 632 6879889
URL:http://www.manilajockey.com/
Facebook:https://www.facebook.com/KareraSanLazaro/
Twitter:https://twitter.com/KareraSanLazaro

2018年現在のデータです



サンタアナパーク競馬場の紹介


写真協力:Philippine Racing Club, Inc.

●競馬場の概要
1937年、フィリピン人とアメリカ人の実業家グループが、フィリピンレーシングクラブ(Philippine Racing Club, In. 以下PRCI)の前身であるサンタアナターフクラブを設立しました。このクラブはオーストラリアからサラブレッドを輸入し、マニラのマカティ市にサンタアナパーク競馬場を設立してレースを開始しました。
PRCIは2009年から、サンタアナパーク競馬場をマニラ南西約30kmのカヴィテ州(Cavite)ナイック(Naic)にあるサドルズ&パークレージャークラブ(Saddles&Park Leisure Club)内に移転しレースを開催しています。

●競馬場への行き方
競馬場のあるカヴィテ州ナイックのサドルズ&パークレージャークラブまでは、マニラ市街地から車で1時間30分程度です。

●コース
左回りのダートコースは2コースあり、外側は1周1,600m、内側は1,400mです。

santaana_course.jpg

●主要競走
6月:フィリピン三冠競走第2戦
7月:フィリピン三冠競走第3戦

●馬券
馬券一覧はこちら

santa_ana_park.jpg

●問い合わせ先

競馬場
住所:Saddle & Clubs Leisure Park, Governor's Drive Brgy. Sabang Naic, Cavite, Philippines
電話:+632 254 - 9229

PRCI事務所
住所:Philippine Racing Club, Inc., #1765 Paz Guazon Street Paco, Manila, Philippines
電話:+632 254 - 9907 / +632 516 - 0285
URL:http://www.prci.com.ph/
Facebook:https://www.facebook.com/philippineracingclub/

2018年現在のデータです



メトロターフ競馬場の紹介

●競馬場の概要
メトロターフ競馬場は、2013年2月にメトロマニラターフクラブ(Metro Manila Turf Club, Inc. 以下MMRCI)がオープンしたフィリピンで最も新しい競馬場で、マニラ南東のバタンガス州マルバーに位置します。競馬場は、国際的にも名高いシンガポールの競馬場コンサルタントであるK.K.クマー氏の指揮の下、建設されました。マキリング山を背にして立つ、最新の技術を備えたグランドスタンドは、3,000人もの観客を収容できます。

●競馬場への行き方
競馬場のあるバタンガス州マルバーまでは、マニラ市街地から車で約2時間です。

●コース
1周約1,500mの左回りのダートコースがあります。

●主要競走
12月:プレジデンシャルゴールドカップ(2000m)

●馬券
馬券一覧はこちら

metro-turf.jpg

●問い合わせ先

競馬場
住所:Metro Turf Racecourse, Brgy. Pioquinto, San Pioquinto, Malvar, Batangas, Philippines
電話:+63 43 773 6682

MMTCI事務所
住所:Metro Manila Turf Club, Inc., #11 Calbayog St. corner DM Guevara St., Mandaluyong City 1550, Philippines
電話:+63 2 531 4931
URL:http://www.mmtci.com/#
Facebook:https://www.facebook.com/MetroManilaTurf
Twitter:https://twitter.com/metromanilaturf/

2018年現在のデータです


●馬券

Win ウイン 単勝
Forecast フォーキャスト 馬単
Trifecta トライフェクタ 3連単
Quartet カルテット 4連単
Pentafecta ペンタフェクタ 5連単
Super 6 スーパーシックス 6連単
Daily Double デイリーダブル 2重勝(連続した2レース)
Extra Double エクストラダブル 指定された2レースの2重勝
Daily Double Plus One デイリーダブルプラスワン 3重勝
Pick 4 ピックフォー 4重勝
Pick 5 ピックファイブ 5重勝
Pick 6 ピックシックス 6重勝
Winner Take All ウィナーテイクオール 7重勝


上に戻る