EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 軽種馬登録ニュース > 2019年供用予定種雄馬名簿(速報版)等の公表
軽種馬登録ニュース
2019年03月22日

2019年供用予定種雄馬名簿(速報版)等の公表


2019年の供用予定種雄馬名簿(2019年3月20日現在)がまとまりました。 サラ系統は254頭、アラ系統は10頭で合計264頭になります。

昨年よりサラ系統は4頭減、アラ系統は2頭増となっています。
注:まだ今年度の種付期間中に繁殖登録される馬もいますので、頭数は増加すると思われます。


2019-021-01.jpg

地域別の頭数は、北海道(日高・胆振・十勝地区)が251頭で全国の95.1%を占めており、最も牧場数の多い日高地区は、214頭で全国の81.1%を占めます。


2019-021-02.jpg

「2019年供用予定種雄馬地区別・品種別頭数」及び「2019年供用予定種雄馬名簿(速報版)」は、下記のリンクからご覧ください。


供用予定種雄馬の父馬別頭数で一番多い父馬は、ディープインパクトです。
ディープインパクトを父に持つ供用予定種雄馬の頭数は26頭で供用予定種雄馬全体(254頭)の10.2%になります。

2019-021-03.jpg


上に戻る