EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > アイルランドの競馬界と生産界の価値を示す報告書(アイルランド)【開催・運営】
海外競馬情報
2017年09月20日  - No.9 - 1

アイルランドの競馬界と生産界の価値を示す報告書(アイルランド)【開催・運営】


 デロイト社(Deloitte)は9月7日、ホースレーシングアイルランド(Horse Racing Ireland:HRI)のためにまとめた報告書を発表した。これによれば、アイルランドの競馬界と生産界では2016年に、18億4,000万ユーロ(約2,392億円)が支出され、2万8,900人の雇用がもたらされている。

 さらに、競馬は2016年の326開催日において130万人の観客を集め、アイルランドでゲーリックフットボールに次ぐ2番目に入場者が多いスポーツとなった。また、成人の25%が競馬に関心を持っている(2012年の22%よりも上昇)。

 HRIのCEOブライアン・カヴァナー(Brian Kavanagh)氏は、"最も総合的な競馬産業の経済的影響についての報告書"としてこれを称賛した。ウエストバリーホテル(ダブリン)で行われた報告書の発表会に出席したマイケル・クリード(Michael Creed)農業食料大臣は、この報告書は予算配分の決定に影響を与えるだろうと述べた。

 アイルランドの競馬界・生産界の直接支出とこれに関連した支出の合計額18億4,000万ユーロ(約2,392億円)は、競馬産業の純支出9億1,400万ユーロ(約1,188億2,000万円)と、その派生的支出9億2,700万ユーロ(約1,205億1,000万円)からなる。

 この報告書は、競馬界と生産界が、地域経済においてどれだけ重要な役割を果たしているかを際立たせている。競馬界と生産界は大きな雇用の場を提供しており、直接的には、競馬産業の中核で9,500人の常勤職員、また、馬科学・獣医・装蹄・馬輸送の分野で5,700人の関連職員の雇用を生み出している。さらに、場外馬券発売や二次的な雇用も併せれば、全体で2万8,900人となる。

 カヴァナー氏はこう語った。「私たちはこの報告書の発表を嬉しく思います。これは間違いなく、これまでまとめられた競馬産業の経済的影響についての報告書の中で最も総合的なものです。これまで調査されてこなかった分野も掘り下げて調査しています。年月が経っても役立つでしょう」。

 「私にとって、2つの重要な点がこの報告書から導き出されました。第一に、私たちの産業の農村地域への信じられないほどの影響力です。競馬はアイルランドのどの州でも広く行われており、農村地域にとってのサクセスストーリーです。第二に、私たちの産業が国際的に展開していることです。アイルランドには1万人に対して50頭のサラブレッドがいます。これは英国やフランスの10倍に上ります。この国際的影響力は驚くべきものです」。

 現在はアイルランドの競馬産業にとってターニングポイントである。10月の次年度予算発表へのカウントダウンが始まっている。クリード大臣は、この報告書が来月の競馬・グレイハウンドレース基金(Horse and Greyhound Racing Fund)への予算配分に影響するだろうと述べた。

 クリード大臣はこう語った。「この報告書は、予算配分の決定に当たり、詳細まで考慮に入れられるでしょう。アイルランドの競馬産業には、国際的にみて最も優秀な人々が従事しています。しかし競馬産業は、この島国のすべての州の土台の上に成り立っています。特に地域の土台はとても大切です。私たちが直面している課題に関しては、産業内にあらゆる立場の人々がいることを強く意識しています。雇用にとって、とても大きな影響を与える産業です」。

 「この報告書の内容は、数週間後に行われる予算配分の決定に影響をもたらすでしょう」。

 デロイト社でこの調査を実施したアラン・シュワイツァー(Alan Switzer)氏は、アイルランドの競馬産業は大きな国際的影響を持つと述べた。

 同氏はこう付言した。「この報告書は、アイルランドの競馬界と生産界の活動は、国民一人当たりでみると、どの国よりも際立ち重要なものであることを示しています。1万人につき50頭のサラブレッドがおり、他の競馬主要国よりも何倍も大きい規模です。2016年に、アイルランドは一般的なセリでのサラブレッド販売額において、米国に次ぎ2位となりました。世界の平地競走馬の上位100頭のうち20%以上がアイルランド産馬です。アイルランドはまた、世界一流の生産者や騎手を多く送り出しています」。

アイルランド競馬界・生産界のデータ(デロイト社の報告書より)

総支出額 :18億4,000万ユーロ(約2,392億円)

アイルランドのサラブレッド販売額(セリ・個人取引):4億3,800万ユーロ(約569億4,000万円)

10年間の資本投資:3億3,300万ユーロ(約432億9,000万円)

競馬場の年間入場者数:130万人

直接・間接・関連雇用:2万8,900人

年間生産頭数:9,381頭

現役競走馬頭数:8,581頭

馬主:8,187人

生産者:4,100人

厩務員:2,816人

調教師:883人

成人の25%が競馬に関心

レーティング100位までの馬の21%がアイルランド産馬

By David Jennings

(1ユーロ=約130円)

[Racing Post 2017年9月7日「Key report shows value of Irish racing and breeding」]


上に戻る