EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ギリシャが欧州・地中海地域競馬連盟に加盟(欧州)【開催・運営】
海外競馬情報
2017年02月20日  - No.2 - 5

ギリシャが欧州・地中海地域競馬連盟に加盟(欧州)【開催・運営】


 ギリシャ・ジョッキークラブの欧州・地中海地域競馬連盟(European and Mediterranean Horseracing Federation: EMHF)への加入申請は受理され、ギリシャはEMHFの28番目のメンバー国となった。EMHFのポール・カーン(Paull Khan)事務総長が11月にギリシャを査察した後に、この決定はなされた。ギリシャ・ジョッキークラブは今年のEMHF年次総会(5月29日 ストックホルム)で歓迎を受けるだろう。

 EMHFのブライアン・カヴァナー(Brian Kavanagh)会長は、「欧州・地中海地域の国際競馬コミュニティーにギリシャ・ジョッキークラブを迎えることを光栄に思います。ギリシャ競馬の成長の時代が始まり、競馬人気の復活に立ち会いたいものです」と述べた。

 カーン事務総長は、「ギリシャにおける競馬再興に向けたこの1年間の進展と、この上昇傾向を確実にしようとする全ての関係者の熱意に感銘を受けました。ギリシャがこの道のりを歩むのを支援するにあたり、EMHFとそのメンバー国ができることは数多くあると確信しています」と述べた。

 ギリシャ・ジョッキークラブのペトロス・ザフェイリス(Petros Zafeiris)副事務局長は次のように述べた。「EMHFのメンバーとして迎えていただけると伺い、嬉しく思います。この決定をしてくださったEMHFの全メンバーに感謝を表明します。この決定は私たちにとって大きな重要性を持ち、ギリシャ競馬の振興だけではなく、他国の競馬産業と積極的に交流できる地位を確保することを支援するものです。EMHFメンバーであることで競馬に関する様々な事柄に関して多くの恩恵を受け、質の高い競馬を施行するのにあたり実際的な援助を得ることができると確信しています。年次総会でメンバー国の方々にお会いできることを楽しみにしています」。

 IFHA(国際競馬統括機関連盟)の地域団体であるEMHFは27の競馬統轄機関を代表する。メンバー国は以下のとおりである(www.euromedracing.eu)。

・EU加盟国メンバー:オーストリア、ベルギー、キプロス、チェコ、デンマーク、フランス、ドイツ、イギリス、オランダ、ハンガリー、アイルランド、イタリア、リトアニア、ポーランド、ポルトガル、スロバキア、スペイン、スウェーデン

・非EU加盟国メンバー:アゼルバイジャン、チャンネル諸島、ノルウェー、スイス、トルコ、ウクライナ

・地中海地域メンバー:レバノン、リビア、モロッコ

 EMHFの主要目的は、欧州・地中海地域の競馬統轄機関の間の関係を深めて、同地域の国々の競馬振興のために連携し、競馬の国際的な公正確保と名声を守り、IFHAに対して同地域の国々を代表することである。

 EMHFの主要任務は以下の通りである。

・競馬統轄機関の間の親密かつ持続的な関係の構築。

・競馬界・生産界の共通の関心となるメンバー国のルール変更についての情報交換。

・全メンバー国が入手可能な欧州・地中海地域の統計の発表。

・競馬発展途上国の支援。

・EU(欧州連合)の諸機関に対して欧州競馬界の利益を代表。

[EMHF Press Release 2017年2月7日「Greece Becomes EMHF's 28th Member」]


上に戻る