EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 米国競馬界、シルバーチャームの帰国を大歓迎(アメリカ)【その他】
海外競馬情報
2014年12月20日  - No.12 - 5

米国競馬界、シルバーチャームの帰国を大歓迎(アメリカ)【その他】


 引退馬受け入れ施設オールドフレンズ(Old Friends)は12月2日にクラシック二冠馬で殿堂入りを果たしたシルバーチャーム(Silver Charm)の到着を祝い、同施設に繋養されている一連のスター馬は、宝石のように貴重な仲間を新たに迎えた。

 この20歳のシルバーバック(Silver Buck)産駒は、2005年から供用されていた日本を出国し、昨日、ケンタッキー州ジョージタウンのオールドフレンズに到着した。シルバーチャームはオールドフレンズが迎える初めてのケンタッキーダービー馬であり、2002年ベルモントS(G1)勝馬のサラヴァ(Sarava)に続き2頭目の米国クラシック勝馬である。

 この10年間シルバーチャームを種牡馬引退後に喜んで迎える用意があると繰り返し言ってきたオールドフレンズの創設者で会長のマイケル・ブローウェン(Michael Blowen)氏は、次のように語った。「ご承知の通り、私は長い間、何とかしようと努力してきましたが、どうにもならず、なかなか交渉は進みませんでした。しかし、およそ1ヵ月半前にスリーチムニーズ牧場(Three Chimneys Farm)のマネージャーであるサンディー・ハットフィールド(Sandy Hatfield)氏が電話で、『あなたの牧場に高齢の芦毛の種牡馬が過ごせるスペースはありますか?』と言ってきたので、私は『信じられない!』と言いました。誰にも打ち明けられないので、ゴルフカートに乗り牧場の裏にまで行って、どうしていいか分からず馬鹿みたいに走り回りました」。

 シルバーチャームの競走成績は24戦12勝(重賞では11勝し2〜3着は8回)で、獲得賞金は694万4,269ドル(約7億9,860万円)であり、4シーズンすべてで重賞優勝を果たした。馬主はロバート&ベヴァリー・ルイス(Robert and Beverly Lewis)夫妻で、ボブ・バファート(Bob Baffert)調教師により管理され、1997年春にケンタッキーダービー(G1)とプリークネスS(G1)を制したことで、全米の注目を浴びた。

 シルバーチャームは、ベルモントSでタッチゴールド(Touch Gold)の2着に敗れ三冠を達成することはできなかったが、翌年1998年ドバイワールカップで優勝し、BCクラシックで2着となったことで、古馬ランキングにおいても卓越していた。そしてこれらの偉業で、2007年に競馬殿堂入りを果たしたのである。

 シルバーチャームは競走を引退し、2000年繁殖シーズンからケンタッキー州ミッドウェイのスリーチムニーズ牧場で供用されていた。その後日本軽種馬協会(JBBA)に売却され、2005年シーズンから日本で供用された。最初は北海道のJBBA静内種馬場、後にJBBA七戸種馬場で供用された。2014年12月1日までに308頭の勝馬を出しており、産駒の獲得賞金総額は2,722万8,387ドル(約31億3,126万円)である。ステークス競走で優勝した15頭の産駒には、プリーチンアットザバー(Preachinatthebar)、ミスイセラ(Miss Isella)およびスプリングワルツ(Spring Waltz)がいる。そしてシルバーハイライト(Silver Highlight)はカナダの牝馬三冠の1つであるワンダーウェアSを制した。

 シルバーチャームが売却されたときの契約には買戻し条項がついており、ブローウェン氏によれば、スリーチムニーズ牧場とルイス一族は長期のケアを可能にするために寄付を募り、種牡馬引退後にオールドフレンズで余生を送らせるための支援を行った。

 シルバーチャームの帰路は、まず北海道からアラスカ州アンカレッジに渡り、その後シカゴ行きの便に乗るという行程を辿った。同馬は、アーリントンパーク競馬場の検疫施設で4日間を過ごし、最後は馬運車でケンタッキー州に到着した。

 ブローウェン氏は、「シルバーチャームは驚くほど素晴らしい見栄えで、私たちがこれまで日本から連れ戻した5頭の中で最も良く見えます」と語った。

 シルバーチャーム(フロリダ産)の母はボニーズポーカー(Bonnie’s Poker 父ポーカー)で、同馬も2004年から死亡する2010年までオールドフレンズに繋養されていた。

 ブローウェン氏は、輸入種牡馬に関連するさまざまな衛生上の手続きのため、シルバーチャームはファンの前に姿を現すまであと3週間検疫所で過ごすだろうと語った。

 ルイス一族は声明において次のように語った。「シルバーチャームが帰国し、オールドフレンズで引退生活を過ごし始めることを大変喜んでおり、誇りに思っています。競馬関係者やファンはワクワクしており、同馬が私たちの生活にもたらした興奮は決して忘れられることはないでしょう。世界中の競馬ファンがオールドフレンズを訪れ、米国の偉大な馬に声を掛けてくださることを楽しみにしています」。

By Nicole Russo
(1ドル=約115円)

[Daily Racing Form 2014年12月2日「Silver Charm’s arrival at Old Friends celebrated」]


上に戻る