EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > 仏2000ギニーがG2に格下げの可能性(フランス)【開催・運営】
海外競馬情報
2013年04月20日  - No.4 - 2

仏2000ギニーがG2に格下げの可能性(フランス)【開催・運営】


 今年の開催で十分に高レーティングの出走馬がなければ、4つのG1競走は2014年に格下げされるおそれがある、とヨーロッパ・パターン競走委員会(European Pattern Committee: EPC)は発表した。

 最も議論を呼んでいるレースは仏2000ギニー(G1)である。しかし、EPCのフランス代表であるドミニク・ド・ウェンデン(Dominique de Wenden)氏は、そのような不安を打ち消した。

 フランスギャロの事務局長でもある同氏は、「EPCは責任ある団体で、すべての国のクラシック競走に同じ方針を取ることはありません。仏2000ギニーが2014年に格下げされる危険性はありませんが、このようなレースを守ることに皆が関心を持っていることを欧州の調教師と馬主に思い出させてくれます」と語った。

 クラシック競走の仏2000ギニーは、ルカヤン(Lucayan)、ティンホース(Tin Horse)および仏ダービー(G1)優勝後に調子を崩したロぺデヴェガ(Lope De Vega)のような過去の優勝馬のその後の成績が良くなかったために、見直しが検討されている。2005年に仏ダービーとセントジェームズパレスS(G1)を制したシャマルダル(Shamardal)は、最後の傑出した仏2000ギニー優勝馬である。

 シーズン後半に開催される2歳限定のクリテリウムドサンクルー(G1)も、格下げのリスクに晒されているもう1つの仏G1競走で、今年の開催後に再検討されることになるだろう。また、ロイヤルアスコット開催のクイーンズヴァーズ(G3)も同様である。

 最も格下げのリスクが迫っているのは、イタリアのグランクリテリウム(G1)で、この2歳限定レースは今年そのままの状況であれば、そのステータスを自動的に失うことになる。

 また、リングフィールド競馬場は、ダービートライアルがG3のステータスを失い落胆している。これにより、3月に開催されるブルースクエアウィンターダービー(G3)が同競馬場の看板レースとなる。

 このことに関して、アリーナレーシング社(Arena Racing Company)のスポークスウーマンであるケイト・ヒルズ(Kate Hills)氏は、「これは近年の出走馬のレベルが低下していたことの反映ですが、プラス面として私たちは同競走の総賞金を今年も6万ポンド(約900万円)に維持しているので、馬主と調教師が重賞のステータスを取り戻すよう支持してくれることを望んでいます」と語った。

 なお2013年の変更としては、7月の愛オークスウィークエンドにカラ競馬場で開催されるキルボーイエステートS(G3)がG2に格上げされ、愛チャンピオンS当日のゴールデンフリースS (BCジュヴェナイルターフトライアル)も準重賞からG3に格上げされている。

By Scott Burton
(1ポンド=約150円)

[Racing Post 2013年3月6日「Poulains tops list of Group 1 races under threat of demotion」]


上に戻る