EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ニューヨーク州で、引退競走馬への財政支援計画が勧告される(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2012年02月20日  - No.2 - 2

ニューヨーク州で、引退競走馬への財政支援計画が勧告される(アメリカ)【開催・運営】


 ニューヨーク州引退競走馬調査特別委員会(New York State Task Force on Retired Racehorses: NYSTFRR)は、スロットマシン収入と賞金収入からのある一定の割合をニューヨーク州の競走馬の再調教および引退プログラムに拠出するよう勧告した。

 NYSTFRRは、引退競走馬の生産的用途を確かなものにし、この用途に向けられる馬の数を増やすため、州議会によって設立されたものである。また12月23日に発表された報告によれば、NYSTFRRは、引退競走馬へ私的および公的財源を活用するために現代的で革新的な方法を見つける任務も与えられている。

 産業統計を基にして、NYSTFRRはニューヨーク州のサラブレッドとスタンダードブレッドの年間減少率は39%であると見積もっている。

 NYSTFRRは、ニューヨーク州のすべての競馬場およびアケダクト競馬場のリゾートワールドカジノニューヨークシティ(Resorts World Casino New York City)にスロットマシン収入の0.5%を提供することを勧告している。NYSTFRRの報告によれば、アケダクト競馬場のスロットマシンの2010年の収入と今後の推測を基にすれば、この割合によって年間310万ドル(約2億4,800万円)が創出される。

 さらに、NYSTFRRは声明においてすべての競馬場とホースマンに、収得賞金の0.5%の提供を要求した。これにより、2010年の賞金レベルを基にすれば110万ドル(約8,800万円)の資金が創出される。他の財源も入れれば合計で年間500万ドル(約4億円)以上がもたらされる。

 報告書には次のように記されている。「NYSTFRRは、賭事客や納税者ではなくニューヨーク州の競馬産業と競馬関係者が、引退競走馬のアフターケアについて一番責任を持たなければならないという意識を持っています。馬主、生産者、競馬場および調教師をはじめとする競馬産業の利害関係者は、競走馬への質の高いアフターケアを確かにする財政的課題に取り組まなければなりません」。

 その点で、NYSTFRRは馬主が過渡的な再調教を支援するために少なくとも所有馬の引退後の6ヵ月間は月に400ドル(約3万2,000円)を支払う準備をしなければならないと示唆した。その目的は、引退し救援センターに入れられる馬の数を減らすことにある。

 NYSTFRRは、ニューヨーク州競馬賭事委員会(New York State Racing and Wagering Board: NYSRWB)が設けた資格条件として、また競走馬の引退後の生活に責任を持つ意識を高めるためのマーケティングと教育を組み合わせた取組みとして、馬主と調教師の義務を詳細化したインターネット上の研修講座も推奨した。

 競馬ファンは引退競走馬の課題に喜んで貢献することが見込まれるので、競馬場運営者は、地域社会の参加を促す努力と併せて、競走馬が競馬場を去った後にどこに行くのかについて参加者を教育するマーケティング戦略を創り出す必要があるとNYSTFRRのメンバーは語った。ニューヨーク競馬ファン諮問委員会(New York Racing Fan Advisory Council)はこの取組みを支援する可能性があると報告書は記している。

 引退競走馬基金(Retired Racehorse Fund)が全ての財政支援を監督するだろう。引退競走馬基金は、NYRA(ニューヨーク州競馬委員会)、フィンガーレイクス・ゲーミング&競馬場(Finger Lakes Gaming & Racetrack)、州内の繋駕競馬場、ニューヨークホースメン協会(New York Thoroughbred Horsemen’s Association)、フィンガーレイクスホースメン協会(Finger Lake Horsemen’s Association)、ニューヨークスタンダードブレッド馬主協会(Standardbred Owners Association of New York)、ニューヨークサラブレッド生産者協会(New York Thoroughbred Breeders)、ニューヨーク州繋駕競走馬生産者協会(Harness Horse Breeders of New York State)、騎手組合(Jockeys’ Guild)、繋駕競走の騎手または調教師、そして馬専門の獣医師の代表者からなる13名の諮問委員会である。なお、NYSRWBの会長とニューヨーク州の農業・市場省(New York State Department of Agriculture and Markets)の長官は、引退競走馬基金の職権上のメンバーである。

報告書の完全版は以下で閲覧可能。
http://www.racing.state.ny.us/TFRR_ReportAndAppendicesFinal.pdf

By Tom LaMarra
(1ドル=約80円)

[bloodhorse.com 2011年12月25日「NY Panel Issues Plan for Retired Racehorses」]


上に戻る