EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > アーリントンパーク競馬場、2012年から夜間競馬開催を計画(アメリカ)【開催・運営】
海外競馬情報
2011年09月22日  - No.18 - 1

アーリントンパーク競馬場、2012年から夜間競馬開催を計画(アメリカ)【開催・運営】


 チャーチルダウンズ競馬場で夜間開催を行った親会社チャーチルダウンズ社(Churchill Downs Inc.:CDI)の戦略に倣い、アーリントンパーク競馬場は、イリノイ州競馬委員会(Illinois Racing Board: IRB)に申請した2012年競馬開催日程に3日間の夜間開催を盛り込んだ。

 IRBが9月27日に開催される“イリノイ州サラブレッド競走および繋駕競走の開催日程”に関する聴聞会においてこの要請を認めれば、仮設照明を設置し、6月〜8月の金曜日、土曜日、日曜日のいずれかに夜間競馬を開催するだろう、とアーリントンパーク競馬場のリチャード・L・ダチョソワ(Richard L. Duchossois)会長は語った。同競馬場は、2012年の競馬開催期間を4月30日〜9月30日とすることを要求している。

 アーリントン競馬場では以前、オーナーであったマージ・エヴェレット(Marje Everett)氏が1969年に照明を設置し実験的な夜間開催を実施したことがあった。その当時の同競馬場での初めての夜間開催は、9月6日の総賞金36万6,075ドル(約3,295万円)のアーリントン-ワシントンフューチュリティSであった。そのレースは発走時刻が午後11時27分であり、サイレントスクリーン(Silent Screen)が優勝した。

 現在ではもう存在しないが、そのころアーリントン競馬場と競合していた繋駕競走のスポーツマンズパーク競馬場はこの夜間開催に激しく抗議した。しかしそれ以降、場外のサイマルキャスト発売や会員制賭事(advance-deposit wagering: ADW)により、パリミューチュエル賭事の市場は完全に様変わりした。

 ダチョソワ会長は、「米国の賭事の約90%は、競馬場ではなくADWやサイマルキャスト賭事を通じて行われています。私たちの市場は米国全体となりました。私たちは視聴者が望んでいる時に、彼らが望むショーをテレビに盛り込まなければなりません。一流の馬を出走させるのが私たちの義務です」と語った。

 そして次のように続けた。「もし私が世界で一番豪華な劇場を建てて二流の演目を催したら、誰も来ようとは思わないでしょう。しかし、二流の劇場で大ヒットする演目を催せば誰もが来たいと思うでしょう。演目に対してお金を支出しないかぎり、最高の演目は得られません。そして競馬のレースにお金を支出する方法は、賞金を増加させるためにパリミューチュエル賭事で馬券を売ることなのです」。

 アーリントンパーク競馬場と同様にCDIに所有されているチャーチルダウンズ競馬場は、2009年から限定の夜間開催を実施している。同競馬場は今年、春開催の間に4日間の夜間競馬を施行し、秋にも夜間競馬を1日だけ施行する予定である。夜間開催という新しいアイデアは成功していると言える。

 夜間競馬開催は昔から繋駕競走の専門領域であったが、ルイビルではシカゴとは違い繋駕競走は施行されていなかった。

 イリノイ州の競馬法は競馬場に対して、35マイル(約56 km)以内で同時に競馬番組を開催することを禁止しており、アーリントン競馬場が計画している金曜の夜間開催は繋駕競走を施行するメイウッドパーク競馬場との軋轢を生じさせるかもしれない。メイウッド競馬場の姉妹競馬場であるバルモラル競馬場はシカゴ地域で土日の夜に開催しているが、アーリントン競馬場からは60マイル(約97 km)以上離れている。

 バルモラル競馬場のジョン・ジョンストン(John Johnston)理事長は、バルモラル競馬場もメイウッド競馬場もアーリントン競馬場が夜間競馬を施行することに反対しないと語った。

 同理事長は、「チャーチルダウンズ競馬場のあるルイビルとここは同じではないと思いますが、アーリントン競馬場で夜間開催を一度やってみる価値はあります。私たちもそれに順応する方法を考え出すよう努めます」と語った。

 また、アーリントン競馬場は1月1日〜4月29日にサイマルキャスト賭事を主催できるようIRBに要求している。これまで、アーリントン競馬場が競馬を開催しない1月とホーソン競馬場が主に週末にしか競馬を施行しない2月には、アーリントン競馬場はホーソン競馬場とサイマルキャスト賭事収入を分け合っていた。

 なおホーソン競馬場は2012年の開催日程の要求において、2月には金曜日と土曜日に開催を行い、3月には週4日開催を行い、4月および10月1日〜12月31日には週5日開催を行うことを要求している。

 

2009年からのチャーチルダウンズ競馬場夜間開催の入場者数
2009年 2010年 2011年
6月19日 2万8,011人 6月11日 2万5,012人 4月30日 3万8,142人
6月26日 2万7,623人 6月18日 2万4,645人 6月17日 2万3,332人
7月2日 3万3,481人 6月25日 2万6,330人 6月24日 2万5,523人
    7月2日 3万   92人 7月  1日 2万7,787人
    11月9日 1万5,583人    
夜間開催の1日当たりの平均入場者数は2万7,130人
※同時期の昼間開催の平均は7,100人
※印の平均には2011年の春開催の最後の3日は含まれていない。
出典:チャーチルダウンズ社年間報告書

 

By Neil Milbert
(1ドル=約90円)

[Thoroughbred Times 2011年8月13日「Arlington Park bids for night racing」]


上に戻る