EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬情報 > ゴールデンゲート、タペタ馬場により予後不良事故が減少(アメリカ)【その他】
海外競馬情報
2008年03月07日  - No.5 - 5

ゴールデンゲート、タペタ馬場により予後不良事故が減少(アメリカ)【その他】


 人工馬場で初めて施行されたゴールデンゲートフィールズ競馬場の開催における予後不良(命を救うことが困難な)事故率は、ここ数年のダート本馬場での開催と比べ3分の1以上減少した。

 カリフォルニア州競馬委員会(California Horse Racing Board)の理事(馬医療担当)リック・アーサー(Rick Arthur)博士がとった統計によれば、新設されたタペタ馬場で2007年11月7日から2008年2月3日までの89日間の開催における延べ出走頭数 4,002のうち、予後不良事故は10件に過ぎなかった。

 この予後不良事故の発生率0.25%は、2004年1月1日から2007年6月10日(従来のダート馬場での競走が廃止された日)までの予後不良事故の発生率0.39%と比べてかなり低い値を示している。

 アーサー博士は、タペタ馬場での初開催で発生した10件の予後不良事故のうち5件は、12月29日〜1月6日の8日間に集中していたと指摘した。

 アーサー博士は2月2日付けのEメールで、「馬場管理手順はその後変更され、最近の19日間では延べ出走頭数1,238のうち予後不良事故の発生は1件でした。私が話をした調教師たちは、馬場管理手順変更後、特に雨天続きの1月には、この馬場に満足していました。まだ延べ出走頭数が少なすぎるので、結論を出すには時期尚早です。現在大半の人工馬場において、予後不良事故の発生については、明るいニュースとそうでないニュースが混在しています」と述べている。

By Jeff Lowe

[thoroughbredtimes.com 2008年2月13日「Racing fatalities down in Golden Gate’s first meet over Tapeta」]


上に戻る