EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ウィンクス、史上初のコックスプレート4連覇達成(オーストラリア)[その他]
海外競馬ニュース
2018年11月01日  - No.42 - 1

ウィンクス、史上初のコックスプレート4連覇達成(オーストラリア)[その他]


 これは史上初の快挙であるが、その達成に疑いはもたれていなかった。

 ウィンクスは前例のない快挙を成し遂げてきており、コックスプレート(G14連覇もその1つだった。英国からの遠征馬ベンバトル(Benbatl)は新たな手強いライバルだったが、ウィンクスにねじ伏せられた。

 コックスプレート(1027 ムーニーバレー競馬場)において、ヒュー・ボウマン騎手はいつもより早く動いてベンバトル(サイード・ビン・スルール厩舎)に迫って行った。そして約束どおり、残り600メートルの地点でウィンクスを外側に出したとき、38,035人の観客は熱狂した。急カーブの最終コーナーで速度を上げ、他馬を引き離し始めたときには、歓声はさらに大きなものとなった。

 ロストロポヴィッチ(Rostropovich)に騎乗していたライアン・ムーア騎手とベンバトルに乗ったマーフィー騎手がゴールに向かってダッシュをかけたとき、ウィンクスはまだ余裕を持って走っていた。急な最終コーナーで4頭の外側を回ったことは大したことではなかった。彼女はハミをとって地面を貪るように走り、加速してG13勝馬ベンバトルを追い抜いた。

 ボウマン騎手は勝ちを確信するまでウィンクスを追ったが、その後手綱を緩め勝利の瞬間を噛みしめた。そして豪州最高クラスの馬齢重量戦を4回連続で制した。ボウマン騎手は、来年は今回のように簡単に2馬身差の勝利を果たすのは難しいと分かっているかのように、最後の50メートルを堪能した。

 同騎手はこう語った。「ウィンクスのことを誇りに思います。感極まっていますが、最後の直線に差し掛かった時、身体に電気が走るのを感じました。このレースを見た人々もそうであっただろうと思います」。

 「言葉を失いました。ウィンクスを見ていた人は皆、大きな喜びをもらったことでしょう。これほど連勝記録を伸ばし続けられるのは、慎重に管理されている証拠です。このウィンクスのサクセスストーリーの登場人物の1人となれてとても誇らしく思います」。

 クリス・ウォラー(Chris Waller)調教師はこう語った。「最後の直線に入るときに大外を回ったので、少し不安になりました。しかし、その後の展開は良く、それほど速いスピードにはなりませんでした。どちらかといえば、遅すぎるくらいでした。今回プレッシャーだけが唯一の心配でしたが、ウィンクスは最高のパフォーマンスを見せました。他の馬がどのように走るのか見ていましたが、彼女はゴールまで彼らを抑えつけていました」。

 ビン・スルール調教師はウィンクスについてこう語った。「彼女は最高の馬です。ウィンクスの馬主・調教師・騎手の皆様をお祝いしたいと思います。素晴らしいレースでした。一か八かで彼女に挑みましたが、ベンバトルは負かされました。馬場に適応できなかったようですが、よく走りました。ただウィンクスは特別な馬です」。

 ロストロポヴィッチに騎乗して5着に終わったムーア騎手はこう語った。「ロストロポヴィッチは良いレースをしました。多くの困難に対応しなければなりませんでしたが、一番強い馬が勝ったまでです。ウィンクスと対戦できて良かったです」。


news_2018_42_1.PNG

By Stuart Riley

Racing Post 20181027日「Winx Becomes First Horse to Win Cox Plate Four Times」]


上に戻る