EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > エーシンフォワード、生まれ故郷のニューヨーク州で供用(アメリカ・日本)[生産]
海外競馬ニュース
2018年01月25日  - No.3 - 4

エーシンフォワード、生まれ故郷のニューヨーク州で供用(アメリカ・日本)[生産]


 エーシンフォワード(13歳)は日本の芝レースで活躍し、ニューヨーク州産馬として歴代で2番目に高い賞金を獲得した。2012年から北海道のレックススタッドで供用されていたが、2018年2月、生まれ故郷エディションファーム(Edition Farm)が所有するロックリッジスタッド(Rockridge Stud ニューヨーク州ハドソンの近く)に移ることになった。種付料はプライベート価格。

 エーシンフォワード(父フォレストワイルドキャット、母ウェイクアップキス、母父キュアザブルース)はエディションファームのオーナーのヴィヴィアン・マロイ(Vivien Malloy)氏により生産された。2006年ファシグティプトン社NY州産馬1歳セールにおいて12万5,000ドル(約1,375万円)で落札された。その翌年3月にはファシグティプトン社フロリダセールに上場され、そこで平井宏承氏により29万ドル(約3,190万円)で購買された。エーシンフォワードは栄進堂に所有され、5年間の現役生活を送った。

 2010年に阪急杯(G3)を制したエーシンフォワードは、その後マイルチャンピオンシップ(G1)も制し、その勝利は競走馬としてのキャリアを決定づけた。5年間の獲得賞金は2億9,739万円 (中央) /168万円 (地方)となった。

 マロイ氏はこう語った。「エーシンフォワードが帰ってくることを嬉しく思います。エディションファームが生産した最高の馬で、国際G1競走で活躍しました。ニューヨーク州の生産者は、ストームキャットのサイアーラインにアクセスできるようになります。また、彼の近親にはファピアノがいます。私たちも数頭の優良繁殖牝馬を送るつもりです」。

By Sarah Mace

(1ドル=約110円)

[bloodhorse.com 2018年1月23日「A Shin Forward to Stand in New York」]


上に戻る