EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 1987年凱旋門賞馬トランポリーノ、34歳で死亡(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2018年03月29日  - No.12 - 1

1987年凱旋門賞馬トランポリーノ、34歳で死亡(フランス)[その他]


 ダンシングブレーヴが打ち立てたレースレコードを1秒以上縮める猛烈なパフォーマンスで1987年凱旋門賞(G1)を制したトランポリーノ(Trempolino)は、老衰のため34歳で死んだ。これをうけ、アンドレ・ファーブル調教師は同馬に哀悼の意を表した。

 凱旋門賞を通算7回制しているファーブル調教師は3月20日、こう語った。「トランポリーノは本当に愛らしい馬でした。私にとって、初めて手掛けた凱旋門賞馬です。彼が死んで悲しいですが、長生きしたことを嬉しく思います」。

 「トランポリーノはその加速力を大きな強みとし、速い馬場を得意としていました。もちろん、鞍上が才能豊かなパット・エデリー騎手だったことも良い結果につながりました。トランポリーノもパット・エデリー(2015年に死去)もいなくなって寂しくなります」。

 トランポリーノは、1987年仏ダービー(G1 ジョッケークリュブ賞)でナトルーン(Natroun)に頭差の2着となった。その後、ニエル賞(G2)を制したものの凱旋門賞では単勝21倍と評価が低く、その優勝は驚きをもって受け止められた。1番人気は英ダービー(G1)、キングジョージ6世&クイーンエリザベスS(G1)、英セントレジャー(G1)を制したリファレンスポイント(Reference Point)だった。

 この年の凱旋門賞は、1949年の賞金増額以来の最少頭数11頭で競われたが、強豪が揃っていた。優良牝馬のトリプティク(Triptych 1987年ジャパンカップ4着)、プリンスオブウェールズS(当時G2)とエクリプスS(G1)を制したムトト(Mtoto)、翌年凱旋門賞を優勝することになるトニービン(Tony Bin)などがいた。

 エデリー騎手は凱旋門賞を1985年にレインボークエスト、1986年にダンシングブレーヴで制していたので、トランポリーノで3連勝したことになる。それでも1987年の凱旋門賞は、10月のロンシャンにしては珍しく速い馬場で争われ、リファレンスポイントが速いペースでレースを展開していたのでかなりの忍耐力を要した。派手な栗毛の馬体のトランポリーノはポール・ド・ムサック(Paul de Moussac)氏の勝負服(黄色地に黒輪)を背に、後ろから2番目を走っていた。

 しかし、トランポリーノは残り2ハロンで冷静に馬群の中に食い込み、見事なダッシュでトニービンをとらえて2馬身の差をつけて決勝線を駆け抜けた。トリプティクはさらに3馬身後ろの3着、ムトトは4着、リファレンスポイントは8着までだった。

 ファーブル調教師はこう回想した。「速いペースに助けられました。少頭数で抜け出しやすかったこともありますが、それにしても抜群のパフォーマンスでした。その後、ブリーダーズカップでも素晴らしい競走をしました」。

 その年にハリウッドパーク競馬場で施行されたBCターフ(G1)は、トランポリーノの現役最後のレースとなった。最後の直線で、トランポリーノは北米最優秀芝牡馬シアトリカル(Theatrical)と記憶に残る競り合いを演じたが、相手を撃退できず½馬身差で2着になった。シアトリカルは序盤に勢いがつかなかったが、後半にわずかにハナに立つとそのまま勝利を目指して押し切った。

 トランポリーノは種牡馬として、クイーンアンS(G1)とイスパーン賞(G1)を制したヴァリクシール(Valixir ファーブル厩舎)を送り出したことで有名である。また、現役時代にバーデン大賞(G1)を制し、引退後はフォーヒーン(Faugheen)やサムクロ(Samcro)などの産駒を送り出したジャーマニー(Germany)もトランポリーノ産駒である。

 ちょうど同じ週、往年のフランスG1馬ポリグロット(Poliglote)の死も発表された。同馬はクリケット・ヘッド-マアレク(Criquette Head-Maarek)調教師に管理され、その兄フレディ・ヘッド(Freddy Head)騎手が主戦を務めた。1994年クリテリウムドサンクルー(G1)を制し、その翌年の仏ダービー(G1 ジョッケークリュブ賞)でケルティックスウィング(Celtic Swing)に僅差の2着となった。

 ポリグロットは障害・平地で優秀な産駒を出す種牡馬となり、2012年凱旋門賞優勝牝馬ソレミアと才能豊かな障害馬のドンポリ(Don Poli)、トップノッチ(Top Notch)、ポリトログ(Politologue)を送り出した。

(関連記事)海外競馬情報 2015年No.11「偉大な騎手パット・エデリー氏、63歳で死去(イギリス)

By Graham Dench

[Racing Post 2018年3月20日「Andre Fabre pays tribute to Trempolino after Arc hero dies at 34」]


上に戻る