EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > マリンズ調教師、接戦の末に11回目の障害リーディングタイトル獲得(アイルランド)[その他]
海外競馬ニュース
2017年05月11日  - No.18 - 4

マリンズ調教師、接戦の末に11回目の障害リーディングタイトル獲得(アイルランド)[その他]


 ウィリー・マリンズ(Willie Mullins)調教師がリーディングタイトルを獲得することを、全く疑っていなかったと言えば嘘になる。実際はシーズン最後のパンチェスタウンフェスティバル(4月25日~29日)の開幕時には非常に疑わしかった。しかし、マリンズ調教師は、ゴードン・エリオット(Gordon Elliott)調教師との凄まじい競り合いの末、獲得賞金額がわずかに20万ユーロ(約2,500万円)上回ってタイトル防衛に成功し、リーディングトレーナーの座を正式に射止めた。

 バポーム(Bapaume)が4歳ハードルのG1レースを制した後、マリンズ調教師はやっと深呼吸することができた。10年連続でリーディングタイトルを獲得したのだ。

 同調教師はこう語った。「タイトルを守れたことに満足しています。週前半はかなりの接戦でしたが、金曜日(4月28日)にウィックロウブレーヴ(Wicklow Brave)とバカーディーズ(Bacardys)がG1を制した時にすべてが良い方向に進みました」。

 「ゴードンはシーズン中ずっと優秀な成績を収め、すべてにおいて紳士でした。彼は素晴らしいライバルで、毎年調子を上げていますので、私たちはこれからも戦うことになるでしょう」。

 「私たちにとって楽しいシーズンでした。すべてを楽しんだとは言えませんが、最終的にはそう言える心境に至りました」。

 週の始めには獲得賞金額でマリンズ調教師を40万ユーロ(約5,000万円)上回っていたエリオット調教師は、こう語った。「金曜日にここを去る時には、リーディングタイトルを手にする可能性がなくなったことを悟り、悲嘆に暮れていました。しかし、本当に素晴らしいシーズンを過ごしました。今日(4月29日)、アップルズジェイド(Apple's Jade)が牝馬ハードルのG1レースを制したことは格別なことでした」。

 「ウィリーは伝説的なトレーナーですが、来シーズンは私たちがリーディングの首位に立ちたいと思います。来シーズンは月曜日(5月1日)のダウンロイヤル競馬場から始める予定です」。

 エリオット調教師はアップルズジェイドで193勝目を挙げ、この勝利数は2012-13年シーズンにマリンズ調教師が打ち立てた記録に並ぶ。

news_2017_18_01.png


 マリンズ調教師の息子であるパトリック・マリンズ(Patrick Mullins)騎手は金曜日に3勝し、今日はさらに1勝を挙げた。同騎手はアマチュア騎手のタイトル争いをしていたが、父とは違い、41勝を果たしたジェイミー・コッド(Jamie Codd)騎手に1勝の差でこのタイトルを奪われた。

 コッド騎手はこう語った。「このタイトルを獲得することがシーズンを通じての目標でした。パトリックはかなり迫っていましたが、やっとのことで勝ち取ることができたので素晴らしい気分です」。

 12回目のリーディングジョッキーのタイトルを獲得したルビー・ウォルシュ(Ruby Walsh)騎手は131勝を挙げ、2007-08年シーズンの自己最多勝記録に並んだ。

 ウォルシュ騎手はこう語った。「再びリーディングタイトルを手にできたことは素晴らしいことですが、浮き沈みの激しいシーズンでした。多くの勝利を挙げましたが、今週の数回を含む多くのミスがありました。いずれにしろ、シーズンを無事に終えることが大切で、今後も私たちは頑張り続けます」。

 レイチェル・ブラックモア(Rachael Blackmore)騎手(27歳)は32勝を挙げ、条件付騎手のタイトルを獲得した女性初の騎手となった。

 同騎手はこう語った。「このようなタイトルを獲得できるとは思っていませんでした。私にプロの騎手を目指すように説得したシャーク・ハンロン(Shark Hanlon)調教師や、エージェントのギャリー・クリビン(Garry Cribbin)氏をはじめ、多くの人々に感謝します」。

 残念なことに、ブラックモア騎手は、今シーズン最後の競走となるバリーモアハンデキャップハードルでピックスー(Pique Sous)に騎乗したが、落馬して脳震盪を起こした。

 妊娠のために今シーズンは9月までしか騎乗しなかったニナ・カーベリー(Nina Carberry)騎手は、リーディング女性アマチュア騎手に輝いた。また、ギッジンスタウンハウススタッド(Gigginstown House Stud)が5回目(3年連続)のリーディングオーナーのタイトルを獲得した。

By Tony O'Hehir

(1ユーロ=約125円)

[Racing Post 2017年4月29日「Mullins champion for 11th time after epic duel with Elliott」]


上に戻る