EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 八百長に関与したイーガン騎手に12年間の騎乗停止処分(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2016年02月25日  - No.8 - 3

八百長に関与したイーガン騎手に12年間の騎乗停止処分(イギリス)[その他]


 ダレン・イーガン(Darren Egan)騎手は、"負ける方への賭け"に関与する八百長事件を起こした。BHA(英国競馬統轄機構)は2月8日、これを"競馬界に大きな衝撃を与える事件"として、元見習騎手に12年間の騎乗停止処分を科した。

 イーガン騎手は昨年11月、ギャンブラーのフィリップ・ラングフォード(Philip Langford)氏と共謀して不正を行ったと裁決された。2013年7月にラングフォード氏が負ける方に賭けた2頭の馬を減速させたと判断されたのだ。ラングフォード氏はこれにより5万ポンド(約800万円)以上を手に入れた。

 かつては輝かしい将来が約束されていたイーガン騎手は、BHAに対して「どうしてもお金が必要だった」というEメールを送信しただけで、不正への関与について一切言い訳をしなかった。

 BHA懲戒委員会は罰則を言い渡す際に、イーガン騎手とラングフォード氏はこの不正から多額の利益を得た形跡を隠ぺいしようとしたと述べた。

 懲戒委員会は不正を証明する報告書にこう記している。「この不正は、(1) 競馬界に大きな衝撃を与えた。(2) 両者によって徹底的に隠ぺいされた。(3) 両者に多額の不正利益をもたらした。(4) イーガン騎手はラングフォード氏の負ける方への賭けを的中させるために2度にわたり騎乗馬を減速させた」。

 イーガン騎手は、2013年7月12日にインペリアルスピリット(Imperial Spirit)、その4日後にトレゲレス(Tregereth)に騎乗し、これらの馬の能力を十分に発揮させなかったと判定された。ラングフォード氏のベットフェア社(Betfair)のアカウントは、トレゲレスが出走した翌日に停止された。そして、ベットフェア社とベットダック社(Betdaq)のエクスチェンジ賭事において、同氏がイーガン騎手の騎乗馬が負ける方に83万8,870ポンド(約1億3,422万円)を賭けて、5万3,560ポンド(約857万円)の利益を得たことが明らかになった。

 ラングフォード氏がベットフェア社のアカウントで行った"負ける方の賭け"の大口の11ベットは、イーガン騎手の騎乗馬への賭けだった。また、同氏が従業員名義のアカウントを使って行った20ベットのうち14ベットも、イーガン騎手の騎乗馬に賭けられていた。

 イーガン騎手は2013年、この件に関して最初の聴取を受けたとき、「ラングフォード氏のことは知らないし連絡を取ったこともない」と答えた。この2ヵ月後に聴取を受けたラングフォード氏も同じように主張した。

 しかしその1年後、捜査官の「ラングフォード氏を知っていたか?同氏から金を受け取ったのか?」という質問に、イーガン騎手が回答を拒否したことで、同騎手への疑惑が再浮上した。

 その後すぐに、捜査官は賭事委員会(Gambling Commission)から携帯電話の通話記録を入手した。その通話記録は、ラングフォード氏がイーガン騎手の騎乗馬に"負ける方の賭け"を集中させていた時期に、両者が連絡を取り合っていたことを示していた。

 またラングフォード氏が、当時イーガン騎手のガールフレンドであったローラ・パイク(Laura Pike)騎手の騎乗馬の多くにも"負ける方の賭け"を行っていたことも判明している。イーガン騎手が同じ携帯電話を使って、パイク騎手の騎乗についての内部情報をラングフォード氏に伝えたと思われる。なお、パイク騎手には嫌疑は掛けられていない。

 イーガン騎手は、ニューマーケットに住んでいるときにマーク・ホブソン(Mark Hobson)という名のビジネスマンに会ったことを最終的に認めた。ホブソン氏はイーガン騎手に5,000ポンド(約80万円)の資金援助をすることに関心を持っていた。

 イーガン騎手はその後1,000ポンド(約16万円)が入った封筒と携帯電話を受け取ったが、それを受け取れば競馬施行規程に違反することは認識していた。

 審問の日(2015年11月23日)の朝、イーガン騎手はBHA宛てのEメールに、「どうしてもお金が必要で、封筒と携帯電話を受け取ってしまいました」と記した。

 そして、次のように続けた。「内部情報についてはほとんど話しませんでした。ホブソン氏とラングフォード氏はグルになって私を利用しようとしていました」。

 イーガン騎手は、騎乗馬を減速させたことや、自身やパイク騎手の騎乗に関する内部情報をラングフォード氏やホブソン氏に流したことを否定した。しかし、懲戒委員会は12年間の騎乗停止処分を軽減する要素はないとし、その後の申立てを却下した。

 2月8日、八百長の扇動者とされたラングフォード氏は競馬界から永久追放された。少なくとも15年間は、この処分の解除を求めることはできない。

 英国で最も将来を嘱望されていた見習騎手の1人であったイーガン騎手は、2012年に47勝を挙げたが、鎖骨骨折のためにリーディング見習騎手のタイトルを逃していた。

By Mark Scully
(1ポンド=約160円)

[Racing Post 2016年2月9日「'A conspiracy that struck at the heart of our sport'」]


上に戻る