EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 香港ジョッキークラブ、国際競走を大幅増加(香港)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2016年02月18日  - No.7 - 2

香港ジョッキークラブ、国際競走を大幅増加(香港)[開催・運営]


 香港ジョッキークラブ(Hong Kong Jockey Club: HKJC)は、現在は出走条件を香港調教馬に限定している競走のうち17レースを2016-17年シーズンから国際競走とする。

 2015-16年シーズンにおいて、香港では14レース(G1・11レース、G2・3レース)が国際競走として施行されている。これらの競走の出走条件は馬の出生地・調教拠点・馬主などを不問としなければならない。

 「新しい国際競走17レースのうち14レースは、今回の変更をうけて出走馬のレーティングを限定する措置を解除することになる」とHKJCは述べた。2016-17年シーズンには国際競走は計31レースとなる。

 HKJCの競馬ビジネス・運営担当理事のアンソニー・ケリー(Anthony Kelly)氏は、次のように語った。「アジア競馬会議(Asian Racing Conference ムンバイで開催)で会合を行ったアジア・パターン競走委員会(Asian Pattern Committee)は、HKJCの国際競走を増加させる決定に満足していました。香港競馬のグローバル化の大きな一歩と見ています」。

 そして次のように続けた。「この措置は、近年HKJCが定めた方向性に沿った進歩であり、一貫性のある進展です。"ロンジンワールドベストレースホースランキング"に多くの香港馬が入り、"世界のトップ100・G1レース"に多くの香港の競走が入ったことは、香港競馬の成長を示すまさに2つの兆候です」。

 なお、香港クラシックマイル・香港クラシックカップ・香港ダービーは、引き続き香港馬に限定される。

 ケリー氏は次のように付言した。「今回の変更が、香港馬・外国馬の両方の関係者に長期計画的な利益をもたらすように、私たちは慎重に考えました。この変更に関連して、今後数ヵ月のうちに着手しなければならない仕事がまだあります。それに、いくつかの調整も終わっていません」。


2016-17年シーズンから国際競走となるレース

センテナリースプリントカップ(HK G1)
オリエンタルウォッチシャティントロフィー(HK G2)*
プレミアボウル(HK G2)*
チェアマンズトロフィー(HK G2)
スプリントカップ(HK G2)
ナショナルデーカップ(HK G3)*
セレブレーションカップ(HK G3)*
ササレディーズパース(HK G3)*
チャイニーズクラブチャレンジカップ(HK G3)*
ジャニュアリーカップ(HK G3)*
センテナリーヴァーズ(HK G3)*
プレミアプレート(HK G3)*
バウヒニアスプリントトロフィー(HK G3)*
クイーンマザーメモリアルカップ(HK G3)*
シャティンヴァーズ(HK G3)*
ライオンロックトロフィー(HK G3)*
プリンスジュエリー&ウォッチプレミアカップ(HK G3)*
*:これまで出走馬のレーティングを限定してきたレース。

By Blood-Horse Staff

[bloodhorse.com 2016年1月28日「Hong Kong Expands Number of Open Races」]


上に戻る