EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 優良牝馬アンタパブル、フランケルとの交配のため英国で繋養(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2016年12月02日  - No.48 - 2

優良牝馬アンタパブル、フランケルとの交配のため英国で繋養(アメリカ)[生産]


 2014年最優秀3歳牝馬で2014年にBCディスタフ(G1)を制したアンタパブル(Untapable 鹿毛 父タピット)は、今年6月に現役を引退した。その最初の交配相手は、2011年欧州年度代表馬で無敗のフランケル(Frankel)となるだろうと、馬主であるウィンチェルサラブレッズ社(Winchell Thoroughbreds)のマネージャーのデヴィッド・フィスク(David Fiske)氏は述べた。

 11月25日に同社所有のガンランナー(Gun Runner)がクラークH(G1)を制した際に、フィスク氏は、アンタパブルが今後ニューマーケットのナショナルスタッド(National Stud)で繋養され、2シーズンを欧州で過ごす計画を明らかにした。

 フィスク氏はこう語った。「アロゲート(Arrogate)が欧州で供用されるようなことが起こらないかぎり、アンタパブルの相手は2年ともフランケルになると思います。馬主のロン・ウィンチェル(Ron Winchell)氏は"産駒は芝向きの馬になってしまうのではないか"と心配していて、私たちはそれをあまり望んでいません。しかし、上手くいけば貴重な馬が生まれてきて、好ましい結果となるでしょう。芝向きの馬が生まれてくるかどうかは誰にも分かりません。フランケル産駒がダートでも多くのチャンスに恵まれるとは思っていません。北米にはそのような血統の馬は多いのですが、フランケルがどのような産駒を出すかは誰にも分かりません」。

 2014年最優秀繁殖牝馬ファンハウス(Fun House)を母とするアンタパブルは、2014年にケンタッキーオークス(G1)、マザーグースS(G1)、BCディスタフなどを制して7戦6勝を果たし、エクリプス賞の最優秀3歳牝馬に選出された。5歳となったアンタパブルは、通算成績20戦9勝、獲得賞金額392万6,625ドル(約4億3,193万円)で引退した。

By Alicia Wincze-Hughes

(1ドル=約110円)

[bloodhorse.com 2016年11月25日「Champion Untapable to be bred to Frankel」]


上に戻る