EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > レミントンパーク競馬場、2016年から馬体重を発表(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2016年01月07日  - No.1 - 3

レミントンパーク競馬場、2016年から馬体重を発表(アメリカ)[開催・運営]


 レミントンパーク競馬場の2016年夏秋開催では、レース前に出走馬が体重測定器の上で一時停止するという手順が加えられる。得られた馬体重情報は、発走前に観衆に提供される。

 レミントンパーク競馬場(オクラホマシティ)は、25年前に初めて馬体重情報を観衆に提供したことがある。同競馬場の理事長であるスコット・ウェルズ(Wells)氏は、この競馬場に再び体重測定器を持込むつもりである。そして今回は、この慣習がレミントンパーク競馬場で定着するだけではなく、米国中に広まることを望んでいる。

 ウェルズ氏は、「馬体重は収集しやすい情報であり、競馬予想家たちにとって追加的な予想手段となり、新規ファンには興味深い情報となるでしょう」と語った。

 そして、「これは競馬の透明性にとって重要なことであり、大切な予想ファクターでもあります。そして競馬初心者も親しみを感じる情報です」と付言した。

 この計画により、競馬場の受け入れ厩舎で馬は一斉に体重を測定される。測定器の上には地面と同じレベルまで土がかぶされているので、馬は測定器の上に乗っていることを実感しない。

 馬体重はレース前に受け入れ厩舎で記録されてから、場内のテレビクルーに伝えられ、馬場入場時のパレードのときと、サイマルキャスト映像で発表される。またウェルズ氏は、以前レミントン競馬場で記録された馬体重情報も提供するようにエクイベース社(Equibase)とともに取り組んでいる。

 ウェルズ氏は、グレーハウンドレースでは体重が記録されていると指摘した。そして、アジアや南米のサラブレッド競馬でも記録されており、競馬予想家たちはこのような情報が入手可能となることを期待していると語った。

 ウェルズ氏は、馬体重情報を提供する海外の競馬場で、「もし馬体重情報を公開しなければ、暴動が起きるでしょう」と述べた。そして多くの競馬予想家は、馬体重情報を勝馬予想のために活用しているというより、最高の状態ではない馬を消去する場合に用いていると付言した。

 米国と海外の競馬場で働いたことのある元調教師のウェルズ氏は、馬には理想体重があり、その体重の±15ポンド(約6.8kg)を超える増減は気にかかると考えている。

 またウェルズ氏は、競馬界が新規ファンに競馬というスポーツを説明する際に、馬体重情報は興味が持たれる話題となるだろうと述べた。そして、人々が親しみを感じる基本情報であり、1990年代前半には新規ファンはこのような情報を得ることを喜んでいたと語った。

 「観衆は間違いなくこのような情報を好んでおり、ふとしたときに生じる楽しい話が大好きです。これまで馬体重を測った中で最軽量のシガーズチャンス(Chigger's Chance)という名の牝馬がいました。800ポンド(約363kg)もなかったと思います。そして、1,327ポンド(約602kg)のバイオニックプロスペクト(Bionic Prospect)というレース向きの馬がいました。馬の重さには本当に大きな違いがあります」とウェルズ氏は語った。

 そして、次のように続けた。「大半の観衆はスポーツに打ち込んだ経験があり、理想体重があることを理解しています。1990年代にレミントン競馬場が馬体重情報を発表したことは、地元ニュースと、全米放送の『スポーツイラストレイティッド(Sports Illustrated)』で取上げられました」。

 「マーケティング部門は、このような物語が大好きです。また、誰もが自身の体重のことを思い、体重調整はスポーツにおける資質の1つであると理解します。大半の人間のスポーツ選手は、身長や体重を記録しています」。

 そして次のように続けた。「1990年代にはこの手順について難色を示したホースマンもいましたが、馬が体重測定されていることに気づいていないのを見て、そのアイデアをすぐに受け入れました」。

 「そのうち、競馬場内の食堂で、ホースマンたちが彼らの馬がどれぐらいの体重であるかについて話すようになりました」。

 ウェルズ氏は、馬体重情報は競走当日の薬物投与など、競馬の重要な問題に関する科学的研究で用いられることもあるだろうと語った。そして、レミントン競馬場の以前の馬体重測定をもとに、サリックス(フロセミド、 商品名ラシックス)を投与し始めた馬は大体の場合、体重が20〜25ポンド(9〜11kg)減ることを指摘した。

 ウェルズ氏はロンスターパーク競馬場の理事長も務めているが、同競馬場でも馬体重発表の手順を追加する計画である。そして、他の競馬場もこのアイデアを採用し、最終的に馬体重情報が過去成績を検討する基準となることを望んでいる。

By Frank Angst

[bloodhorse.com 2015年12月18日「Remington Park Plans to Report Horse Weights」]


上に戻る