EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 一流種牡馬スキャットダディ、11歳で急死(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2015年12月17日  - No.50 - 1

一流種牡馬スキャットダディ、11歳で急死(アメリカ)[生産]


 現役時代にG1を数回制し、種牡馬として69頭のステークス勝馬を出したスキャットダディは12月14日、アシュフォードスタッド(Ashford Stud ケンタッキー州ヴァーサイルス近郊)で死亡した。同スタッドのマネージャーであるダーモット・ライアン(Dermot Ryan)氏は、ツイッターでスキャットダディの死を以下のように伝えた。


スキャットダディの死:

 「スキャットダディの健康状態は良好でしたが、全く思いがけないことに、囲い放牧場から出た時に倒れて死亡しました。種牡馬として有望なキャリアが約束された素晴らしい馬でしたので、アシュフォードスタッドにいる誰もが動揺しています」。

アシュフォードスタッド ダーモット・ライアン


 スキャットダディ(父ヨハネスブルグ 母ラブスタイル 母父ミスタープロスペクター)はケンタッキー州でアクセル・ウェンド(Axel Wend)氏により生産され、1歳の時に25万ドル(約3,000万円)で購買された。当初はジェームズ・スキャットゥオーシオ(James Scatuorchio)氏に所有されたが、その後、スキャットゥオーシオ氏、マイケル・テイバー(Michael Tabor)氏、デリック・スミス(Derrick Smith)氏が共同所有した。

 トッド・プレッチャー(Todd Pletcher)調教師が管理したスキャットダディは、2歳時にサンフォードS(G2・サラトガ競馬場)とシャンペインS(G1・ベルモントパーク競馬場)を制した。三冠競走に向けて最高の状態であり、ホーリーブルS(G3)で3着となり、ファウンテンオブユースS(G2)とフロリダダービー(G1)で優勝した。そして、最後の出走となったケンタッキーダービー(G1)では18着に終わった。

 スキャットダディはケンタッキーダービーの最中に発症した軽度の腱損傷のため、3歳シーズンの6月に引退した。通算成績は9戦5勝、獲得賞金は133万4,300ドル(約1億6,012万円)であった。

 スキャットダディは種牡馬として良いスタートを切り、2011年に産駒が150万ドル(約1億8,000万円)以上を獲得し、リーディングフレッシュマンサイアーとなり、総合2歳サイアーランキングでキトゥンズジョイ(Kitten's Joy)とスマートストライク(Smart Strike)に次ぐ3位となった。

 これまで69頭のステークス勝馬を出しており、悲しいことに今年が最高の年であった。今年は36頭のステークス勝馬を出し、その中にはロイヤルアスコット開催のG2競走を制したアカプルコ(Acapulco)、北米での活躍馬エルカベイア(El Kabeir)、プリティーエンクール(Pretty N Cool)、ダシタ(Dacita)、ニックネーム(Nickname)、アザール(Azar)、アルマスティ(Almasty)がいる。南半球では、G1馬のザドリーム(The Dream)、フライヤー(Flyer)、キットキャット(Kitcat)を出した。

 産駒が950万ドル(約11億4,000万円)以上を獲得し、スキャットダディは2015年総合サイアーランキングで9位となっている。ステークス勝馬数、ステークス勝利数においては首位であり、重賞勝馬数(16頭)ではタピット(Tapit)とトップタイである。

 2歳サイアーランキングでは、同じアシュフォードスタッドで供用されているアンクルモー(Uncle Mo)に次いで2位であるが、この世代において、ステークス勝馬数(9頭)とステークス勝利数(12勝)は首位である。

 スキャットダディは2008年にアシュフォードスタッドに種牡馬入りし、初年度種付料は3万ドル(約360万円)であった。その後、不況により種付料は1万ドル(約120万円)に下がったが、2012年には1万7,500ドル(約210万円)に上がり、2013年と2014年には再び3万ドル(約360万円)となった。

 そして、2016年の種付料は10万ドル(約1,200万円)に引き上げられていた。

 スキャットダディは、2008年に豪州のクールモア牧場、2009年〜2011年にチリのパソネバド牧場(Haras Paso Nevado)で供用され、2013年-2014年にはチリのリーディングサイアーとなった。

 種牡馬となったスキャットダディ産駒は3頭いる。それはダディノーズベスト(Daddy Nose Best カリフォルニア州のBGサラブレッドファーム)、ハンサムマイク(Handsome Mike フロリダ州のプレザントエイカーズ)、ノーネイネヴァー(No Nay Never アイルランドのクールモア牧場)である。


  スキャットダディの1歳産駒の平均価格
  2010年:$52,290(約627万円)
  2011年:$44,051(約529万円)
  2012年:$77,058(約925万円)
  2013年:$80,680(約968万円)
  2014年:$119,948(約1,439万円)
  2015年:$185,748(約2,229万円)

By Evan Hammonds
(1ドル=約120円)

[bloodhorse.com 2015年12月14日「Top Sire Scat Daddy Dies at Age 11」]


上に戻る