EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 三冠達成のバファート調教師とエスピノーザ騎手が慈善団体に寄付(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2015年06月11日  - No.23 - 3

三冠達成のバファート調教師とエスピノーザ騎手が慈善団体に寄付(アメリカ)[その他]


 6月7日、ボブ・バファート(Bob Baffert)調教師とその妻ジル(Jill)さん、ビクター・エスピノーザ(Victor Espinoza)騎手は、アメリカンファラオ(American Pharoah)の三冠達成を受けて、いくつかの慈善団体に寄付をすることを発表した。

 バファート夫妻は、以下の慈善団体にそれぞれ5万ドル(約625万円)を寄付する。
・サラブレッド・アフターケア同盟(Thoroughbred Aftercare Alliance: TAA)
・カリフォルニア州引退馬支援協会(California Retirement Management Account: CARMA)
・永続的障害者騎手基金(Permanently Disabled Jockeys Fund)
・オールドフレンズ牧場(Old Friends Farm ケンタッキー州)

 エスピノーザ騎手は、ベルモントS(G1)での獲得賞金8万ドル(約1,000万円)全額を、数年来支援してきた全米で有名な癌研究・治療施設シティオブホープ(City of Hope カリフォルニア州ドゥアーテ)に寄付する。

By Blood-Horse Staff
(1ドル=約125円)

[bloodhorse.com 2015年6月7日「Bafferts, Espinoza to Donate to Charities」]


上に戻る