EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > シリュスデゼーグル、3回目のガネー賞優勝を果たす(フランス)[その他]
海外競馬ニュース
2015年05月14日  - No.19 - 3

シリュスデゼーグル、3回目のガネー賞優勝を果たす(フランス)[その他]


 シリュスデゼーグル(Cirrus Des Aigles 9歳せん馬)がロンシャン競馬場で破った好敵手の長いリストに、アルカジーム(Al Kazeem)が名を連ねることになった。アルカジームのロジャー・チャールトン(Roger Charlton)調教師は、その有力管理馬が偉大な優勝馬の2着に敗れたことを思い知らされた。

 クリストフ・スミヨン(Christophe Soumillon)騎手は、ケンタッキーダービー(G1)でのムブターヒジ(Mubtaahij)騎乗後、ガネー賞(G1・ロンシャン競馬場)で騎乗するためにフランスに帰国していた。騎乗予定であったドルニヤ(Dolniya)が、レースの2日前に出走取消になったことにより、再度シリュスデゼーグルに騎乗することになった。そして、このコンビはG1・5勝を果たしたのである。

 アルカジームはオリビエ・ペリエ(Olivier Peslier)騎手を背に、シリュスデゼーグルの2番手につけていた。しかし、シリュスデゼーグルはいつもの位置取りでゆったりと坂を下り、最後の直線で加速し、1馬身3/4差で優勝した。12月の香港カップ(G1)以来の復帰戦で、驚異的なパフォーマンスを見せた。

 コリーヌ・バランド-バルブ(Corine Barande-Barbe)調教師は、次のように語った。「ガネー賞は4戦3勝です。初挑戦のときは休養明けで敗れましたが、今回は休養明けでも優勝できました。年齢とともに、進化しているのかもしれません」。

 シリュスデゼーグルは、昨年、同レースでトレヴ(Treve)を破った後、中3週でイスパーン賞(G1)、中1週でコロネーションカップ(G1)を制している。

 今年も、これらのレースへの出走を予定している。パディパワー社(Paddy Power)は、英ダービー当日(6月6日)にエプソム競馬場で施行されるコロネーションカップでのシリュスデゼーグルの単勝オッズを、一番低い7-4(2.75倍)としている。

 バランド-バルブ調教師は、トレヴとの2回目の対戦を視野に入れているが、他の選択肢もあり得ることを認めている。

 同調教師は、次のように語った。「“シリュス”はコロネーションカップ、プリンスオブウェールズS(G1)、エクリプスS(G1)に出走登録しています。まだ優勝したことがなく是非とも優勝したいと考えているレースは、トレヴとの対決となるサンクルー大賞(G1)です。また、イスパーン賞にも出走登録しています。これらのレース名をボードに貼り、“シリュス”自身に選んでもらいたいと思います」。
 

2015年ガネー賞の結果
    単勝オッズ 着差
1着 シリュスデゼーグル 3-1(4倍)  
2着 アルカジーム 7-4(2.75倍) 1馬身3/4
3着 フェイト(Fate) 12-1(13倍) 3馬身
優勝馬関係者
馬  主 ジャン-クロード-アラン・デュプイ(Jean-Claude-Alain Dupouy)氏
調教師 コリーヌ・バランド‐バルブ氏
騎  手 クリストフ・スミヨン氏
生産者 イヴォン・ルリムザン(Yvon Lelimouzin)氏
ブノワ・デシャン(Benoit Deschamps)氏 


By Scott Burton

(関連記事)
海外競馬情報 2014年No.5「トレヴ、シリュスデゼーグルに一敗を喫す(フランス)」、
海外競馬ニュース 2015年No.9「凱旋門賞2連勝のトレヴ、今シーズンはサンクルー大賞から始動(フランス)

[Racing Post 2015年5月4日「Veteran Cirrus guts it out to beat Kazeem」]


上に戻る