EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 旧グレートリーズ競馬場での競馬再開がほぼ確定(イギリス)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2014年05月22日  - No.20 - 2

旧グレートリーズ競馬場での競馬再開がほぼ確定(イギリス)[開催・運営]


 BHA(英国競馬統轄機構)が競馬開催日程配分プロセスへの参加の承認を与えたことで、現在ではチェルムフォードシティ競馬場として知られる旧グレートリーズ競馬場の土地に競馬が戻ってくることがほぼ確実となった。またニューキャッスル競馬場は2015年に初めてオールウェザーの競馬開催を行うことになる。

 しかしBHAは、オールウェザーの競馬日程の拡大と全体的な競馬開催日数の増加を意図しているわけではないと主張した。

 BHAは2015年競馬開催日程配分プロセスの次の段階において、デロイト社(Deloitte)の調査を参考に、市場の需要、英国でオールウェザー競馬を拡大することで生じる利益や不都合となり得る点などを検討するだろう。

 最終的な2015年競馬開催日程は9月末に発表される予定である。

 BHAの競走担当理事ルース・クイン(Ruth Quinn)氏は次のように語った。「ベットフレッド社(Betfred)の創設者フレッド・ダン(Fred Done)氏率いるチェルムフォードシティ競馬場を所有する共同事業体からの申請は、2009年から閉場している同場に競走を取り戻す挑戦です。一方、ニューキャッスル競馬場のオーナーであるアリーナレーシング社(Arena Racing Company)はすべての基準を満たしました。しかし、両方の競馬場に新たに日程を配分することが、オールウェザー競馬日程の拡大と全体的な競馬開催日数の増加を意図しているわけではありません」。

 「引き続き、消費者の開催日程への需要を究明し、その需要に見合う出走頭数を検討しながら、競馬開催日程配分プロセスを進めます」。

 チェルムスフォードシティ競馬場を所有する共同事業体の1つトート・メディア社(Tote Media Limited)のフィル・シアーズ(Phil Siers)社長は、このニュースを喜び、同場が年末までに開催日を獲得できることを望んでいる。

 そして、「本当に満足しています。この結果を得るまで、大変な労力を注ぎました。私たちはただ、競馬開催日程のうち公正な配分を獲得したいと考えています」と語った。

 またシアーズ氏は、同場の全長180mのスタンドの建設業者を大急ぎで決定し、その工事は11月末に完成する予定であると語った。そして、「その時点で、開催日程を獲得できていれば、おそらく12月に1〜2回レースを試行するでしょう。また、確実に運営できるようであれば年末に薄暮開催を施行する予定で、それも申請するでしょう」と語った。

 BHAは、前経営陣が以前旧グレートリーズ競馬場に競馬を取り戻すため過去2回競馬開催日程配分プロセスへの参加を申請した時にはこれを却下したが、今回は現在のオーナーの体制が自主的に見直され検証されたことを確認した。

 また、チェルムスフォードシティ競馬場の今年中にも競馬を施行するという希望について、BHAのメディア担当理事であるロビン・マウンジー(Robin Mounsey)氏は次のように語った。「原則的に、全ての運営免許の基準が満たされれば、その考えに対応する用意はあります。BHAは、すべての関連施設が建設され視察団が承認したときにやっと、競馬場に運営免許を付与します」。

 ニューキャッスル競馬場のオーナーであるアリーナレーシング社もこのニュースを歓迎し、広報部長のスザンナ・ジル(Susannah Gill)氏は次のように語った。「本日平地からオールウェザーに転換することへの承認が確認されたことで、北部にオールウェザー競馬をもたらす1つの段階がクリアされました」。

 「私たちは引き続き、2015年競馬開催日配分プロセスについてBHAと取り組みます」。

 すべての人々がこのニューキャッスル競馬場の平地競走用の芝馬場がタペタに変わるニュースに喜んでいるわけではない。ウィリアム・ハッガス(William Haggas)調教師は次のように語った。「このような形で素晴らしい競馬場に手を入れるのは競馬にとって災難です。素晴らしい芝コースで非常に残念事です。今後に向けての悲しい兆候です」。

 ハッガス調教師はチェルムスフォードシティ競馬場が競馬を再開することについてはずっと喜んでおり、「私たちは2〜3年の間、断続的にあの競馬場で馬を走らせてきましたので、競馬が再開されるのであれば満足です」と語った。

By Bill Barber

(関連記事)海外競馬情報 2014年No.1「閉場中のグレートリーズ競馬場、2015年以降に競馬再開の見込み(イギリス)

[Racing Post 2014年4月29日「Chelmsford City and Newcastle win fixtures approval」]


上に戻る