EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ファハド殿下とそのチーム、ロンドンマラソン完走(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2014年05月01日  - No.17 - 3

ファハド殿下とそのチーム、ロンドンマラソン完走(イギリス)[その他]


 マイケル・ディキンソン(Michael Dickinson)氏の1983年チェルトナムゴールドカップの1着〜5着を自身の管理馬で独占した有名な偉業は、昨晩ファハド殿下(Sheikh Fahad Al Thani)が調教師6人、レーシングマネージャー1人とともに和を乱さず全員でロンドンマラソンを完走してただならぬ任務を達成した後では、少しばかり色あせて見える。

 競馬福祉機構(Racing Welfare)のためのこの絶妙な募金集めの取り組みにおいて、このカタールレーシング社(Qatar Racing)チームは数万ポンド(数百万円)と予測される金額を集めこの慈善団体の財源に貢献したが、参加者のほとんどはもう二度とこのような長距離マラソンを走ることはないと言った。

 そう誓った者の1人はファハド殿下自身で、右腕的存在のレーシングマネージャーのデヴィッド・レッドヴァース(David Redvers)氏より4時間、調教師の中で一番早いタイムを出したデヴィッド・シムコック(David Simcock)調教師より3時間以上遅れてゴールした。ファハド殿下のタイムは7時間14分57秒であった。殿下はイヤホンを付けていたが、“殿下がガタガタとそぞろ歩き(Sheikh, Rattle and Stroll)”という曲を聞いていたかどうかは未確認である(訳注:ロックンロールの定番曲「シェイク・ラトル・アンド・ロール(Shake, Rattle and Roll)」をもじったジョーク)。

 ファハド殿下はドーチェスターホテル(The Dorchester Hotel)でチームにごちそうする前に、「これまでで最もきつい経験でした。とても疲れましたが高揚感もあり、このチームを誇りに思います。しかしもう二度とごめんです」と語った。

 もう1人断固として再挑戦を拒んだのは、都会的な装いだがヨロヨロとなっているリチャード・ハノン(Richard Hannon)調教師であり、42.195 kmを6時間48分22秒で完走した後に、苦労話や奇妙な話をした。

 「つらい、ああ本当につらい。足が水膨れだらけです。最初の2マイル(約3.2 km)を殿下と一緒に走ったのが、まるで4日前の出来事のようです」。

 「12マイル(約19.3 km)までは大丈夫だったのですが、その後水膨れができ始めました。17マイル(約27.4 km)では、その水膨れが破裂し瀕死の状態でした。そして後半では子供がくれたキャンディのせいで気分が悪くなりましたが、21マイル(約33.8 km)地点で誰かがハーフパイント(284 ml)のサイダー(リンゴ酒)をくれて助かりました」。

 そして、「公平に言えば、とても楽しい時間を過ごし、素晴らしい信念のために走りました。厩務員もサポートしてくれました。そしてやっと完走してTシャツを手に入れることができました。将来満足してこれを思い返すことになるでしょう」と付け足した。

 前日の土曜の朝6時半にオーストラリアから英国に帰ったばかりだったレッドヴァース氏は、「非常につらく最悪な時間」を持ちこたえた。それはアンドリュー・ボールディング(Andrew Balding)調教師、ロバート・コーウェル(Robert Cowell)調教師、チャーリー・ヒルズ(Charlie Hills)調教師およびオリー・スティーヴンス(Olly Stevens)調教師も同様だろう。

 スティーブンス調教師は調教師チームの中で最初にゴールすると目されていたが、完走に5時間以上を要した。そして、「最初の15マイル(約24.1 km)では順調だと考えていましたが、その後調子を崩し、最後の11マイル(17.7 km)は文字通り歩く羽目になりました。歩いていてもきつかったです」と語った。
 

ロンドンマラソンに出場した競馬関係者の走破タイム
スザンナ・ジル氏
(Susannah Gill)
アリーナレーシング社
広報部長
3時間07分51秒
ロス・バーケット氏
(Ross Birkett)
アマチュア騎手 3時間08分30秒
デヴィッド・レッドヴァース氏 ファハド殿下の
レーシングマネージャー
3時間15分05秒
アリー・ロウェル氏
(Aly Rowell)
BBC競馬リポーター 3時間24分07秒
サラ・リーチ氏
(Sara Leach)
英国チャンピオンズシリーズ社
マーケティング部長
3時間25分06秒
ジェームズ・オールドリング氏
(James Oldring)
英国チャンピオンズシリーズ社
運営・イベント部長
3時間26分14秒
アンディ・スミス氏
(Andy Smith)
調教師 3時間44分20秒
マイケル・オーウェン氏
(Michael Owen)
馬主・元サッカー選手 3時間45分43秒
エイミー・ダーハム氏
(Amy Derham)
英国競馬インターナショナル社
営業担当
3時間45分58秒
アンディ・ホーンビー氏
(Andy Hornby)
コーラル社CEO 3時間46分39秒
ベン・ジェイ氏(Ben Jay) 騎手 3時間54分51秒
エヴァン・ウィリアムズ氏
(Evan Williams)
調教師 4時間08分36秒
デヴィッド・シムコック氏 調教師 4時間10分05秒
アンドリュー・ボールディング氏 調教師 4時間19分31秒
カミラ・ノック氏
(Camilla Nock)
ベイカー・マクベイ馬病院
獣医師
4時間29分26秒
ロジャー・ウェザビー氏
(Roger Weatherby)
ウェザビーズ銀行社長
ジョッキークラブ理事
4時間33分35秒
ロバート・コーウェル氏 調教師 4時間36分32秒
チャーリー・ヒルズ氏 調教師 4時間55分58秒
オリヴィア・スミス氏
(Olivia Smith) 
アンディ・スミス調教師の娘 5時間     20秒
オリー・スティーヴンス氏 調教師 5時間04分50秒
エミリー・スミス氏
(Emily Smith)
アンディ・スミス調教師の娘 5時間18分32秒
デズ・サールビー氏
(Des Thurlby)
 馬主 5時間22分52秒
リチャード・ハノン氏 調教師 6時間48分22秒
ファハド殿下 馬主 7時間14分57秒 

※水色がファハド殿下チーム。

By Lee Mottershead

[Racing Post 2014年4月14日「A blistering display from magnificent Team Fahad」]


上に戻る