EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ジョン・ムルタ騎手が引退を表明(アイルランド)[その他]
海外競馬ニュース
2014年03月13日  - No.10 - 2

ジョン・ムルタ騎手が引退を表明(アイルランド)[その他]


 ジョン・ムルタ(John Murtagh)騎手は同世代の中のトップジョッキーの1人であるが、調教活動に専念するために騎手を引退すると本紙に述べた。

 ムルタ騎手は、昨年多くのビッグレースに優勝した素晴らしいシーズンを送ったのちに引退することとなった。その2013年、同騎手はノヴェリスト(Novellist)でキングジョージ(G1)とクイーンエリザベスS(G1)を優勝したほか、ソールパワー(Sole Power)でキングススタンドS(G1)をドラマチックに制しロイヤルアスコット開催で4勝を挙げた。

 今年44歳となるムルタ騎手は26年間にわたる騎手生活において、英ダービー3勝、愛ダービー4勝、イエーツ(Yeats)による2勝を含むゴールドカップ4勝を果たした。

 これまでG1馬106頭に騎乗し昨年から調教活動を始めているムルタ騎手は、次のように語った。「この前騎乗したときに、今シーズンはかなり努力しなければならないと考えるようになり、もはや騎手をやっている時間はないと思いました」。

 「今シーズンは新たに24馬房を持ち、45頭を管理するのでやるべきことが沢山あります。騎乗に30%、調教に70%の力を発揮するようなことはしたくはありません。生まれてこのかた、妥協を許さないでやってきました」。

[訳注:ジョン・ムルタ騎手は1997年から2012年まで国際騎手招待競走ワールドスーパージョッキーズシリーズに7回出場し2011年には優勝した。1999年にはJRA短期免許を取得した。]

By Jonathan Mullin

(関連記事)海外競馬ニュース2014年No.1「ジョン・ムルタ騎手の娘が騎手デビュー(アイルランド)

[Racing Post 2014年2月25日「Murtagh quits saddle to concentrate on training」]


上に戻る