EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > オーストラリア、シーズン終盤にチャンピオンシップ戦を開催(オーストラリア)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2013年11月28日  - No.48 - 1

オーストラリア、シーズン終盤にチャンピオンシップ戦を開催(オーストラリア)[開催・運営]


 オーストラリアの競馬統轄機関は、G1競走8レースと世界最高賞金額のマイル競走を目玉とする、1,800万豪ドル(約16億2,000万円)のシーズン終盤のチャンピオンシップイベントの設立を発表した。

 “ザ・チャンピオンシップス(The Championships)”と名付けられるこの2週にわたる2日間の開催は、ドバイワールドカップ(3月29日)のほんの数週間後の2014年4月12日(土)および19日(土)に、シドニーのランドウィック競馬場で開催される。

 この開催で特に注目されるのは、総賞金400万豪ドル(約3億6,000万円)のクイーンエリザベスS(G1 2000m)である。施行者のレーシングNSW社(Racing New South Wales)は、このレースに英王室の馬が出走することを期待して、バッキンガム宮殿に打診していた。

 賞金額の大幅引き上げられたその他のレースは、世界最高賞金額のマイル競走となるドンカスターマイル(G1 総賞金300万豪ドル(約2億7,000万円)と、ブラックキャビア(Black Caviar)が2回制したTJスミス(G1 1200m 総賞金250万豪ドル(約2億2,500万円))である。

 レーシングNSW社のジョン・メサーラ(John Messara)会長は、次のように語った。「さまざまな年齢や距離といった条件から、2日間の開催で特に注目されるチャンピオンシップ10レースを特定しました。このいくつかは、そのカテゴリーでオーストラリアおよび世界で最高額賞金のレースとなります」。

 「そのうち8レースはすでにG1レースであり、約1,000万ドル(約9億円)の投入で、このイベントはオーストラリアとニュージーランドおよび世界中の最強馬を惹きつけることになるでしょう」。

 「南半球の競馬界で最も素晴らしいイベントとすることが、私たちの目標です」。

By Tom Kerr
(1豪ドル=約90円)

[Racing Post 2013年11月12日「Australia to host end-of-season championships」]


上に戻る