EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > ガリレオ産駒、360万ギニー(約6億480万円)で落札(イギリス)[生産]
海外競馬ニュース
2013年10月24日  - No.43 - 2

ガリレオ産駒、360万ギニー(約6億480万円)で落札(イギリス)[生産]


 ニューマーケットで開催されたタタソールズ社(Tattersalls)10月1歳セールの初日に大きな取引があった。ジョン・マグナイア(John Magnier)氏とそのクールモア牧場のパートナーが、英オークス2着馬シークレットジェスチャー(Secret Gesture)の半弟を360万ギニー(約6億480万円)で落札し、自らが保持していた欧州における1歳馬最高落札額記録を上回ったのだ。

 2つの競馬勢力の間での壮烈な競り合いにおいて、ファハド殿下(Sheikh Fahad)の馬購買アドバイザーのデヴィッド・レドヴァーズ(David Redvers)氏は、ニューセルズパーク牧場(Newsells Park Stud)生産のガリレオ(Galileo)牡駒に100万ギニー(約1億6,800万円)の値から始めた。

 しかしレドヴァーズ氏とファハド殿下は、価格に唖然とした観客から拍手が巻き起こったジョン・マグナイア(John Magnier)氏の落札額より高い金額を提示することができなかった。

 この落札額は、2000年にクールモア牧場のデミ・オバーン(Demi O'Byrne)氏がリヴァーダンサー(River Dancer その後G1馬)を落札した340万ギニー(約5億7,120万円)という欧州最高落札額記録を上回った。また、ファハド殿下は昨年のタタソールズ社のセールでハイドロジェン(Hydrogen)を250万ギニー(約4億2,000万円)で落札している。

 ジョン・マグナイア(John Magnier)氏の息子マイケル・ヴィンセント・マグナイア(Michael Vincent Magnier)氏は、次のように語った。「多くのラッド(lad)にはこの産駒がすべてを満たしているように見えたようですし、非常に立派な牧場で生産されました。素晴らしい馬で、馬を見る目のある人はすべて彼を欲しがったでしょう。その馬体はガリレオの産駒であることが明らかです。母馬はすでに素晴らしい仔を出しており、それに加えてガリレオとデインヒル(Danehill)のクロスは魅力的です。

 ニューセルズパーク牧場のジュリアン・ドラー(Julian Dollar)場長は、次のように語った。「我々の牧場の創始者で2008年に亡くなった故クラウス・ジェイコブ(Klaus Jacobs)氏の御曹司アンドレアス・ジェイコブ(Andreas Jacobs)氏がこのセリに来ていましたが、この取引はクラウス氏にとって大きな意味を持ちます。クラウス氏は2005年にジョン・ウォレン(John Warren)氏と共同でこの最高落札馬の母馬シャスタイ(Shastye)を購買し、それがこの取引の基礎となったのです。クラウス氏は常に、牧場は商業的であるべきで元が取れなければならないと言っていたので、喜んでいることでしょう」。

By Katherine Fidler

[Racing Post 2013年10月8日「Record-breaking Galileo colt sold for 3.6m gns」]


上に戻る