EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > BHA、バトラー調教師をステロイド使用7件と認定(イギリス)[その他]
海外競馬ニュース
2013年06月27日  - No.26 - 3

BHA、バトラー調教師をステロイド使用7件と認定(イギリス)[その他]


 BHA(英国競馬統轄機構)は6月7日、ジェラード・バトラー(Gerard Butler)調教師(47歳)が自ら管理馬にステロイドを投与してルール違反を犯したと認定した。このことにより、成行きに不安を感じていたニューマーケットの一握りの調教師は、間接的に安堵を与えられた。

 現在ニューマーケットでは禁止薬物サンゲート(Sungate)使用に関する調査を実施中であるが、専門獣医師のアドバイスによりこの薬物の投与を獣医師に許可していた調教師たちは、バトラー調教師が自らサンゲートを投与した場合の重大性と獣医師により与えられる場合との間にBHAが明白な区別をつけたことで、安心したようだ。

 バトラー調教師は6月上旬に本紙に対し、「調教停止処分は私と家族にとって大きな不幸となるでしょう」と述べ、2月20日の薬物検査で管理馬9頭から陽性反応が出たことで、最悪の事態を危惧していた。

 この心配は、4月に事実上英国競馬界から追放されたゴドルフィンのマフムード・アル・ザルーニ(Mahmood Al Zarooni)元調教師が8年間の調教停止処分を受けたことに基づいている。

 BHAはバトラー調教師に対して、管理馬に禁止薬物の投与を許可したこと、獣医師として登録がないにも拘らず自ら4頭の管理馬に関節内注射を打ったこと、および5頭の治療記録を取らなかったことを問題としている。

 しかし、禁止薬物投与における調教師の法的責任に関するルールC(50)、C(55)の違反は名目上最長の10年間の調教停止処分とされている一方で、BHAは、競馬の品行、公正確保および評判に損害を与える行動について触れているルールA(30)に関する問題に焦点を当てていると考えられている。

 バトラー調教師はニューマーケットでは100頭以上の馬にサンゲートが投与されていると主張しているが、BHAはアズラグ(Azrag)、ザインイーグル(Zain Eagle)、ザインスピリット(Zain Spirit)およびプリンスアルザイン(Prince Alzain)に対して調教師自身の手でサンゲートを投与したとしている。

 BHAメディアマネージャーであるロビン・マウンジー(Robin Mounsey)氏は次のように語った。「BHAの認定の性質と度合いは、このケース固有の事情を反映しており、禁止薬物の陽性反応だけではなくどのように投与されたかにも関係しています」。

 同時に出されたプレスリリースにおいて、BHAは次のように述べた。「サンゲートについての広範囲にわたる調査は進行中です。BHAは、この商品の使用程度をはっきりさせるよう何人かの調教師に依頼しています」。

 「すべての関連情報が照合されれば、この調査をどのように続けるかについての決定がなされるでしょう。現時点ではこの広範囲にわたる調査の実施期間がどのくらいになるか分かりません」。

 5月の本紙で報じられたように、この件に関係する馬診療所ロスデール&パートナー社(Rossdale and Partners)はこの件に関するコメントを控えたが、BHAは統轄機関として、免許を有する獣医師に対しこの調査に関するあらゆる情報を求めるだろう。

 今日6月8日にニューマーケット競馬場とチェスター競馬場で管理馬を出走させる予定のバトラー氏は、6日付の本紙に次のように語っていた。「BHAは調査を続行すべきでそのことは結構ですが、聴聞会が公開処刑のようなものになって欲しくはありません。私は誠実に職務を遂行したのですし、獣医師たちもそうです」。

 「制裁が言い渡されるまでこれまで通り事業を続けますが、厩舎の将来はその決定に掛かっています」。
 

禁止薬物サンゲートの投与馬
アタッチオブファッション
(A Touch Of Fashion 3歳)

2歳時に2回出走し未勝利。昨年11月以来未出走。
フレミッシュスクール
(Flemish School 3歳)

近走は昨年10月のグッドウッド競馬場の未勝利競走で10頭中6着。
アズラグ
(Azrag 5歳)

15戦4勝で、昨年10月のキャタリック競馬場でのクラス4のハンデキャップ戦で4着となって以来未出走。
ラベルエポック
(La Belle Epoque 3歳)

昨年11月のリングフィールド競馬場での未勝利競走で3着となった1戦のみ。
レインボービューティー
(Rainbow Beauty 3歳)

2歳時の6走目となるウォルヴァーハンプトン競馬場のレースで初勝利。
ザインイーグル
(Zain Eagle 3歳)

近走は昨年11月のノッテンガム競馬場での未勝利競走で4着。
ザインクイーン
(Zain Queen)

未出走。
ザインスピリット
(Zain Spirit 3歳)

2歳時に7戦1勝。近走は昨年11月のケンプトン競馬場での2歳戦。
プリンスアルザイン
(Prince Alzain 4歳)

12戦3勝。昨年のロイヤルアスコット開催のブリタニアSで馬群に沈んだ(29頭中18着)。近走は10月のダンダーク競馬場でのG3競走。 


By Lee Mottershead

(関連記事)
海外競馬ニュース 2013年No.24「アル・ザルーニ事件、その後の薬物調査拡大とデットーリ騎手の告白(イギリス)

[Racing Post 2013年6月8日「Butler charged with seven steroid offences」]


上に戻る