EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 日本人購買者がバレッツ社2歳セレクトセールの活況を演出(アメリカ)[生産]
海外競馬ニュース
2012年03月15日  - No.12 - 2

日本人購買者がバレッツ社2歳セレクトセールの活況を演出(アメリカ)[生産]


 2歳セリシーズンは、3月5日にカリフォルニア州ポモナで開催されたバレッツ社(Barretts)のマーチ2歳セレクトセールが日本人購買者の高額購入により活気づいたことで、華やかに始まった。

 バレッツ社の職員の報告によれば、日本人グループは売却された77頭のうち16頭を購買し、そのうち4頭は上位10頭の高額馬の中に入っている。このセールの平均価格は2011年の10万709ドル(約806万円)の8.7%増となる10万9,429ドル(約875万円)となった。2012年のセリ名簿には前年比42%増の149頭が掲載され、総売上げは55頭が購買された2011年の553万9,000ドル(約4億4,312万円)から52.1%増加し842万6,000ドル(約6億7,408万円)となった。中央価格は前年比21.4%増の8万5,000ドル(約680万円)であった。上場馬121頭のうち44頭が落札されず、主取り率は36.4%であった。

 バレッツ社は以前、フロリダの主な2歳セールがいくつか終了する3月後半にこの3月セールを開催していた。今年は日程を2週間早めて、サンタアニタH(G1)が開催される週末明けに2歳セリシーズンの初めとして開催した。

 バレッツ社のキム・ロイド(Kim Lloyd)副会長は、「誰もが姿を見せ、展示会も大盛況でした。セールの日程変更が功を奏しました。フロリダのコンサイナーにとって最初にここに来るのは楽な仕事です。日本人購買者はここを気に入っており、今年のセールにおいては信じられないほど沢山購買しました」と語った。

 若原尚氏は、大阪にあるダノックス社の代表としてトップクラスの馬を2頭購買した。このセールで43万5,000ドル(約3,480万円)の最高額馬となったのは、ケンタッキー産で母がステークス競走に連対したフォーチュネイトイベント(Fortunate Event 父イベントオブザイヤー)で、父エンパイアメーカーの牝馬であった。キアラン・ダン(Ciaran Dunne)氏のウェイヴァートゥリーステーブルス(Wavertree Stables Inc.)がエージェントとして上場した。

 若原氏は、競走馬としてのみならず将来の繁殖牝馬としてもエンパイアメーカーの牝馬を手に入れたかったと述べた。ダノックス社は、新種牡馬としてマイル1分31秒4の日本記録を打ち立てたダノンシャンティを所有している。

 若原氏は通訳を通じて、「彼女は美しく品格があります。動きは良く、ランナーのようです」と語った。

 若原氏は38万5,000ドル(約3,080万円)で、エディー・ウッズ(Eddie Woods)氏がコンサイナーを務めたマイグッドネス(My Goodness 父ストームキャット)を母とするマッチョウーノ(Macho Uno)の牡馬を購買した。この高額馬の牡馬は、1ハロンを9秒4で走った2頭のうちの1頭で、上場前の展示走行で最も速い時計であった。ケンタッキー産のこの牡馬は、最優秀牝馬ケアレッシング(Caressing)を母とし勝鞍のある牝馬の初仔である。

 2008年のこのセールにおいては、高橋力氏がスーニを12万ドル(約960万円)、テスタマッタを6万ドル(約480万円)で購買している。日本でG1馬となったスーニは500万ドル(約4億円)以上を収得し、テスタマッタは日本において370万ドル(約2億9,600円)以上を収得し最近では2012年フェブラリーS(G1)を制している。

 ウッズ氏はエージェントとして、3番目に高額馬となる母がコートゥー(Coatue 父ミスターグリーリー)で父インディゴシャイナー(Indygo Shiner)産駒も33万ドル(2,640万円)で売却した。ナーヴィックインターナショナル社(Narvick International Inc.)が、このケンタッキー産馬の伝票に高橋氏に代りサインした。この牡馬もまた日本で競走するだろう。

 リーディングバイヤーは ポール・レッダム(Paul Reddam)氏となった。同氏は、自身のエージェントであるジェイミー・マクカルモント(Jamie McCalmont)氏を通じて94万ドル(約7,520万円)で7頭の馬を購買した。その中には、31万ドル(約2,480万円)の価格で母をコケーナ(Kokena 父グラインドストーン)とする、ウォーフロント(War Front)の牝馬が含まれている。ブルーノ・デ・ベルト(Bruno De Berdt)氏のエクセルブラッドストック社(Excel Bloodstock)が、エージェントとして上場した。レッダム氏はこのほかエージェントのデニス・オニール(Dennis O’Neill)氏を通じて数頭を購買している。

By Tracy Gantz
(1ドル=約80円)

[bloodhorse.com 2012年3月6日「Japanese Buyers Boost Barretts 2YO Sale」]


上に戻る