EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 海外のブリーダーズカップ・チャレンジ 競走が決定(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2009年07月30日  - No.30 - 1

海外のブリーダーズカップ・チャレンジ 競走が決定(アメリカ)[開催・運営]


 ブリーダーズカップ社(Breeders’ Cup Ltd.: BCL)は、2007年以降、ブリーダーズカップ(Breeders’ Cup World Championships: BC)への出走資格を自動的に与える”ブリーダーズカップ・チャレンジ”(Breeders’ Cup Challenge)を実施している。

 2009年BCチャレンジに加えられた、夏から秋の海外の11レースでは、BCへの出走権が与えられるだけではなく、馬主へ総額50万ドル(約5000万円)以上の報奨金が提供される。これは、BCチャレンジを充実させるために初めてBCLが用意したものである。

 多くの欧州馬はその父が、BCLによって認められている欧州ブリーダーズ基金(European Breeders’ Fund: EBF)へ種牡馬登録(訳注:EBFへの産駒登録は不要)されていることによって、この報奨金を受け取る資格を得る。この資格を持つ優勝馬の馬主には3万 ドル(約300万円)、2着馬の馬主には1万5000ドル(約150万円)、3着馬の馬主には5000ドル(約50万円)が支払われる。

 BCへ産駒登録された北米馬は、1984年に創設された”BCステークス・プログラム”で指定されたレース(北米に限定)で3着までに入ればボーナスの 支給を受けてきた。[訳注:種牡馬登録のある馬の産駒だけ産駒登録可能。2009年のBCステークス・プログラムのボーナスは約100の北米の指定レース を対象に総額500万ドル(約5億円)を支給]

 BCLのグレッグ・アヴィオリ(Greg Avioli)社長は、「BCの世界的な人気と競争力を最大限高める努力を続けています。ホースマンとファンのために2009年のBCチャレンジの内容を充実しました」と述べた。

 BCL関係業務を担当する上席副社長パム・ブラッツ=マーフ(Pam Blatz-Murff)氏は、「報奨金はBCへ登録された馬に支払うという形式を選びました。ですからこれは賞金の上乗せではありません」と語った。

 “勝てば参加できる(Win and You're In)”という条件で施行されるBCチャレンジは海外も含めて、2008年の57レースから2009年の62レースにまで増加した。2008年に指定され たのレースの中には、アスコットの3レースとシャティン競馬場の1つの国際レースが含まれた。

 2009年のBCチャレンジの国際スケジュールには、豪ムーニーバレー競馬場で9月25日施行のマニカトS(G1)が含まれる。これは豪州馬をBCに呼ぼうとするBCLの初めての試みである。これまでBCのために豪州から直接輸送された馬はいない。

 マニカトSの勝馬はサンタアニタ競馬場で施行されるBCターフスプリント[賞金総額100万ドル(約1億円)]への出走権を自動的に得られるが、 2009年に馬主が報奨金を受け取るチャンスはほんのわずかしかない。というのも、豪州で繋養され、BCの種牡馬登録がされているのは、ジャコーザ (Giacosa)、マーモッタン(Marmottan)およびルドゥテズチョイス(Redoute’s Choice)の3頭のみであるからだ。北半球からのシャトル種牡馬は、南半球の種付け分については別に種牡馬登録料を支払う必要がある。

 ブラッツ=マーフ氏は、「この取組みは豪州にBCの名前を売り込み、豪州馬が参戦することにBCLが関心を持っていることを知らせるための第一歩です。 たとえ今年マニカトSの優勝馬主に報奨金を提供することができなくとも、私たちはさらに豪州種牡馬のBCL/EBF共同基金(common fund:北米・欧州外の種牡馬が対象)への登録を促し、報奨金の対象になるようにするための努力を続けるつもりです」と語った。

 マニカトSへの出走希望が多いこと、そして豪州の芝スプリンターがここ10年、アジアや欧州の大レース、とりわけロイヤルアスコット開催で成功を収めていることを考慮すれば、この芝の1200 mのレースはBCチャレンジとして魅力的な選択である。

 ブラッツ=マーフ氏は、「これまで大きな展開ができなかった理由の1つは、豪州に利益を見出せなかったことでした。豪州には本当に良い競走番組があり、米国に馬を送る必要がなかったのも理由の1つです」と語った。

 また同氏は「私たちがBCの取組みをグローバル化しようとしていること、現在豪州馬が欧州に遠征していること、豪州のレースがグローバルスプリントチャ レンジ(Global Sprint Challenge)の一環となっていること、そしてBCには芝の短距離レースがあることを踏まえ、豪州で行われるレースをBCチャレンジに加えることが 適切であると判断したのです」と付言した。

拡大したBCチャレンジレース
チャレンジレース 施行日 競馬場 対象となるBCレース
プリティポリーS 6月27日 カラー フィリー&メア・ターフ
モーリスドゲスト賞 8月9日 ドーヴィル ターフスプリント
モイグレアスタッドS 8月30日 カラー ジュヴェナイルフィリーズ・ターフ
アイリッシュチャンピオンS 9月9日 レパーズタウン ターフ
マニカトS 9月25日 ムーニーバレー ターフスプリント
クイーンエリザベスII S 9月26日 アスコット マイル
ロイヤルロッジS 9月26日 アスコット ジュヴェナイルターフ
フィリーズマイル 9月26日 アスコット ジュヴェナイルフィリーズ・ターフ
ダイヤモンドS 10月2日 ダンダーク マラソン
アベイ賞 10月4日 ロンシャン ターフスプリント
チャンピオンS 10月17日 ニューマーケット ターフ

By Jeff Lowe
(1ドル=約100円)

[Thoroughbred Times 2009年7月4日「Breeders’ Cup looks overseas with Challenge, funds」]


上に戻る