EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 薬物規制標準化委員会、全国検査基準を適用(アメリカ)[獣医・診療]
海外競馬ニュース
2009年07月23日  - No.29 - 1

薬物規制標準化委員会、全国検査基準を適用(アメリカ)[獣医・診療]


 薬物規制標準化委員会(Racing Medication and Testing Consortium: RMTC)は全国検査基準(national laboratory standards)の適用を始める。これにより米国内の検査手順は大幅に変更される。

 この薬物検査制度の改革の内容は、全国検査基準の適用、検査機関の認定および第三者によるチェックである。この改革はRMTCのアラン・フォアマン (Alan Foreman)副会長が2008年8月に、競馬関係の問題を討議するジョッキークラブ円卓会議(Jockey Club’s Round Table Conference)で勧告した。

 フォアマン副会長は、「RMTCは、全国検査基準を定め、それに則して検査を行う検査機関を認定することとし、実際に認定作業を始めました。これは、独 立の第三者が馬薬物検査機関をチェックするという、競馬産業にとってまったく新たなシステムを導入しています。この取組みは画期的であり、いずれは米国の 薬物検査の様相を変えるでしょう」と語った。

 RMTCはこの改革を、薬物検査の30年の歴史において最も顕著な変化であると表現し、ここ10ヵ月以上の前例のない共同作業の成果であると述べた。

 科学者、競馬界の獣医師および役員で構成する作業部会がRMTCのこの取組みをリードしている。作業部会のメンバーは、次のとおりである。

(1) RMTC副会長でサラブレッド・ホースメンズ協会(Thoroughbred Horsemen’s Association)会長兼最高経営責任者のフォアマン氏
(2) カリフォルニア州競馬委員会(California Horse Racing Board)のリック・アーサー(Rick Arthur)博士
(3) キーンランド協会(Keeneland Association)のロジャーズ・ビーズリー(Rogers Beasley)氏
(4) アンチドーピング研究所(Anti-Doping Research Laboratory)のドナルド・カトリン(Donald Catlin)氏
(5) アイオワ州立大学競馬化学プログラム(Racing Chemistry Program at Iowa State University)のウォルター・ハイド(Walter Hyde, V.D.L.)博士
(6) 北中米競馬委員会協会(Association of Racing Commissioners International)代表のダンカン・パターソン(Duncan Patterson)氏
(7) フロリダ大学獣医学部競馬研究所(Florida College of Veterinary Medicine Racing Laboratory)のリチャード・サムズ(Richard Sams, Ph.D.)博士
(8) ペンシルヴァニア大学獣医学部ニューボルトンセン ター(University of Pennsylvania School of Veterinary Medicine’s New Bolton Center)のローレンス・ソーマ(Lawrence Soma, V.M.D.)博士
(9) カリフォルニア大学デーヴィス校ケネス・L・マ ディ馬分析化学研究所(Kenneth L. Maddy Equine Analytical Chemistry Laboratory at the University of California-Davis)のスコット・スタンリー(Scott Stanley, D.V.M.)博士

[thoroughbredtimes.com. 2009年7月6日「RMTC adopts laboratory standards」]


上に戻る