EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > スティーブ・アスムッセン調教師、年間最多勝記録を更新(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2008年12月25日  - No.51 - 1

スティーブ・アスムッセン調教師、年間最多勝記録を更新(アメリカ)[その他]


 11月23日、スティーブ・アスムッセン(Steve Asmussen)調教師は、レミントンパーク競馬場において、管理馬プロフェシー(Prophesy)が第1レースを制したことで、北米年間最多勝記録を更新した。

 アスムッセン調教師は大規模な調教事業を展開し、管理馬を米国とカナダの競馬場で出走させている。同調教師は、芦毛の3歳牝馬プロフェシーの勝利により2008年の556回目の勝利を挙げた。更新前の年間最多勝記録555勝は、2004年アスムッセン調教師自身によって打ち立てられていた。

 ニューオーリンズ州のフェアグラウンズ競馬場で施行されたレースの録画を見たアスムッセン調教師は、「私たちは、素晴らしいチャンスに恵まれ、また多くの支援を得て驚異的な1年を過ごすことができました。カーリン(Curlin)やパイロ(Pyro)が挙げた勝利は素晴らしいものでした。しかし、私たちは中西部の小さな競馬場出身ですので、そのことを忘れないようにしたいと思います」と語った。

 プロフェシーは払戻し1倍の本命馬として発走し、ルイス・クイニョネス(Luis Quinonez)騎手の騎乗により半馬身差で優勝した。プルピット(Pulpit)の牝馬であるプロフェシーは、テキサス州ウェーコのウィリアム・クリフトン(William Clifton Jr.)氏によって所有されている。

 アスムッセン調教師は、レミントンパーク競馬場での最終レースにも勝ち、勝鞍を1つ増やし、その日のうちに北米最多勝記録を557勝とした。同調教師は、今年はあまりレースが残っていないので、年末までに600勝に達することは無いだろうと語った。

By The Blood-Horse staff

[The Blood-Horse 2008年11月29日「Asmussen Breaks Own Record for Wins in One Year」]


上に戻る