EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 銀行は違法インターネット賭事に関する取引の停止を要求される(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2008年12月04日  - No.48 - 1

銀行は違法インターネット賭事に関する取引の停止を要求される(アメリカ)[その他]


 2006年に可決された違法インターネット賭博禁止法(Unlawful Internet Gambling Enforcement Act: UIGEA)は施行規則が欠如しているが、その状態は変りつつある。

 11月12日に財務省(Department of Treasury)と連邦準備銀行(Federal Reserve Bank: FRB)が発表したUIGEA施行規則案は、銀行などの金融機関(クレジットカード会社)に対して、賭事客と違法インターネット賭事サイト間の取引(送金)を停止することを要求している。施行規則法文は120ページにも及ぶ。

 競馬を対象としたパリミューチュエル賭事はインターネット賭事禁止からの数少ない例外の1つである。理論上はこのことによって、(1) 米国の賭事免許を有し、米国の賭金プールに貢献している合法的なパリミューチュエル賭事業者ばかりでなく、(2) 競馬映像の海賊行為を行って米国住民から賭事を受付けている海外の違法賭事業者も適用除外しているということになる。一方、新しい法律によって、競馬の潜在的競争相手であるインターネットポーカー、スポーツ賭事およびカジノ賭事を提供しているサイトは厳しい取締りを受けることになる。

 UIGEA施行規則案は、取引段階における取締りの実施を要求しているが、米下院金融サービス委員会(House Financial Services Committee: HFSC)の審議で、その要求は金融機関に不当な負担を掛けるものであると批判された。HFSCが9月に決済システム保護法(Payment System Protection Act)を可決し、UIGEAを実施する前にインターネット賭事における合法・違法の判断基準をさらに明確にするよう要求している。

 HFSCのバーニー・フランク(Barney Frank 民主党:マサチューセッツ選出)議長は、バラック・オバマ(Brack Obama)氏が大統領に就任する1月まで、UIGEAの実施を延期することを望んでいた。

 フランク議長は、「財務省とFRBが提案しているUIGEA施行規則案 も、UIGEAと同様に、“違法インターネット賭事”という用語の意味を明確にしていません。連邦法、州法、判例および司法省の一貫性がない解釈の間に食い違いがあるために、各金融機関は取引を停止するかどうか判断する際に大いに困惑することになります。その上、判断を下すのに必要な情報の一部は、米国法の適用を受けない外国の顧客および金融機関が公開を望まないかまたはできないため、米国の金融機関では入手できないようです」と語った。

 金融機関が取引を停止するという手段があってはじめて、UIGEAがスポーツ賭事、ポーカー、カジノ賭事などのインターネット賭事を抑制する効果が期待できる。UIGEA施行規則によって細かい規制が行われることになれば、人気のあるポーカースターズ・コム(Pokerstars.com)、フルティルトポーカーコム(Fulltiltpoker.com)、多くのスポーツ賭事の店舗ばかりでなく競馬のブックメーカーまでも米国の顧客を失うだろう。

 UIGEA施行規則による規制に関する懸念のひとつは、金融機関が合法サイトと違法サイトを区別するのに苦慮するのではないかということである。HFSCの委員たちは、金融機関が規制を忠実に実施しようとするあまり、合法サイトとの取引をも停止することになりかねないと述べた。それら合法サイトには、米国を本拠とする合法的な競馬に関する電話投票賭事(advance deposit wagering)運営業者であるTVGコム(TVG.com)、ツインスパイアーズ・コム(TwinSpires.com)、エクスプレスベット・コム(XpressBet.com)およびユーベット・コム(Youbet.com)が含まれるだろう。

 アメリカン・グレイハウンド場運営協会(American Greyhound Track Operators Association: AGTOA)は今年前半に、同じ懸念を表明していた。

 AGTOAは、「法律の規定が曖昧だと、合法的なパリミューチュエルに関する取引が可能である場合でも、金融機関はおそらく支払い処理を避け、結果的に合法取引を停止されることになりかねません。多くの金融機関は、過剰に停止することでその合法性のいかんにかかわらずすべての取引が停止されることになるだろうと指摘していました」と述べた。

 金融機関は、2009年1月19日からUIGEAの規定に従って事務処理をしなければならない。規制対象となる取引が行われることのないようさまざまな支払いシステム間の調整が必要となる。財務省と連邦準備制度(Federal Reserve System)は新しい規則の概要を説明する際に、金融機関は、合法取引を停止することなく違法取引を抑制できるだろうと述べているのだが・・・

By Frank Angst

[thoroughbredtimes.com 2008年11月13日「Banks asked to halt illegal Internet wagers」]


上に戻る