EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > カリフォルニア州、ステロイドの新閾値を発表(アメリカ)[獣医・診療]
海外競馬ニュース
2008年06月05日  - No.22 - 1

カリフォルニア州、ステロイドの新閾値を発表(アメリカ)[獣医・診療]


 カリフォルニア州競馬委員会(California Horse Racing Board: CHRB)は、4つの最重要ステロイド(筋肉増強剤)であるテストステロン(testosterone)、ナンドロロン(nandrolone)、ボルデノン(boldenone)、スタノゾロール(stanozolol)の新しい閾値を発表した。

 公式尿検査において、以下のステロイドまたはその代謝物質ないし類似物の量が閾値に定められたレベルを超えていないかどうか検査されることになる。

  • スタノゾロール―1ナノグラム/ml
  • ナンドロロン  ―せん馬、牝馬は1ナノグラム/ml、牡馬は45ナノグラム/ml
  • ボルデノン   ―牡馬は15ナノグラム/ml
  • テストステロン―せん馬は20ナノグラム/ml、牝馬は55ナノグラム/ml、牡馬の場合テストステロンはどの水準でも違反にならない。

 スタノゾロールは、治療目的のアナボリック・ステロイドである。

 テストステロン、ナンドロロンおよびボルデノンは、馬の体内に自然に存在するアナボリック・ステロイドである。CHRBの発表によれば、違反と判断される閾値は、自然に存在し得ないレベルに設定されている。

 5月31日から、CHRBはクレンブテロール(clenbuterol)などの閾値を定めている規則1844に、これらのステロイドの閾値を加えて規制することになる。

 カリフォルニアのホースマンたちが今回のルール変更の適用を受けるのは、カリフォルニア大学デイヴィス校のケン・マッディ研究所(University of California-Davis’s Ken Maddy Laboratory)が新たなアナボリック・ステロイドの徹底したサンプルテストを始める7月1日からである。

 

[thoroughbredtimes.com 2008年5月13日「CHRB releases new threshold levels for steroid testing」]


上に戻る