EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > 新州知事就任、ニューヨークの競馬問題は棚上げ(アメリカ)[その他]
海外競馬ニュース
2008年03月27日  - No.12 - 2

新州知事就任、ニューヨークの競馬問題は棚上げ(アメリカ)[その他]


 ニューヨーク州副知事のデーヴィッド・パターソン(David Paterson)氏は3月17日に州知事に就任し、州が抱えているさまざまな競馬問題に取組むことになる。

 パターソン氏は、3月12日に買春疑惑により辞任を発表したエリオット・スピッツァー(Eliot Spitzer)氏の後継者となる。

 州は、懸案のアケダクト競馬場内のレーシノ(競馬場+カジノ)のゲーミング運営業者を緊急に指名する必要がある。ニューヨーク市の場外賭事会社(Off-Track Betting Corp.: OTBC)の閉鎖は6月に迫っており、4月には解雇通知が出る予定である。

 新州知事はまた、ニューヨーク競馬協会(New York Racing Association: NYRA)の新理事会メンバーを任命しなければならない。すなわち州知事は理事会メンバー3名を指名でき、ほかにOTB、ホースマン、生産者、労働者グループを代表する理事会メンバーを認可しなければならない。その変更は、NYRAの商業活動を監視している州の非営利競馬団体監理委員会(Non-Profit Racing Association Oversight Board)で審議される。

 ほかにも、ベルモントパークとアケダクトの両競馬場でスロットマシンの運営が承認されるかどうかの問題も残っている。

 しかし、州予算の締切日4月1日まで19日間しかなく、スムーズな州知事交代を促進するなどの差し迫った問題のあおりを受けて、競馬関連の問題が二の次になるおそれがある。

 その選挙区内にサラトガ競馬場がある州議会上院の多数党院内総務のジョゼフ・ブルーノ(Joseph Bruno 共和党)氏は、「事態は混沌としています。この問題を片付けることはとても重要です。州は赤字が50億ドル(約5,500億円)に上る財政危機に瀕しています」と述べた。

 朗報は、州内で最も勢力のある共和党議員のブルーノ氏とハーレム選出の民主党議員パターソン氏の公私の関係は、辛辣な政治ライバルであったブルーノ氏と辞任するスピッツァー氏の関係よりもずっと良好だということだ。

 アフリカ系アメリカ人で初めて州知事に就任するパターソン氏は、州副知事のポストに昇進する前は州議会上院の少数党院内総務を務めていた。

 ニューヨーク州生産・開発基金(New York State Breeding and Development Fund:NYSBDF)のマーティン・キンセラ(Martin Kinsella)理事長は3月12日、「パターソン氏はスピッツァー州知事とは反対の政治スタイルであるというのが定評です。少なくとも対話のチャンスはあります。2日前よりもずっと自信を持っています」と述べた。

 OTBの危機は、NYSBDFにとって非常に重大なことである。ニューヨーク市のOTBは2007年、NYSBDFの収入の37%[580万ドル(約6億3,800万円)]を拠出していた。ニューヨーク市のOTBはすでに、ニューヨーク市に閉鎖計画案を提出している。厳しい財政運営にあるNYSBDFは、州が同事業体の新たな収入の手立てを講じなければ、6月半ばまでに資金繰りが破綻するだろうと述べた。

 2月12日に新たな競馬法が承認された際、州政府は30日以内にアケダクト競馬場のゲーミング運営業者を指名すると述べたが、指名は政権交代のために大きく遅れるだろう。

 その一方で州議会は、ベルモントパーク競馬場の問題を意外に早く取り上げるだろう。州政府の予算案と州議会の予算案は、いずれも同競馬場でのスロットマシン運営関連の予算を含んでいるからだ。

 ブルーノ氏(州議会上院の多数党院内総務)は、「ベルモントパークの不動産の売却と同競馬場でのスロットマシン運営権の売却で州が2億5,000万ドル(約275億円)を受け取るとする州政府予算案を州議会は承認するでしょう」と述べた。

 州議会議長のシャルダン・シルヴァー(Sheldon Silver 民主党)氏は、ベルモント競馬場でのスロットマシン運営に断固反対であった。

 ブルーノ氏は、「これは議論の1つとなるでしょう」と述べた。

 NYRAは競馬運営権を暫定延長し、現在アケダクトでの開催を行っているが、その開催が終了する4月27日に暫定延長は期限切れとなる。それまでの間に、州との間で継続中の訴訟を終結させなければならず、新たな競馬運営権契約の詳細を決定しなければならない。これらはいずれも民事再生手続を完了させNYRAを再建するための必要条件とされている。

 NYRAの新たな競馬運営権契約が正式なものになるのは、4月27日ごろと見込まれる。

By Paul Post
(1ドル=約110円)

[thoroughbredtimes.com 2008年3月13日「Transition could put New York racing issues on hold」]


上に戻る