EnglishKorean
中文Francais
Japanese Stud Book


世界の競馬
海外競馬ニュース(毎週更新)
海外競馬情報
海外競馬場・日程
海外競走登録・遠征情報
世界の競馬および生産統計 アジア競馬会議・競馬連盟
軽種馬登録情報
軽種馬登録ニュース
統計データベース
軽種馬の登録の仕組み
登録のあゆみ
ユビキタス関連
マイクロチップについて
申請書類ダウンロード

モバイルサイト
TOPページ > 海外競馬ニュース > チャーチルダウンズ社、競馬情報サービス会社を買収(アメリカ)[開催・運営]
海外競馬ニュース
2007年07月19日  - No.28 - 2

チャーチルダウンズ社、競馬情報サービス会社を買収(アメリカ)[開催・運営]


 チャーチルダウンズ社(Churchill Downs Inc.: CDI)は、アメリカTAB社(America TAB: ATAB)、サラブレッド研究・情報システムズ社(Bloodstock Research Information Systems: BRIS)およびサラブレッド・スポーツ・ネットワーク社(Thoroughbred Sports Network: TSN)ならびにこれらに関連する会員制賭事(advance deposit wagering: ADW)業者であるウィンチケット・コム(Winticket.com)、BRISベット・コム(BRISbet.com)、TSNベット・コム (TSNbet.com)をそれぞれ買収した。買収価格は総額8,000万ドル(約96億円)であった。

 実際には2つの異なる取引からなる今回の買収(1つはBRISおよびTSNとの取引、もう1つはATABとの取引)は、6月12日の午前に発表され、連 邦証券取引委員会(United States Securities and Exchange Commission)に届けられた。

 CDIのロバート・エヴァンズ(Robert Evans)社長は、「ATAB、BRISおよびそれらの関連会社は、会員制賭事システムとデータサービスを提供する会社であり、その事業は効率運営と顧 客重視の面で業界では最高水準にあります。また、新たに発足する当社のツインスパイヤーズ(TwinSpires)会員制賭事事業との大きな相乗効果が期 待できます。当社が買収した会員制賭事事業は、2008年に売上げでおよそ1億7,500万ドル(約210億円)、収益でおよそ4,360万ドル(約52 億3,000万円)をもたらし、2008年の利益を押し上げると予想しています」と述べた。

 ATABの買収金額は3,530万ドル(約42億3,600万円)であるが、売上高に基づいて5年間にわたり最高で700万ドル(約8億4,000万 円)の業績連動金が支払われることになっている。1994年にオハイオTAB(Ohio TAB)として設立されたATABは、オハイオ州のビューラパーク競馬場とリバーダウンズ競馬場が主な所有者である。ウィンチケット・コムは、ATABの オンライン投票サービスを提供する会社である。

 ATABは、オレゴン州にあるハブ(中核基地)を通じて、アメリカ国内6ヵ所の競馬場と勝馬投票運営会社のために会員制賭事システムを管理している。CDIは、この事業を継続することになっている。

 BRISの買収金額は4,470万ドル(約53億6,400万円)で、レキシントンに本社を置くBRISは、ブロードベント(Broadbent)一族 によって所有されている。TSNも同一族が所有し、BRISと経営者が同じである。BRIS買収には、BRIS、TSN両社の情報サービスおよびオンライ ン投票システムが含まれている。

 エヴァンズ氏は、「これらの情報サービスが提供する豊富なデータは、CDIが運営している会員制賭事の顧客にとってすばらしい資産となり、当社の会員制 賭事サービスは競争相手にいっそう差をつけるでしょう。また、BRIS・TSNのデータサービスが、ハンデキャップ作成委員のほか、馬主、生産者、調教師 およびサラブレッド専門家に役立てば幸いです」と述べている。

 かつてBRISの企業群を経営していたリチャード・ブロードベント(Richard Broadbent)氏は、副社長としてCDIに入社し、新事業部門のゼネラルマネージャーに就くことになっている。

 ブロードベント氏は、次のように述べている。「私たちは、北米で最も成功している競馬運営会社であるCDIの部門となることを嬉しく思います。過去数年 間に、ATABとBRISの関連事業は、優良な顧客を開拓してきました。私たちは、会員制賭事システムとデータサービスをこれまでと同じように運営するこ とを会員やデータ利用契約者の皆様にお約束いたします」

 「さらに、CDIは業界で主導的地位を保持しているツインスパイヤーズ・クラブ(Twin Spires Club)を運営しております。このクラブは、顧客に会員資格・ポイント・特権を与え、またBRIS・TSNの勝馬予想手段を提供します。このような事業 をテコにして、3つの会員制賭事システムを発展させようと思います」。

 ATABの創始者でかつ社長を務め、またビューラパーク競馬場の所有者でもあるチャールズ・ルーマ(Charles Ruma)氏は、ATABをCDIに売却する決定を下したことに関して次のように語った。

 「昨年、ATBは売上高ゼロから2億3,500万ドル(約282億円)まで成長しました。しかし、その間、マグナ・エンターテインメント社(Magna Entertainment Corp.: MEC)とCDIによるトラックネット・メディア(TrackNet Media メディア管理会社)の設立、会員賭事事業全体の急速な変化、現在進行中のMEC/CDIとTVG間の映像獲得戦争を目の当たりにしてきまし た。私たちは状況を調査するとともに、当社の事業にこれらの状況がどのように影響するかを検討してきました。私たちは、力のある者が大事業を引き受けるの は今であると考えました」。

 

By Pete Denk
(1ドル=120円)


〔thoroughbredtimes.com 2007年6月12日「Churchill buys America TAB, BRIS, TSN」〕


上に戻る